折りたたみiPhone

iPhone

【最新情報まとめ】折りたたみiPhone デザイン・スペック【いつ発売か】

Appleが開発中の「折りたたみiPhone」に関する情報が続々と登場してきたのでまとめてみました。

以前から折りたたみiPhoneが登場する噂はありましたが、発売が確実に近づいてきていると海外メディアで話題となっています。

折りたたみiPhoneについて、現時点で公開されている情報および予想を徹底解説していきます。

折りたたみiPhoneに関する最新情報

 

サムスンから登場した、折りたたみスマホが今後のスマホ業界に大きな影響を与えることで期待されていますが、Appleも折りたたみ市場に参入してくることが明らかとなりました。

次世代の折りたたみiPhoneはどのようなモデルになるのか最新情報をまとめていきます。

現時点の最新情報は以下のとおりです。

最新情報まとめ

  • クラムシェルタイプになる
  • LG OLEDパネル採用
  • 画面サイズは7.3~7.6インチ
  • タッチペン対応
  • カラーバリエーションが豊富
  • 発売は2023年

新たなスペックや新機能が分かり次第、情報を更新します。

最終スペック、デザインは変わる可能性があります。

クラムシェルタイプになる

 

クラムシェルタイプ

Appleは、縦開き(クラムシェル)タイプサムスン Galaxy Z Flipのようなモデルと横開きタイプのサムスン Galaxy Foldのようなモデルの、2つのプロトタイプのヒンジ部分の耐久テストを行いました。

その結果、縦開き(クラムシェル)タイプの方がヒンジの耐久性が強いということが明らかになりました。

ポイント

折りたたみiPhoneはクラムシェル(縦開きタイプ)となります。

折りたためることによって画面の破損のリスクを低減させたり、よりコンパクトに持ち運べるといったメリットがあります。

また、現行のiPhoneでは2つのアプリを同時に使用するマルチタスクができませんが、折りたたみiPhoneの登場でマルチタスクに対応する可能性があります。

iPhoneX Fold

Roy Gilsing

横開きのiPhoneになればタブレットとしても使えるといったメリットがありましたが、リーカーのジョン・プロッサー氏によるとサムスン Galaxy Z Flipのような縦開きで開発していると報じています。

しかし今後、縦開きタイプと、iPhoneとiPadの両方が使える横開きタイプの2機種が登場する可能性は現時点で明確ではありません。

横開きタイプだとiPad miniくらいの表示領域に拡張できると予想されています。

LG OLEDパネル採用

lg display

サムスン製のディスプレイではなくLGのディスプレイを採用すると言われています。

ポイント

折りたたみiPhoneはLG Displayとなり、折り曲げても耐久性、柔軟性に優れたパネルとなり、薄型軽量で強固なディスプレイとなります。

画面サイズは7.3~7.6インチほどになると予想されています。

タッチペン対応

タッチペン

画面サイズは7.3~7.6インチということで、タッチペンの使用がサポートされると報じられています。

ポイント

iPad miniのような感覚で、スマホで手軽にメモが取れて絵を描くことも可能となります。

ただし、Apple Pencilがサポートされるのか専用のペンが登場するのかは現時点では明確ではありません。

カラーバリエーションが豊富

iPhone12シリーズ最新型

本体のカラーバリエーションは複数用意されると予想されています。

カラー展開はiPhone12 Pro Maxのような高級感のあるものではなく、鮮やかな色のモデルなどポップなカラー展開になると予想されています。

ポイント

カラー展開はiPhone12のようなバリエーションになります。

発売は2023年

折りたたみiPhoneデザイン

発売時期は多くの海外メディアが早ければ2022年中になると報道していますが、ジョン・プロッサー氏によると登場は2023年以降になるとしています。

まだ折りたたみiPhoneの登場は先の話となります。

折りたたみスマホのメリット・デメリット

折りたたみスマホ

普通のスマホと比べ折りたたみスマホは便利なメリットがある反面、やはりデメリットも存在します。

メリット

  • コンパクトで持ち運びに便利
  • マルチタスクに対応する
  • ディスプレイの角度の調整が可能

デメリット

  • 価格が高くなる
  • 折りたたむと分厚くなる

以上のポイントがあります。

Galaxy Z Flip

現在では、サムスンから発売しているGalaxy Z Flipが折りたたみスマホの縦開きタイプとなります。

まだ折りたたみスマホはあまり世の中に浸透していませんが、使い方次第では、普通のスマホよりも便利な部分もあります。

まとめ:折りたたみiPhone

折りたたみiPhoneシリーズ

Appleは、クラムシェルタイプでの次世代iPhoneの開発を進めている段階です。

登場は2023年と予想されていてまだまだ先の話ですが、確実に発売日は近づいていると言われています。今後も折りたたみiPhoneについての新たな機能、スペックが明らかになってくると思われます。

スマホを折りたたむ必要性はあるのか?

という疑問点があると思いますが、そこにも使う人によってはメリット・デメリットがそれぞれあるとしています。

また新たなスペックや新機能が分かり次第、情報を更新します。

最終スペック、デザインは変わる可能性があります。

Source: EverythingApplePro EAP, MARCIANOTECH(@MARCIANOPHONE), Roy Gilsing

おすすめ記事

iphone13 1

iPhone13に関する最新情報が続々と登場してきたのでデザイン、CPU、ディスプレイ、新機能などスペックや発売日をまとめました。発売を待つべきか悩んでいる方は必見です。120Hz(LTPO OLED)ディスプレイに対応する可能性やデザインの大幅アップデートが期待されています。

新型iPad Pro 2021 2

iPad Pro 2021年最新モデルの実機レビューまとめ。デザインやサイズ感、ミニLEDディスプレイの特徴、M1チップ性能やカメラスペック、新機能を徹底解説します。買うべきか悩んでいる方、購入を検討中の方は参考にしてください。iPad Pro第5世代は従来モデルと比較し確かにAppleの主張する性能を備えていました。

Apple Watch Series 6レビュー 3

Apple Watch Series 6の購入を検討している方や気になっている方は必見です。アウトドアや家の中で日常的に使ってわかった優れているポイントを解説します。ソロループについてや、新機能の血中酸素濃度測定や心電図アプリや常時表示Retinaディスプレイの明るさ、バッテリーや使用した新機能も紹介していきます。

-iPhone
-

Copyright© motifyublog , 2021 All Rights Reserved.