iphone12

iPhone

【iPhone12待つべき?】iPhone12 Pro Max/mini スペック情報

2020年新型iPhone12のスペックや性能、価格などの最新情報をまとめました。

iPhone12を購入しようか悩んでいる方は必見です。

 

本記事では、iPhone12のスペック、性能やデザインなどの最新情報を解説していきます。

iPhone12のラインナップと価格

現行モデルは、iPhone11、iPhone11Pro、iPhone11Pro Maxですが、

iPhone12では、シリーズ最多の4つのラインナップがあります。

 

ポイント

通常モデルは、5.4インチのiPhone12 mini6.1インチのiPhone12の2つのラインナップです。

ハイエンドモデルは、6.1インチのiPhone12Pro6.7インチのiPhone12Pro Maxとなります。

通常のiPhone12には5.4インチモデルが追加され、iPhone12Proモデルには5.8インチが6.1インチへと変更になりました。

 

iPhone12の価格まとめ

 

気になる価格は以上のとおりです。

ポイント

iPhone12シリーズの5.4インチの一番安いモデルが69,800円

5.4インチのみ見ると現行モデルより価格は下がっています。

 

また、最小ストレージ構成が64GBから128GBに変更されています。

最大ストレージは512GBで1TB仕様はiPhone12シリーズでは販売されません。

 

iPhone12のスペックについて

iPhone12スペック

本体に関してはiPhoneXシリーズから現行のiPhone11まであまり大きな変化はありませんでした。

しかし、今回のiPhone12ではデザインが大幅刷新されると言われています。

 

iPad Proのように今回はかなりエッジの効いたデザインとなります。

 

ディスプレイについて

現行モデルの通常のiPhone11は液晶ディスプレイでした。ハイエンドのProモデルだけ有機ELディスプレイとなっていました。

ディスプレイはシリーズすべてが有機ELディスプレイとなります。

最新モデルから液晶のディスプレイはなくなります。

ポイント

通常のiPhone12はXやXSと同じ Super Retinaディスプレイ(有機EL)が搭載

ハイエンドのiPhone12ProはSuper Retina XDRディスプレイ(有機EL)が搭載

Super Retina XDRディスプレイは外出時、日差しが強いところでも画面が非常に見やすいです。

今回のiPhone12シリーズでは画面のリフレッシュレートは60Hzです。

iPhone13では画面のリフレッシュレートが120Hzに対応する可能性があります。

 

本体デザインについて

 

今回のiPhone12ではノッチレスにはなりません。iPhone13ではその可能性があると言われています。

また、ベゼルも若干細くなると言われています。

 

カメラについて

iPhoneは毎年、カメラ性能の進化が著しいです。

通常モデル

通常のiPhone12は12MPの広角レンズと12MPの超広角レンズのデュアルレンズカメラ

通常モデルは、現行のiPhone11とほぼ同等の仕様になると言われています。

ハイエンドモデルは、以下のとおりです。

ハイエンドモデル

iPhone12Proは64MPの広角レンズ・24MPの望遠レンズ、12MPの超広角レンズのトリプルレンズカメラ

ハイエンドモデルはレンズの解像度が向上します。

また、ProモデルにはLiDARスキャナー(光を検知して測定する機能)も搭載すると言われています。

そして、星空も撮影可能な新しいナイトモードが搭載されるとも言われています。

 

メモリについて

メモリについては、現行モデルはすべて4GBでした。

今年のiPhone12は、通常モデルは4GB、Proモデルは6GBのメモリとなります。

 

ゲームなど、多目的にiPhoneを使用される方には嬉しい仕様となります。

 

プロセッサ(CPU)について

iPhone12シリーズのプロセッサはA14チップとなります。

大幅スペックアップとなります。

 

ポイント

処理性能やグラフィック性能が強化され、A14チップはMacBookPro並みの性能を持つと言われています。

 

バッテリーについて

バッテリーについては、現行モデルよりも10%ほどバッテリー容量が向上します。

ただし、他の機能の向上などにより、バッテリー持続時間は現行モデルとほぼ変わらないと思われます。

 

5G対応について

次世代モバイル通信規格の5Gに対応すると、最大通信速度は理論上4Gの100倍となります。

動画や大きいデータも超高速でダウンロードやアップロードが可能となります。

 

ポイント

通常のiPhone12シリーズは、Sub6(4Gに近い通信)のみ対応

iPhone12Proシリーズは、さらに高速なミリ波にも対応

 

しかしながら、5Gサービスを実際にフルに使うのはまだ先の未来となります。

急いで5Gモデルに切り替えなくても来年、再来年など今後5Gが主流になってきた時でも遅くはないと思います。

 

おわりに

5g

毎年新型iPhoneはスペック性能が向上し、新しい機能が追加されます。

実際のiPhone12はどのようなスペックとなるのか、非常に楽しみです。

また、さらに新たな情報が更新されたら随時更新していきます。

 

以上、参考になれば幸いです。

おすすめ記事

iphone13 1

iPhone13に関する情報が公開されてきたのでまとめてみました。発売を待つべきか悩んでいる方は必見です。iPhone12 Proで対応しなかった120Hz(LTPO OLED)ディスプレイに対応する可能性やデザインの大幅アップグレードが期待されます。また、カメラスペック、CPUなど最新情報を徹底解説していきます。

Apple Watch Series 6レビュー 2

Apple Watch Series 6の購入を検討している方や気になっている方は必見です。アウトドアや家の中で日常的に使ってわかった優れているポイントを解説します。ソロループについてや、新機能の血中酸素濃度測定や心電図アプリや常時表示Retinaディスプレイの明るさ、バッテリーや使用した新機能も紹介していきます。

Beats Flexレビュー 3

ワイヤレスイヤホンの購入を検討されている方は必見です。BeatsXの後続機種である「Beats Flex」が発売しました。価格は5,400円です。高性能で安心して使えるワイヤレスイヤホンを探している方に非常におすすめです。AppleのW1チップ搭載なのでiPhoneやiPadなどの製品との接続が簡単で非常に快適です。

-iPhone
-,

Copyright© motifyublog , 2021 All Rights Reserved.