OLED搭載iPad Pro

iPad

【2023年モデル】有機EL(OLED)ディスプレイ搭載iPad Pro 発売日はいつ?

有機ELディスプレイ搭載iPad Proに関する情報が続々と登場してきたのでまとめました。

以前から有機ELディスプレイを搭載したiPadが登場する噂はありましたが、発売が確実に近づいてきていると海外メディアで話題となっています。

現時点では早くて2023年以降のiPad Proに最初に搭載されると報じられています。

この記事では、有機ELディスプレイ搭載iPad Proについて、現時点で公開されている情報および予想を徹底解説していきます。

次世代ディスプレイ搭載のiPad Proが気になっている方、iPad Proを購入しようか悩んでいる方は参考にしてください。

有機EL(OLED)ディスプレイ搭載iPad Pro

OLEDディスプレイ搭載iPad Pro

韓国メディアのThe Elecによると、Samsung Display、LG DisplayがiPadレベルの大型の有機EL(OLED)ディスプレイを供給すると報じられています。

現在のiPadは液晶ディスプレイとミニLEDを採用したLiquid Retina XDRディスプレイを搭載した2種類があります。今後新たなディスプレイが採用される可能性があります。

ポイント

将来的に有機EL(OLED)ディスプレイを搭載したiPadが登場すると報じられています。

サプライヤーがiPad用の有機EL(OLED)ディスプレイを製造する準備に移行しているとのことです。

OLED搭載iPad Proが2024年に発売?

2024年iPad Pro有機ELディスプレイ搭載モデル

早ければ、2023年に発売されるiPad Proに有機ELディスプレイが搭載され登場すると多くの海外メディアで話題となっています。

Samsung DisplayがiPad用の有機ELの開発に着手したと噂されているためです。

しかし、韓国メディアのThe Elecによると2023年に生産を開始し2024年に発売になると予想されています。

また、ディスプレイ業界に詳しい調査会社「DSCC」のロス・ヤング氏によると、iPad Pro 11インチモデルiPad Pro 12.9インチモデル2024年に有機ELディスプレイを搭載する可能性があると予想しています。

Photo_by_AppleHub

2022年内までに有機ELディスプレイを搭載する可能性は低いと報じられています。

ポイント

2023年に生産を開始し2024年に有機ELディスプレイを搭載したiPad Proが発売されると予想されています。

ミニLEDを搭載しているiPad Proから順次搭載していくと予想されており、フルモデルチェンジのタイミングである可能性があります。

次世代の有機ELディスプレイを搭載

iPad_有機ELディスプレイ_薄型モデル

韓国メディアのThe Elecによると、発光層が2層の「スタック型LTPO-TFT−OLED」となります。

そのため、輝度が向上するため従来のiPad Proより2倍明るく、ディスプレイ寿命が4倍に伸びると報じています。

明るい部分はより明るく鮮やかに表示され、暗い部分はより暗く引き締まって鮮明な映像が表示されます。

ポイント

次世代ディスプレイでは、映像はより明るく鮮やかで文字はよりクリアに映し出されます。

iPad Pro画面比較

現行モデルのiPad ProミニLEDを搭載していて、黒い部分はLEDが点灯しないためしっかり黒く表示されています。

圧倒的なコントラスト比を実現し、画面の光漏れもなく鮮やかな画面となりましたが、有機ELディスプレイはより綺麗な画面になるとされます。

しかしながら、有機ELは画面の焼き付きなどの弱点もありますが、今後どのような改善されたディスプレイが登場するのか期待が高まります。

有機ELディスプレイ搭載で薄型軽量化

iPad Pro 2021 まとめ

有機ELディスプレイはミニLEDディスプレイに対し、薄型化が可能となりiPad本体が薄型軽量化するとディスプレイ業界に詳しい調査会社「DSCC」のロス・ヤング氏が報じています。

有機ELは1つの画素を構成する素子自体が光るためバックライトが不要となり、iPad Proがより薄く軽くなります。

ミニLEDディスプレイは輝度の点では優れていますが、液晶や有機ELと比べてやや重量が増えます。

ポイント

有機ELディスプレイ搭載により従来モデルよりも薄型軽量になります。

処理能力の高さと同時に、サイズ感や重さを重視する人には最適なモデルになると予想されます。

MacBook ProやiMacも順次搭載の可能性

MacBook ProやMac有機ELディスプレイ搭載

韓国メディアのThe Elecによると、まずはiPadシリーズのiPad Proから有機ELディスプレイを搭載し、2025年頃に発売されるMacBook Proなどに有機ELディスプレイを搭載する可能性があると報じています。

ポイント

iPadをはじめとして順次、他製品にも採用される可能性があります。

2022年現在でApple製品のうち有機ELディスプレイを採用しているのは、iPhoneApple Watchのみとなります。

MacやiPadシリーズには液晶ディスプレイまたはミニLEDディスプレイが採用されています。

また、今回開発中の有機ELディスプレイはiPhone15 Proでも搭載される可能性があると噂されています。

まとめ

有機ELディスプレイ搭載iPad Proに関する情報が続々と登場してきたのでまとめました。

ポイント

次世代の有機ELディスプレイは、早くて2023年以降のiPad Proに最初に搭載すると報じられています。

また、将来的にiPad ProやiPad mini、iPad Airは次世代の有機ELディスプレイを搭載するとも報じられています。

現行のiPad Pro 12.9インチモデルが新たなディスプレイ(ミニLEDディスプレイ)を搭載した中、ミニLEDディスプレイを短期間で有機ELディスプレイに切り替えるのかは気になるところですが、発売が確実に近づいてきていると海外メディアで話題となっていて期待が高まります。

新たなスペックや新機能が分かり次第、情報を更新します。

これらは初期の情報で、最終スペック、デザインは変わる可能性があります。

Source:The Elec , MacRumors , Apple Hub

 

おすすめ記事

AirPods Pro2デザイン 1

AirPods Pro(第2世代)に関する最新情報が続々と登場してきたのでデザイン、新機能などスペックや発売日をまとめました。海外メディアの噂や予想を徹底解説します。次世代のAirPods Proは大幅なモデルチェンジが期待されています。今、AirPods Proを買うか悩んでいる方は参考にしてください。

iPhone14_2022_new 2

iPhone14に関する情報が続々と登場してきたのでまとめました。2022年向けの新型チップ A16 Bionicが開発中との噂です。4K 120Hz(LTPO OLED)ディスプレイが搭載し、デザインが大幅アップグレードされフルモデルチェンジが期待されます。またカメラスペックなど最新情報を徹底解説していきます。

PS5とテレビ 3

PS5のスペックに最適なテレビの選び方とおすすめの最新4Kテレビをまとめました。HDMI2.1、4K120Hz、VRR、ALLM、eARC対応モデルを紹介。PS5をお持ちの方やこれから購入を検討している方、テレビの買い替えを検討している方は必見です。最適なテレビで次世代の最高品質なグラフィックを体感できます。

ガジェット晒し_画像 4

普段の生活に取り入れて毎日のように使っている、買ってよかった便利なガジェットや家電を紹介していきます。いまの生活をより快適にできるような、おすすめのアイテムをまとめています。価値が還元されて元が取れるガジェットは生活満足度が格段に上がります。最新ガジェットや家電で生活に快適さやクリエイティブを。

-iPad
-,

Copyright© motifyublog , 2022 All Rights Reserved.