WWDC22新製品

Apple

WWDC2022で発表されそうな新製品・新型モデルまとめ

Appleが年に1度開催する世界開発者会議「WWDC22」の開催が発表されました。

日本時間6月7日午前2時からオンラインで開催されます。AppleのWebサイトやYouTube、AppleTVアプリなどから視聴ができます。

WWDC22では多くの新技術、新機能が発表されると言われており、同時に新製品の発表も期待されています。

この記事では、WWDC22で発表されそうな新製品、新型モデルをまとめました。

今年のWWDCでどのような新製品が登場するのか。今後のApple新製品が気になる方は参考にしてください。

WWDCの特徴

WWDC22

WWDCはAppleが年に1度開催する、Apple最大の発表イベントです。主に開発者向けのイベントとなります。

ポイント

WWDCは開発者向けのイベントなので、ソフトウェア(新機能・新技術)中心の発表となります。

最近のWWDC開催日(現地時間)は以下のとおりです。

参考

2016年:6月13日
2017年:6月6日
2018年:6月5日
2019年:6月3日
2020年:6月22日
2021年:6月7日
2022年:6月6日

開催日程は毎年6月になります。

発表される中心となるのはiOS、iPadOS、macOS、watchOS、tvOSなどの各種OSや、新しい機能に関する情報です。

M2プロセッサ

また、WWDC22では次世代のM2チップが大々的に発表される可能性があるとしています。

次世代のAppleシリコンは性能が全体的に向上すると言われています。

M2チップの特徴

  • TSMCの改良版となる5nm+プロセス
  • CPUコアはM1と同じ8コア構成
  • GPUは9~10コアに向上
  • 処理性能は10%ほど向上
  • 電力効率は30%ほど向上
  • メモリは最大32GB

M2チップのパフォーマンスなどが発表されれば、M2チップを搭載した新製品も発表される可能性があります。

WWDC2022で発表されそうな新製品

WWDC2021

海外メディアのiDrop Newsによると、WWDC22で新型Mac ProとMac mini、Pro Display XDRの後継モデルが発表される可能性があると報じています。

新型Mac Proは多くの海外メディアで話題となっており発表が濃厚です。

過去のWWDCで発表された新製品は以下のとおりです。

参考

2017年:iPad Pro、iMac Pro発表
2018年:新製品発表なし
2019年:Mac Pro、Pro Display XDR発表
2020年:新製品発表なし
2021年:新製品発表なし

WWDC22で発表されなくても、2022年はApple史上最も幅広い新製品が登場すると多くの海外メディアで報じられているため期待が高まります。

WWDC22ではPro向けの新製品が登場する可能性があると報じられています。

発表されそうな新製品の特徴や予想スペックを詳しく解説していきます。

新型Mac Pro

2022年新型Mac Pro

現行のMac Proよりも小型化され、さらにスペックが大幅に向上したモデルとなって登場すると言われています。

Bloombergのマーク・ガーマン氏によると、新型Mac Proは新たなプロセッサであるM1 Extreme(仮称)が搭載される可能性があるとしています。

M1 Extreme

Mac Pro用のCPU40コア、GPU128コアのApple Siliconを搭載する可能性があると報じられています。

最新情報まとめ

  • M1Ultraを2つ搭載したモデル
  • M1 Extremeチップ搭載
  • 40コアのCPUと128コアのGPUで高速化
  • 小型軽量化された本体
  • 冷却システムの向上
  • 2022年後半に登場

ただし、発売時期によってはM2チップを搭載したモデルとなって登場する可能性もあるとしています。

Mac mini

mac mini2022

次期モデルのMac miniは次世代デザインが採用されます。

アルミ製本体の上部にプレキシガラス(樹脂製ガラス)のような筐体が採用され、高級感のあるデザインとなっています。

最新情報まとめ

  • 次世代デザインで薄型化
  • CPUはApple M2搭載
  • 4つのThunderbolt/USBポート搭載
  • MagSafe電源コネクタ搭載
  • 豊富なカラーバリエーションが登場
  • 発売日は2022年6月

次世代プロセッサが搭載され処理速度が高速化し、あらゆる作業や操作がより快適になります。また、新型iMacで登場したMagSafe電源アダプタが採用されるとしています。

また、Mac miniの本体背面には、4つのThunderboltポートと、2つのUSB-Aポート、HDMIポートおよびEthernetポートが搭載されると予想されています。

新型Pro Display XDR

iMacディスプレイ

AppleのPro Display XDRの後継モデル「Studio Display Pro(仮称)」が登場すると予想されています。

2019年に発売された現行モデルのPro Display XDRは、32インチReteina 6Kディスプレイです。

最新情報まとめ

  • ミニLEDディスプレイ搭載
  • 解像度は7K
  • 120Hzのリフレッシュレートに対応
  • Apple Silicon搭載
  • ディスプレイがMacの処理をサポート
  • 発売時期は2022年前半

120Hzリフレッシュレート対応

Studio Displayと差別化され、120Hzのリフレッシュレートに対応すると報じられています。

さらには、iPad Proなどで採用されているミニLEDが搭載され、明るい部分はより明るく鮮やかに表示されて、暗い部分はより暗く引き締まって鮮明な映像が表示されます。

Pro Display XDRの後継モデルはStudio Display同様にApple Siliconが搭載されていて、Mac本体のCPU処理やグラフィック処理の負荷をディスプレイで軽減すると報じられています。

ディスプレイがMacの処理をサポートし、より高速な処理が可能となります。

まとめ

2022年の世界開発者会議(WWDC)

2022年最大のAppleイベント「WWDC22」で発表されそうな新製品・最新モデルをまとめました。

WWDC開催日

日本時間の2022年6月7日

WWDCはiOS、iPadOSやmacOSなどの最新バージョンが発表されるのが恒例となっているイベントですが、新製品が発表されることも過去にあるので注目です。

VR関連のソフトウェアが発表されれば、噂されていたVRデバイスやAppleメガネなどの登場も期待されますが、現状は2023年以降になると予想されています。

また一部情報ではiOS16の新機能とともに、AirPods Pro 2についての内容も発表される可能性もあるとしていて、さらに期待が高まります。

新たな追加情報や新機能が分かり次第、情報を更新します。

これらは初期の情報で、最終スペック、デザインは変わる可能性があります。

Source:Apple , Apple Hub , iDrop News , Apple Hub

 

おすすめ記事

AirPods Pro2デザイン 1

AirPods Pro(第2世代)に関する最新情報が続々と登場してきたのでデザイン、新機能などスペックや発売日をまとめました。海外メディアの噂や予想を徹底解説します。次世代のAirPods Proは大幅なモデルチェンジが期待されています。今、AirPods Proを買うか悩んでいる方は参考にしてください。

iPhone14_2022_new 2

iPhone14に関する情報が続々と登場してきたのでまとめました。2022年向けの新型チップ A16 Bionicが開発中との噂です。4K 120Hz(LTPO OLED)ディスプレイが搭載し、デザインが大幅アップグレードされフルモデルチェンジが期待されます。またカメラスペックなど最新情報を徹底解説していきます。

PS5とテレビ 3

PS5のスペックに最適なテレビの選び方とおすすめの最新4Kテレビをまとめました。HDMI2.1、4K120Hz、VRR、ALLM、eARC対応モデルを紹介。PS5をお持ちの方やこれから購入を検討している方、テレビの買い替えを検討している方は必見です。最適なテレビで次世代の最高品質なグラフィックを体感できます。

ガジェット晒し_画像 4

普段の生活に取り入れて毎日のように使っている、買ってよかった便利なガジェットや家電を紹介していきます。いまの生活をより快適にできるような、おすすめのアイテムをまとめています。価値が還元されて元が取れるガジェットは生活満足度が格段に上がります。最新ガジェットや家電で生活に快適さやクリエイティブを。

-Apple
-,

Copyright© motifyublog , 2022 All Rights Reserved.