Source_by_Apple Hub

Mac

【最新情報まとめ】M2搭載 新型MacBook Air 2021 発売日・スペック

新型MacBook Airの最新情報が続々と登場してきたのでまとめていきます。

現行モデルのM1チップを搭載したMacBook Airは2020年秋に発売しましたが、次期モデルのM2チップを搭載したMacBook Airの登場が噂されています。

さらに薄くて軽いMacBook Airが登場するとBloombergが報じています。

この記事では、次期モデルの新型MacBook Airについての最新情報を解説していきます。

新型MacBook Airが気になっている方、MacBook Airを購入しようか悩んでいる方は必見です。

新型MacBook Airに関する最新情報

デザイン元_RendersbyIan

次期モデルのMacBook Airはどのようなモデルになるのか最新情報をまとめていきます。

台湾メディアDigiTimesによると、次世代M2チップを搭載した新型MacBook Airが登場するとしています。

最新情報まとめ

  • CPUはM2チップ搭載
  • ミニLEDディスプレイ搭載
  • 薄型軽量化されたデザイン
  • MagSafeとUSB 4ポート搭載
  • 複数のカラーバリエーション登場
  • 発売は2021年後半以降

新たなスペックや新機能が分かり次第、情報を更新します。

現時点での最新情報を詳しく解説していきます。

CPUはM2チップ搭載

M2プロセッサ

次期モデルのMacBook Airには、M2チップが搭載されると台湾メディアDigiTimesが報じています。

より快適な動作性能と速度でストレスなく、様々な作業が可能になります。

ポイント

搭載プロセッサは現行のM1チップよりさらに性能が向上した「M2」チップが搭載します。

現行モデルより高い処理能力を持ち、さらに高いパフォーマンスを発揮します。

M2チップは高性能コアが16コア省電力コアが4コアの合計20コアでM1チップの4倍ほどの性能が発揮されます。

参考

M1チップ(Apple M1)とは、Appleが独自開発したCPU(Mac用SoC/SiP)です。

「省電力シリコンとしては世界最速のCPUコア」「ワット当たりのCPU性能は世界最高」としています。

ミニLEDディスプレイ搭載

ミニLEDディスプレイ概要

新型iPad Pro12.9インチモデルに初搭載した「ミニLED」が次期モデルのMacBook Airでも搭載されると予想されています。

よりハイエンドな13インチMacBook Airとなります。

ポイント

どんな映像も美しく鮮やかに表示します。映し出される映像は美しくリアルで、これまで以上に鮮明なディスプレイです。

ミニLEDディスプレイとは、従来の液晶で使われるLEDチップよりも小型化され、より細かく光源を調整可能なためコントラストに優れ、画面の焼付きなどの劣化も少なく、より輝度が高いディスプレイです。

バックライトに使用されているLEDが、現行モデルと比べて大幅にLEDが増加します。

薄型軽量化されたデザイン

Photo_TechLimitedOne

次期モデルのMacBook Airは薄型軽量化され、さらに持ち運びが便利となります。

ポイント

より無駄のない洗練されたデザインが魅力のモデルにアップデートされます。

薄型軽量化しても、現行モデルと拡張性も劣らず長時間バッテリーが持ちます。そのため電源がない環境下でも安心して作業ができます。

少しでも軽いパソコンを求める方にはMacBook Airがおすすめです。

MagSafeとUSB 4ポート搭載

ポートデザイン

Bloombergによると、次期モデルのMacBook Airはマグネット式充電「MagSafe」と、2つのUSB 4ポートが搭載されると報じています。

ポイント

充電と拡張性がさらに向上しました。

Thunderbolt 3(最大40Gb/s)、USB 4(最大40Gb/s)、USB 3.1 Gen 2(最大10Gb/s)は対応とのことです。

複数のカラーバリエーション登場

Photo_Appledsign次期モデルのMacBook Airは新型iMacのような複数の本体カラーをラインナップすると、的中率の高いリーカーであるジョン・プロッサー氏が報じています。

新型iMacがマルチカラー展開になると発表前に報じたジョン・プロッサー氏が伝えていることから信憑性は高いと考えられます。

現行モデルは、ゴールド、シルバー、スペースグレイの3色展開となっています。

Photo_9to5Mac

ポイント

新型iMacと同様に7色のラインナップで登場する可能性があります。

2021年モデルの新型iMacはブルー、グリーン、ピンク、シルバー、イエロー、オレンジ、パープルの7色展開でした。次期モデルのMacBook Airも同じカラーでマルチカラー展開されるとしています。

発売日は2021年後半以降

Photo_9to5Mac(2)

Bloombergによると、次期モデルのMacBook Airは、2021年後半または2022年に登場すると報じています。

ポイント

発売時期は早くて2021年後半または2022年に登場予定。

発売日の詳細が分かり次第、情報を更新します。

まとめ

次期モデルのMacBook Airは現行モデルと比べて、薄型軽量化され処理性能が向上するとしています。

さらに新たなカラーバリエーションが登場すると報じられています。

ポイント

より無駄のない洗練されたデザイン且つ薄くて軽く、持ち運びに便利でさらに高性能なMacBook Airとなります。

新たなスペックや新機能が分かり次第、情報を更新します。

これらは初期の情報で、最終スペック、デザインは変わる可能性があります。

Source:9to5Mac, Appledsign, TechLimitedOne, Apple Hub, RendersbyIan

おすすめ記事

iphone13 1

iPhone13に関する最新情報が続々と登場してきたのでデザイン、CPU、ディスプレイ、新機能などスペックや発売日をまとめました。発売を待つべきか悩んでいる方は必見です。120Hz(LTPO OLED)ディスプレイに対応する可能性やデザインの大幅アップデートが期待されています。

新型iPad Pro 2021 2

iPad Pro 2021年最新モデルの実機レビューまとめ。デザインやサイズ感、ミニLEDディスプレイの特徴、M1チップ性能やカメラスペック、新機能を徹底解説します。買うべきか悩んでいる方、購入を検討中の方は参考にしてください。iPad Pro第5世代は従来モデルと比較し確かにAppleの主張する性能を備えていました。

Apple Watch Series 6レビュー 3

Apple Watch Series 6の購入を検討している方や気になっている方は必見です。アウトドアや家の中で日常的に使ってわかった優れているポイントを解説します。ソロループについてや、新機能の血中酸素濃度測定や心電図アプリや常時表示Retinaディスプレイの明るさ、バッテリーや使用した新機能も紹介していきます。

-Mac
-

Copyright© motifyublog , 2021 All Rights Reserved.