AirPods Maxレビュー

AirPods

新型ノイキャンヘッドホン「AirPods Max」スペック【徹底比較】

Appleから新型ノイキャンヘッドホン「AirPods Max」が登場しました。

Apple純正のワイヤレスヘッドホンです。

AirPodsの最高峰モデルとなります。

 

この記事では、AirPods Maxがどのようなヘッドホンなのか特徴をまとめて、AirPods ProやBeats Studio3などとスペック比較していきます。

AirPods Maxが気になる方、購入を検討される方は必見です。

 

AirPods Maxの主な特徴

AirPods Max外観

AirPods Maxのデザイン

AirPods初のオーバーイヤーヘッドホンとなります。

見た目はかなりシンプルなデザインとなっています。

ヘッドバンドもイヤーカップも通気性の良いメッシュ素材です。

カラーはスペースグレイ・シルバー・グリーン・スカイブルー・ピンクの5つのラインナップです。

 

デザイン外観

イヤーカップの部分は丸みを帯びた綺麗な形です。

ポイント

イヤーカップの部分はアルミ

ヘッドバンドの部分はステンレススチール

 

スペックと特徴

Appleは原音に忠実な方向性となっているので、全体的にフラット傾向な音質となります。

自然なサウンドを表現できるヘッドホンの中でも、クオリティはかなり高いモデルです。

ポイント

  • H1ヘッドホンチップ搭載
  • アクティブノイズキャンセリング機能搭載
  • 外部音取り込みモード搭載
  • 空間オーディオ機能搭載
  • オンヘッド検知機能搭載
  • ダイナミックドライバで原音に忠実
  • 9つのマイク搭載(ノイキャン/音声マイク)
  • コンピューテショナルオーディオサウンド
  • Bluetooth 5.0対応
  • ワイヤレス接続/有線接続(3.5mmオーディオケーブル)対応
  • 光学センサー/加速度センサー/ケース検知センサー/ポジショニングセンサー搭載

AirPods Proでできる機能はすべて搭載されています。

 

操作性とフィット感

デザインまとめ図解

耳全体を包み込むようなイヤーパッドが特徴です。

長時間使用しても耳が痛くならないようにコンピュータ編みニットを採用しています。

構造上、夏は蒸れることで知られるヘッドホンですが、AirPods Maxは通気性の良いメッシュ素材なので快適です。

 

形状記憶フォームを搭載しているので、耳に非常にフィットします。

また、Apple Watchに使ってきたデジタルクラウンを使って操作することができるため、操作性がより向上しました。

AirPods Maxの操作性

ペアリングは電源を入れるだけなので、非常に快適です。

また、2台同時に再生も可能となります。

オンヘッド検知機能搭載

AirPods Maxは耳から外すと音楽を一時停止して、また着けると続きを再生。

すべての動作が、流れる音楽のようにスムーズです。

シンプル操作はAirPodsそのものとなっています。

操作についても簡単です。

基本操作

・デジタルクラウン:音量調節

1回押し:再生・一時停止・電話応答

2回押し:次の曲へ

3回押し:前の曲へ

長押し:Siri起動

・ノイズコントロールボタン(ノイキャンと外部音取り込みモード切替え)

 

バッテリー持続時間・重さ・価格比較

比較表

既存のApple系イヤホン、ヘッドホンと比べていきます。

AirPods Maxは音質マックス、価格マックス、重さマックスといったヘッドホンとなっています。

AirPods Maxの再生時間は20時間です。AirPods Proは単体では4.5時間ですが、ケース併用だと24時間再生可能となります。

ポイント

価格は税別6万1800円

本体の重さは384g

他の機種と比べ、高めのお値段となります。

サイズ感的にも大きく、ケースと併用すると500gを超えます。

バッテリーに関しては、5分の充電で1.5時間再生可能です。

充電方式は、USB-C to Lightningとなります。

iPhoneユーザーにとっては、同じ形状で充電ができるといったメリットがあります。

 

バッテリーが長持ちするケースとは

ケース

ケースはまるでミニバッグのようなデザインです。

ポイント

ケースにヘッドホンを入れることで、超省電力モードになりバッテリーを長持ちさせるソフトでスリムなスマートケースです。

 

AirPods Maxのバッテリー持続時間は20時間ですが、SONYの最新ノイキャンヘッドホン「WH-1000XM4」のバッテリー持続時間が30時間なので、ややバッテリースペック的には負けています。BOSEの最新ワイヤレスヘッドホン「Bose Noise Cancelling Headphones 700 UC」のバッテリー持続時間は20時間なのでこの辺りと並べてきたといった感じです。

 

まとめ:AirPods Max

デザインはシンプルで今までのワイヤレスヘッドホン、イヤホンのすべての機能が搭載しています。

AirPods Proの小型なワイヤレスイヤホンでかなりクリアで高音質な音、圧倒するノイキャン性能が実現しているので、AirPods Maxの大型のヘッドホンはより高音質でノイキャン性能も十分に発揮することができます。

ノイズキャンセルに使われるマイクは8基搭載していて、最高峰のノイズキャンセリング機能を実現します。

ポイント

手軽で小型なAirPods Proと、さらに音質や性能にこだわったAirPods Max

 

是非、手に取って聴いてみたり使ってみてください。

 

おすすめ記事

AirPods Pro2デザイン 1

AirPods Pro(第2世代)に関する最新情報が続々と登場してきたのでデザイン、新機能などスペックや発売日をまとめました。海外メディアの噂や予想を徹底解説します。次世代のAirPods Proは大幅なモデルチェンジが期待されています。今、AirPods Proを買うか悩んでいる方は参考にしてください。

iPhone14_2022_new 2

iPhone14に関する情報が続々と登場してきたのでまとめました。2022年向けの新型チップ A16 Bionicが開発中との噂です。4K 120Hz(LTPO OLED)ディスプレイが搭載し、デザインが大幅アップグレードされフルモデルチェンジが期待されます。またカメラスペックなど最新情報を徹底解説していきます。

PS5とテレビ 3

PS5のスペック性能に最適なテレビの選び方とおすすめの最新型4Kテレビを紹介していきます。テレビ次第でより高画質で滑らかな、次世代の最高品質なグラフィックを体感することができます。PS5をお持ちの方やこれから購入を検討している方、テレビの買い替えを検討している方は必見です。

ガジェット晒し_画像 4

普段の生活に取り入れて毎日のように使っている、買ってよかった便利なガジェットや家電を紹介していきます。いまの生活をより快適にできるような、おすすめのアイテムをまとめています。価値が還元されて元が取れるガジェットは生活満足度が格段に上がります。最新ガジェットや家電で生活に快適さやクリエイティブを。

-AirPods
-,

Copyright© motifyublog , 2022 All Rights Reserved.