HDMI分配器で同時出力

商品レビュー

HDMI分配器 おすすめ3選 映像の遅延なしノイズなしで同時出力

HDMI分配器は、映像を2台以上のディスプレイなどに同時に映せる機器です。

1つの映像を同時に映し出せるHDMI分配器は非常に便利です。

こんな方におすすめ

  • 1つの出力機器から複数のディスプレイに映したい!
  • BDレコーダーなどからテレビとプロジェクター両方に映したい!
  • ケーブルの抜き差しをなくしたい!
  • どのモニターでもレコーダーなど(特定の機器)の映像が見たい!

利用シーンを明確にしたうえで適したスペックの分配器を選ぶことが大切です。

今回は、実際に私が使用している遅延ゼロ・ノイズゼロのおすすめのHDMI分配器をご紹介しつつ、選び方を解説していきます。興味のある方、HDMI分配器の購入を検討されている方は是非チェックしてみてください。

 

HDMI分配器とは

HDMI分配器本体

HDMI分配器はHDMIスプリッターとも呼ばれていて、映像と音声を複数の機器に分配する機器です。

ポイント

BDレコーダーやパソコン、ゲーム機などから複数の画面に同時に同じ映像を映すことができます。

HDMI分配器使い方の図

HDMI分配器の使い方は非常に簡単です。

特に特別な操作は不要で、ケーブルを適切に接続するだけです。

レコーダーやゲーム機などにHDMIケーブルで分配器に接続し、それぞれ表示したい機器にHDMIケーブルで分配器から接続すれば同時に映像を映すことができます。

参考

HDMIとは、映像と音声を一つのケーブルでデジタル伝送できる通信規格です。

 

HDMI分配器の選び方

HDMI分配器ポート

HDMI分配器を選ぶ際にいくつか大切なポイントがあります。

確認すべきポイントは以下のとおりです。

ポイント

  • 出力端子の数
  • 給電方法(電源タイプ)
  • 出力タイプ(4K、HDR対応)

以上のポイントは購入前にチェックすべき項目となります。

出力端子の数

まず購入する前に、接続したい機器が何台あるかが重要です。

分配器はHDMI入力端子が1つに対して、出力端子が2つまたは4つのタイプが主流となります。

つまり1つの映像を2台に表示したいか、4台に表示したいかというわけです。

 

利用するシーンに合わせて適したHDMI分配器を選ぶことが大切です。

 

給電方法(電源タイプ)

HDMI分配器の給電方法として2つのタイプがあります。

ポイント

バスパワータイプ:HDMIケーブルからの電力を使い動作

セルフパワータイプ:コンセントから電源を供給し動作

HDMI分配器はセルフパワータイプ(電源アダプター付き)を選びましょう。

バスパワーだと電力が安定しないため、映像の遅延や映像のちらつきが発生します。

 

出力タイプ(4K、HDR対応)

高画質な映像を出力したい場合は、フルHD(1080p)よりも4K対応を選択することをおすすめします。

4K非対応モデルの分配器は本来の画質よりやや下がって出力されます。

なので、テレビが4K非対応でも4K対応のHDMI分配器が良いです。

また、HDR対応モデルを選ぶことで、よりくっきりとした映像を表示することができます。

参考

4Kとは、フルHD(1080p)画質のおよそ4倍の画素数で、より精細で高画質な映像を表示できます。

HDRとは、High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)の略で、次世代の高画質技術でより明るく表示できます。

 

HDMI分配器のおすすめモデル5選

HDMI分配器おすすめ

実際に私が使ってみた、遅延が無く映像の乱れも無いHDMI分配器を紹介していきます。

出力されるモニターやケーブルの長さにもよりますが、

紹介するHDMI分配器は、HDMIケーブルの2mと5mのケーブルを連結させて最長7mにして使っても問題なかったHDMI分配器です。

かなりクオリティの高いおすすめのHDMI分配器です。

 

HDMI分配器 DAIAD DHD-S12IH

【Amazonで見る】HDMI分配器 DAIAD DHD-S12IH

4K出力、HDR対応の1入力2出力HDMI分配器です。

仕様・スペック

端子数:1入力2出力

最大解像度:4096×2160@60Hz

HDR対応:○

電源タイプ:ACアダプタ

HDCP・EDID制御/カスケード接続対応/HDCP2.2

スペックも高く耐久性、安定性も優れています

数年使用していますが、ノイズが乗ったり遅延したり等一切ありません。

HDR対応、カスケード接続可能、データ損失なしで最大18Gbpsのデータレートの高画質・高品質なHDMI分配器です。

 

HDMI分配器 WONLYUS

 

【Amazonで見る】HDMI分配器 WONLYUS

こちらも4K出力、HDR対応の1入力2出力HDMI分配器です。

コンパクトで軽量モデルなので、狭いスペースでも場所を取りません。

仕様・スペック

端子数:1入力2出力

最大解像度:4096×2160@60Hz

HDR対応:○

電源タイプ:ACアダプタ

HDMI V2.0/カスケード接続対応

手軽な分配器を探している方におすすめです。

映像の劣化・減衰もなく安定した性能を持っています。

スペックも十分で、遅延やノイズも無く使えています。

コストパフォーマンスも高く良好な一台です。

 

HDMI分配器 ELEVIEW EHD-604N

【Amazonで見る】HDMI分配器 ELEVIEW EHD-604N

4K出力で1入力4出力できるHDMI分配器です。

仕様・スペック

端子数:1入力4出力

最大解像度:4096×2160@30Hz

HDR対応:×

電源タイプ:ACアダプタ

DTS-HD/ Dolby-trueHD/ LPCM7.1/ DTS/ Dolby-AC3対応

1つのHDMI信号を4つに分配できる本格的な仕様です。

接続して画面表示されているポートはLEDランプが点灯するので動作確認がしやすいです。

4Kモニター、プロジェクター(フルHD)、テレビ(フルHD)に出力しても低い解像度に引っ張られることなく4Kは4K画質、フルHDはフルHD画質で出力されます。

2台~4台の複数画面を出力したい方におすすめです。

 

まとめ

HDMI分配器手持ち

今回は、HDMI分配器の選び方と、おすすめのHDMI分配器を紹介しました。

HDMI分配器を選ぶ際のポイントは以下のとおりです。

ポイントまとめ

  • 実際の利用シーンを明確にする
  • 電源アダプター付きのものを選ぶ
  • 出力機器がフルHDでも解像度は4K対応を選ぶ

HDMI分配器は、わりと購入で失敗する確率が高く感じます。

買ってみたけど、ノイズが出た、映らない、音声が途切れる等々。

 

値段を気にせずスペック重視で選び、目的に適したHDMI分配器を利用することをおすすめします。

 

おすすめ記事

1

新型iPhone13についてデザイン、CPU、ディスプレイ、新機能などスペックや発売日をまとめました。カメラ機能が大幅に向上し写真や動画の機能が進化しました。最新のA15 Bionicチップ搭載により、さらに快適な操作が可能となり優れたパフォーマンスを発揮するiPhone。

新型iPad Pro 2021 2

iPad Pro 2021年最新モデルの実機レビューまとめ。デザインやサイズ感、ミニLEDディスプレイの特徴、M1チップ性能やカメラスペック、新機能を徹底解説します。買うべきか悩んでいる方、購入を検討中の方は参考にしてください。iPad Pro第5世代は従来モデルと比較し確かにAppleの主張する性能を備えていました。

PS5とテレビ 3

PS5のスペックに最適なテレビの選び方とおすすめの最新4Kテレビをまとめました。HDMI2.1、4K120Hz、VRR、ALLM、eARC対応モデルを紹介。PS5をお持ちの方やこれから購入を検討している方、テレビの買い替えを検討している方は必見です。最適なテレビで次世代の最高品質なグラフィックを体感できます。

-商品レビュー
-,

Copyright© motifyublog , 2021 All Rights Reserved.