Apple Watch Series 7

Apple Watch

【最新情報まとめ】 新型Apple Watch Series 7 発売日・スペック【2021年モデル】

Apple Watchは毎年新たな機能が追加され進化しています。

2021年モデルのApple Watch Series 7はスペックやデザインが大幅刷新すると海外テックメディアで話題となっています。

新型Apple Watchはどのような機能が追加されるのか。

Series 6と比較してデザインやスペックがどう変化するのか。

Apple Watch Series 7について、おさえておきたい情報をまとめました。

次期モデルのApple Watchが気になる方、Apple Watchを初めて買う方、購入を考えている方は必見です。

新型Apple Watch Series 7に関する最新情報

Photo_Appledsign

次期モデルのApple Watchはどのようなモデルになるのか最新情報をまとめていきます。

最新情報まとめ

  • デザインの大幅アップデート
  • S7チップ搭載
  • マイクロLEDディスプレイ搭載
  • Touch ID搭載
  • バッテリー性能の向上
  • 耐水性能は水深50メートル対応

Apple Watch Series 7はフルモデルチェンジとなります。

様々な機能が追加され、性能も大幅に強化されます。

現時点での最新情報および予想を詳しく解説していきます。

デザインの大幅アップデート

Apple Watch7新デザイン

Apple Watch Series 7では、デザインが大幅刷新されメジャーアップデートとなって登場します。

ポイント

iPhone12シリーズ同様にフラットエッジのデザインが採用されると予想されています。

アナリストのミンチー・クオ氏の情報によると、「大幅なデザイン変更となる」と述べています。

Apple Watch7_新色

また、的中率の高いリーカーであるジョン・プロッサー氏は、新色である「グリーン」が登場すると報じています。

さらに豊富なカラーバリエーションが用意されると予想されます。

Apple Watch 44mm_40mm

次期モデルのケースサイズは現行モデルと同じく44ミリと40ミリと予想されています。

S7 SiPチップ(Apple Silicon)搭載

S7

Series 6に搭載されているのは、S6チップとなります。

次期モデルは「S7チップ」搭載で性能向上に期待できます。

現行モデルと比べて最大20%パフォーマンスが高速化します。

プロセッサーが2割高速化するだけでなく、省電力性が向上します。

ポイント

チップが進化すると、処理速度やグラフィック処理の性能だけではなく、小型化や低処理電力化などが実現されます。

また、BloombergによるとAirTagと同様の最新の超広帯域無線通信(UWB)機能が搭載されるとしています。

マイクロLEDディスプレイ搭載

display

現行モデルのSeries 6では有機ELディスプレイ(OLED)が搭載されています。

次期モデルのSeries 7ではマイクロLEDディスプレイが搭載されディスプレイの薄型化が予想されています。

2021年モデルのiPad Pro 12.9インチミニLEDが初搭載され、今後様々なApple製品に搭載され主流となっていきます。

しかし、Apple WatchシリーズではマイクロLEDディスプレイを採用する可能性があるようです。

マイクロLEDディスプレイ

MicroLEDとは

有機ELを超える次世代の新技術で、有機ELよりさらに鮮明なカラーを表現でき、長寿命と省電力を実現します。

ディスプレイの輝度が高まることによって、屋外でも鮮明に画面を見ることができます。

マイクロLED化することにより、本体の薄型化が実現し、さらには省電力によりバッテリーの持続時間が伸びたりと言ったメリットがあります。

Touch ID搭載

タッチID

現行モデルのSeries 6ではパスコードを入力して解除する必要がありました。

次期モデルのSeries 7ではTouch IDが搭載されると予想されています。

ポイント

現行モデルのiPad Airでは、側面の電源ボタンにTouch IDを内蔵していますが同等の仕様になると言われています。

画面内蔵型のTouch IDになるかは現在は不明のようです。

Series 7以降ですが最終的にApple Watchは手首で認証しロック解除ができるようになるとの噂があります。

バッテリー性能の向上

Apple Watch Series 7新デザイン

次期モデルのSeries 7ではバッテリー容量の拡大により、駆動時間延長が期待されています。

現行モデルの仕様ではバッテリー持続時間は「最大18時間」と表記されています。

ですが、Series 6を実際に使ってみたところ持続時間は以下のとおりでした。

参考

画面常時表示オン:30時間ほど

画面常時表示オフ:38時間47分

使い方によって変動しますので、あくまでも1例として参考にしてください。

Series 7はさらにバッテリー性能が向上します。

ポイント

次期モデルのSeries 7では、S7チップ搭載+バッテリーのアップデートでより長く使用できるようになると予想されています。

耐水性能は水深50メートル対応

Apple Watch Series 7の背面センサー部のレタリング画像に耐水性能である「50M」が表記されていて、次期モデルのApple Watchは水深50メートルに対応すると予想されています。

耐水性能は、Apple Watch Series 3から変わっていません。

次期モデルも耐水性能に関しては、大きなアップデートはされないようです。

Apple Watch Series 7の発売日

Apple Watch_新デザイン

iPhoneと同時期に毎年アップデートされる商品が「Apple Watch」となります。

Apple Watchの歴代モデルの発売日は以下のとおりです。

歴代発売日

Apple Watch Series 7の発売日は例年通り9月頃になると予想されています。

Apple Watch Series 7発売日

2021年9月~10月

まとめ:Apple Watch Series 7の最新情報

Apple Watch7本体デザイン

2021年モデルの新型Apple Watch Series 7について、現時点での情報や噂をまとめました。

最新情報まとめ

  • デザインの大幅アップデート
  • S7チップ搭載
  • マイクロLEDディスプレイ搭載
  • Touch ID搭載
  • バッテリー性能の向上
  • 発売日は2021年9月~10月

毎年新たなシリーズがリリースされ、年々進化を遂げているApple Watch。

次期モデルのApple Watchはフルモデルチェンジになると報じられています。

また、血液を採取することなく血糖値をモニターできる血糖値測定機能の搭載が予想されていましたが、実装は数年先になるとBloombergが報じました。

新たな新機能やスペックが分かり次第、情報を更新します。

これらは初期の情報で、最終スペック、デザインは変わる可能性があります。

Source:Appledsign, Matt Talks Tech ,Apple Hub ,FRONT PAGE TECH , EverythingApplePro E A P

おすすめ記事

iphone13 1

iPhone13に関する最新情報が続々と登場してきたのでデザイン、CPU、ディスプレイ、新機能などスペックや発売日をまとめました。発売を待つべきか悩んでいる方は必見です。120Hz(LTPO OLED)ディスプレイに対応する可能性やデザインの大幅アップデートが期待されています。

新型iPad Pro 2021 2

iPad Pro 2021年最新モデルの実機レビューまとめ。デザインやサイズ感、ミニLEDディスプレイの特徴、M1チップ性能やカメラスペック、新機能を徹底解説します。買うべきか悩んでいる方、購入を検討中の方は参考にしてください。iPad Pro第5世代は従来モデルと比較し確かにAppleの主張する性能を備えていました。

Apple Watch Series 6レビュー 3

Apple Watch Series 6の購入を検討している方や気になっている方は必見です。アウトドアや家の中で日常的に使ってわかった優れているポイントを解説します。ソロループについてや、新機能の血中酸素濃度測定や心電図アプリや常時表示Retinaディスプレイの明るさ、バッテリーや使用した新機能も紹介していきます。

-Apple Watch
-

Copyright© motifyublog , 2021 All Rights Reserved.