iPhone SE Plusスペック

iPhone

【最新情報まとめ】iPhone SE 3(第3世代) 発売日・スペック

新型iPhone SE 3(第3世代)の情報が続々と出てきたのでまとめました。

iPhone SE(第2世代)が2020年4月に発売されていますが、新たなモデルが登場すると言われています。

iPhone SEシリーズは小型かつ安価なモデルとなります。

この記事では、新型のiPhone SE 3(第3世代)のデザイン、ディスプレイ、搭載チップなどのスペックや発売日を徹底解説します。

コスパに優れたiPhoneが欲しい方や、次期モデルのiPhone SEを購入しようか悩んでいる方は参考にしてください。

iPhone SE(第3世代)に関する最新情報

iPhone SE Plusデザイン

iPhone SE(第3世代)はどのようなモデルになるのか最新情報をまとめていきます。

最新情報まとめ

  • CPUはA15 Bionic
  • 画面サイズは4.7インチ
  • 有機ELディスプレイ搭載
  • デザインのアップデート
  • Touch ID内蔵電源ボタン搭載
  • デュアルカメラ搭載
  • メモリ容量は4GB搭載
  • ストレージ容量は64GB/128GB/256GB
  • 5G対応(sub‑6 GHz)
  • バッテリーの大幅アップデート

現時点での最新リーク情報および予想を詳しく解説していきます。

CPUはA15 Bionic

A15 Bionic

次期モデルのiPhone SE(第3世代)はiPhone13シリーズに搭載されるプロセッサであるA15 Bionicチップが搭載されると予想されています。

ポイント

CPUコアの性能がさらに高速化し、さらにグラフィック性能も向上し、より快適な操作が可能となり優れたパフォーマンスが期待できます。

現行モデルであるiPhone SE(第2世代)はiPhone11が発売した後に登場しましたが、同じA13 Bionicチップが搭載されていました。次期モデルも同様に最新のプロセッサが搭載されるとしています。

メモリ容量に関しては、処理速度の向上や5G対応に伴って現行のiPhone12同様に4GB搭載されると予想されています。

  iPhone SE(第2世代) iPhone SE(第3世代)
プロセッサ A13 Bionic A15 Bionic
メモリ 3GB 4GB

画面サイズは4.7インチ

iPhone SE 3_リークデザイン

アナリストのミンチー・クオ氏によると、次期モデルのiPhone SE(第3世代)は現行モデルのiPhone SE(第2世代)と同様のサイズの4.7インチディスプレイを採用するとのことです。

現行モデルは液晶ディスプレイでしたが、新たに有機ELディスプレイを搭載すると予想されています。

ポイント

サイズ:4.7インチ

ディスプレイ種類:Super Retina HDディスプレイ

コントラストに優れていて、より美しく高画質な映像を楽しめます。

液晶との違いは、バックライトなしでパネルそのものが発光し映像を映し出すので、よりメリハリのある色を表現でき、どの角度から見ても鮮やかな色と一定の明るさをキープします。

デザインのアップデート

iphone SE3_本体デザイン予想

デザインが大幅にアップデートされると予想されています。

次期モデルのiPhone SE(第3世代)は、さらに狭いベゼルデザインになると予想されています。また、パンチホール型ノッチを採用する可能性もあるとしています。

ポイント

現行モデルと本体サイズは変わらず、画面の大型化が図られると予想されています。

Touch ID内蔵電源ボタン搭載

Source_MacRumors

MacRumorsによると、iPad Air(第4世代)と同様にTouch IDを電源ボタンに搭載するとしています。

顔認証であるFace IDは、コスト削減のため搭載されないと報じられています。

ポイント

Touch ID内蔵電源ボタン搭載により、さらに素早く快適に操作することができます。

デュアルカメラ搭載

iPhone SE 3_カメラリーク情報

MacRumorsによると、次期モデルのiPhone SE(第3世代)はデュアルカメラ搭載になるとしています。

ポイント

シングルカメラからデュアルカメラに大幅アップデートされます。

現行モデルは、シングルカメラとなりSEシリーズは価格を抑えたモデルであることから引き続きシングルカメラになると予想されていましたが、現時点では大幅にアップデートされデュアルカメラ構成になると報じられています。

ただし、レンズの種類、解像度などは明らかになっていません。

5G対応(sub‑6 GHz)

5G

アナリストのミンチー・クオ氏によると、次期モデルのiPhone SE(第3世代)は5Gに対応するとしています。

iPhone 12シリーズ同様にsub6のみの5Gに対応すると予想されています。

ポイント

現行モデルに比べ、ダウンロードなどの通信が高速化されストリーミングの品質が向上します。

バッテリーの大幅アップデート

現行モデルのバッテリー容量は1,821mAhですが、次期モデルのiPhone SE(第3世代)のバッテリー容量は大幅に向上し、2,500mAh以上になると予想されています。

さらに、25W急速充電に対応すると報じられています。

また、最新のプロセッサを搭載することで電力効率がより向上するため、バッテリー持続時間が長くなるとしています。

ポイント

バッテリー容量が大幅に向上し、25Wの急速充電に対応します。

iPhone SE(第3世代)の発売日

iPhone SE 3_カラーバリエーション予想

アナリストのミンチー・クオ氏によると、発売時期は2022年上半期としています。

ポイント

多くの海外メディアによると、発売は2022年4月頃と報じられています。

iPhone 11シリーズが2019年9月10日に登場して、現行モデルのiPhone SE(第2世代)が2020年4月24日に登場していることから、次期モデルのiPhone SE(第3世代)も2022年4月に登場する可能性があります。

発売日の詳細が分かり次第、情報を更新します。

まとめ

iPhone SEシリーズはコンパクトさと価格の安さで非常に人気のモデルです。価格は49,280円(税込)からと予想されています。

次期モデルのiPhone SE(第3世代)は大幅にアップデートされて登場すると報じられていて、発売日については今年のiPhoneが登場した後で、来年の春ごろにコンパクトなスタンダードモデルとして登場するとしています。

新たなスペックや情報が分かり次第更新していきます。

これらは確定情報ではない為、最終スペック、デザインは変わる可能性があります。

ソース:Gizchina , rsvetapple.sk , MacRumors , EverythingApplePro E A P

 

おすすめ記事

1

新型iPhone13についてデザイン、CPU、ディスプレイ、新機能などスペックや発売日をまとめました。カメラ機能が大幅に向上し写真や動画の機能が進化しました。最新のA15 Bionicチップ搭載により、さらに快適な操作が可能となり優れたパフォーマンスを発揮するiPhone。

新型iPad Pro 2021 2

iPad Pro 2021年最新モデルの実機レビューまとめ。デザインやサイズ感、ミニLEDディスプレイの特徴、M1チップ性能やカメラスペック、新機能を徹底解説します。買うべきか悩んでいる方、購入を検討中の方は参考にしてください。iPad Pro第5世代は従来モデルと比較し確かにAppleの主張する性能を備えていました。

PS5とテレビ 3

PS5のスペックに最適なテレビの選び方とおすすめの最新4Kテレビをまとめました。HDMI2.1、4K120Hz、VRR、ALLM、eARC対応モデルを紹介。PS5をお持ちの方やこれから購入を検討している方、テレビの買い替えを検討している方は必見です。最適なテレビで次世代の最高品質なグラフィックを体感できます。

-iPhone
-,

Copyright© motifyublog , 2021 All Rights Reserved.