iPhone12_5G

ライフハック

5G対応のiPhone12が登場して分かった5Gの実力【5Gスマホは必要か?】

5G通信サービスが始まり、ようやく5G対応スマホが続々と登場してきました。

iPhoneもiPhone12シリーズより5G対応となりました。

 

『5Gは4Gよりも通信速度が速い』ということは分かっているけど『実際どのくらい速いのか?』『そもそも5Gって何?速いだけ?』

そんな疑問にお答えします。

 

この記事では、実際どのレベルで通信が速いのか。また、4Gと比較するとどのくらい速いのか。5G対応エリアはどこなのか、5G契約、5Gスマホの必要性など徹底解説していきます。

5G対応スマホの購入を検討している方や、5Gの基礎知識を知りたい方は必見です。

 

5Gとは?

第5世代移動通信システム

5Gとは「5th Generation」の略です。

第5世代移動通信システム」を意味します。

携帯電話などに用いられる次世代通信規格の5世代目となります。

5Gのポイント

  • 「5th Generation」の略称で「第5世代移動通信システム」という
  • 「超高速化」「超多数同時接続」「超低遅延」の3つの特徴がある
  • 今後、5G通信が主流となりより生活が便利になる

アメリカでは、5Gの先を行く技術である6Gの開発がすでに始まっているようです。

どんどん高速化が進みますね。

5Gの3つのメリット

5Gの大きな特徴は、「超高速化」「超多数同時接続」「超低遅延」です。

5Gのメリットは以下のおとりです。

メリット①

4Gの10倍以上の通信速度

4K、8Kなどの膨大なデータも快適に使用できるようになります。

メリット②

1つの基地局に、より多くの端末がアクセスできるようになった

ライブ会場などの人が多く集まるところでも通信速度が低下しないようになります。

メリット③

4Gの10分の1以下の超低遅延

遅延のない通信が実現し、スマホ以外にも自動運転や遠隔操作の向上が期待されます。

 

速いだけではなく、同時接続もパワーアップし遅延も解消されました。

また、今まではインターネットに接続できなかったもの(Iot)を接続できるので生活がより便利になります。

参考

IoTとは『Internet of Things』の略で、『モノのインターネット』と呼ばれています。

スマホからリビングの電気を付けたり、エアコンを遠隔操作したりして生活を便利にします。

 

5Gには「Sub6」と「ミリ波」の2種類がある

5Gとは

注意ポイント

iPhone12シリーズは全モデル5Gに対応していますが、Sub6波のみでミリ波は未対応です。

国内メーカーのスマホは「Sub6だけ」が主流となります。

 

参考

5Gの周波数は「Sub6」と「ミリ波」の2種類

4Gは3.60GHz未満の周波数帯

Sub6(4Gより高速)は3.6GHz~6GHz未満の周波数帯

ミリ波は30GHz~300GHzの周波数帯

5Gのミリ波は超高速通信が可能となります。iPhone12シリーズではその帯域には対応していないので今後、日本でミリ波が利用できる時にiPhone12では利用できません。

「真の5G」の実現はまだ先ということですね。

 

5G対応エリアは?

tokyo

地域によってはまだまだ5Gのインフラ整備が整っていないため、5G搭載のスマホであっても5Gを利用できないのが現状です。

5G対応のエリアは各キャリアの公式ページで確認ができます。

5G対応エリアチェック

 

4Gと5Gの違い

4Gと5G比較①

いま話題の5Gスマホは「Sub6」なので通信速度は以下のとおりです。

下り速度(理論値)

4G:最大受信1.7Gbps

5G:最大受信4.1Gbps

4Gよりはさらに進化して高速・大容量な通信を実現しています。

 

5Gが「ミリ波」になると通信速度は以下のようになります。

  4G 5G(ミリ波)
通信速度 1Gbps 20Gbps
同時接続数 10万デバイス/km2 100万デバイス/km2
伝送遅延 10ms 1ms

5Gの通信速度は4Gの20倍、同時接続数は4Gの10倍となります。

理論上の数値だと、10倍以上の効果が期待できます。

参考

  • Gbpsとは1秒あたりに送信できる通信容量の単位です。
  • ms(ミリ秒)とは通信の応答速度を評価する数値です。(数値が低ければ低いほどタイムラグが少ない)

 

実際に5Gスマホを使ってみて分かったこと

5Gスマホ

現在は5Gの通信速度は最大4~10Gbpsです。

将来的には「ミリ波」となり20Gbpsまで向上します。

 

実際に使ってみると、やはり通信環境やエリアによって常に高速通信はできませんでした。

5Gの電波が弱いと、5Gから4Gに自動的に切り替わったりしますね。

ただし、安定した環境下だと非常に高速な通信ができます。

 

回線速度を計測してみると4Gの方が速いなんてこともあります。

4Gと5G比較②

時間帯、通信環境、エリアによって通信速度はかなり異なるようです。

自宅のWi-Fi

自宅のWi-Fiの方が現時点では高速です。

 

今後も自宅と外出先のネット接続環境の使い分けは必要ですね。

しかし、もし5Gの「ミリ波」(20Gbps)が実現すれば5Gは今のWi-Fiより桁違いの速さになります。

 

まとめ

iPhone12 スマホ展示

今後、5Gはより主流となって動画やVR/AR、ゲームなどがさらに発展していきます。

ミリ波を利用した5G通信になれば「2時間の動画が3秒でダウンロードできる」が実現します。

今後に期待ですね。

 

ポイント

iPhone12は、実際に150Mbps以上の高速通信ができたので4Gのスマホより速いです。

通信環境に左右はされますが、確かに速いということがわかりました。

4K動画を視聴するときの推奨通信速度の目安は20Mbpsなので、十分すぎる速度です。

 

しかしながら現状、エリアなどの通信環境で速度が左右されるので4Gに比べて少し速いと思うレベルです。

5G対応を目当てでiPhone12に買い換えるのではなく、スペックなどカメラ性能やデザインで選ぶことをおすすめします。

 

おすすめ記事

1

新型iPhone13についてデザイン、CPU、ディスプレイ、新機能などスペックや発売日をまとめました。カメラ機能が大幅に向上し写真や動画の機能が進化しました。最新のA15 Bionicチップ搭載により、さらに快適な操作が可能となり優れたパフォーマンスを発揮するiPhone。

新型iPad Pro 2021 2

iPad Pro 2021年最新モデルの実機レビューまとめ。デザインやサイズ感、ミニLEDディスプレイの特徴、M1チップ性能やカメラスペック、新機能を徹底解説します。買うべきか悩んでいる方、購入を検討中の方は参考にしてください。iPad Pro第5世代は従来モデルと比較し確かにAppleの主張する性能を備えていました。

PS5とテレビ 3

PS5のスペックに最適なテレビの選び方とおすすめの最新4Kテレビをまとめました。HDMI2.1、4K120Hz、VRR、ALLM、eARC対応モデルを紹介。PS5をお持ちの方やこれから購入を検討している方、テレビの買い替えを検討している方は必見です。最適なテレビで次世代の最高品質なグラフィックを体感できます。

-ライフハック
-,

Copyright© motifyublog , 2021 All Rights Reserved.