iPhone14Proの発売日

iPhone

【最新情報まとめ】iPhone14 / iPhone14 Pro 発売日・スペック

iPhone14に関する詳細な情報が登場してきたのでまとめます。

iPhone14ではデザインが大幅に刷新されて、iPhone13では搭載されなかった革命的な機能が搭載されると予想されています。

iPhone8からiPhoneXに進化した時と同様に、デザインが大きく刷新され登場することが濃厚です。

iPhone14 Pro_進化ポイント

この記事では、iPhone14についての最新情報を解説していきます。

現時点で公開されている情報および予想を徹底解説していきます。

iPhone14に関する最新情報

iPhone14_Series

現時点でのiPhone14の最新情報は以下のとおりです。

最新情報まとめ

  • CPUはA16 Bionic搭載
  • パンチホールデザインのディスプレイ
  • 120Hzのリフレッシュレートに対応
  • 背面カメラがフラットデザインになる
  • 4800万画素カメラ搭載
  • メモリ容量は8GB搭載
  • USB-C搭載ではなく高速化したLightning搭載
  • 耐久性に優れたチタン素材が採用
  • Wi-Fi 6Eに対応
  • ディスプレイ内蔵Touch IDは非搭載

現時点での最新情報および予想を詳しく解説していきます。

CPUはA16 Bionic搭載

A16 Bionic

チップセットは現行のiPhone13シリーズではA15 Bionicチップが搭載されています。

iPhone14シリーズでは5nmプロセスで製造されるA16 Bionicチップが搭載されると報じられています。

ポイント

A16 Bionicチップ搭載となり、CPUコアの性能がさらに高速化し、グラフィック性能も向上します。

現行モデルよりもさらに快適な操作が可能となり、優れたパフォーマンスが期待できます。

新たなプロセッサはパフォーマンスが向上するため、現行モデルよりも省電力でバッテリーの持続時間が長くなります。

参考

TSMCとは、台湾の半導体製造企業です。

パンチホールデザインのディスプレイ

iPhone14_コンセプト

アナリストのミンチー・クオ氏によると、iPhone14ではノッチを廃止しパンチホールデザインを採用すると報じています。

次期モデルは、iPhone史上初のパンチホールディスプレイの搭載が濃厚です。

ポイント

ディスプレイ上部のノッチを廃止し、フルスクリーンディスプレイに近いデザインとなります。

iPhone14最新イメージ画像

表示領域がさらに広くなり閲覧性が向上します。

韓国のメディアであるThe Elecによると、6.1インチと6.7インチのiPhone14と、6.1インチと6.7インチのiPhone14 Proの4つのモデルが登場し、ハイエンドモデルのみパンチホールデザインになると報じています。

iPhone14 Proモデルのみパンチホールデザインまたはカプセル型のパンチホールデザインになると報じられています。

iPhone13 ProとiPhone14 Proの比較

ディスプレイの表示領域が拡張されることでバッテリー残量の%表示などが実現すると報じられています。

iphone14デザイン最新

Bloombergのマーク・ガーマン氏によると、フロントカメラおよびFace ID用のセンサーが搭載したノッチ部分は2つのホールで構成されるとしていますが、ディスプレイ点灯時は1つのカプセル型に見えるとしています。

ポイント

iPhone使用時は1つのカプセル型に表示されます。

動画視聴時などに文字など映像が途切れることを防止するためとしています。

参考

ノッチとは、iPhoneのディスプレイ上部の切り欠き(フロントカメラ,接近センサー,スピーカー)の部分です。

120Hzのリフレッシュレートに対応

iPhone14に関する最新情報

iPhone13シリーズで、120Hzのリフレッシュレートに対応しましたが、iPhone14シリーズではすべてのモデルがProMotionディスプレイになると海外テックメディアで報じられており、その中で細かい機能が搭載され差別化されると予想されています。

ポイント

リフレッシュレートが高くなることで、より滑らかで綺麗な映像になります。

120Hzディスプレイ

ProMotionディスプレイはiPhone13のProシリーズのみに対応しましたが、高精細な画質と画面で、臨場感あふれる美しい映像を実現します。

ブラウザなどでのスクロールがより滑らかになり、操作性が向上します。

参考

リフレッシュレートとは、ディスプレイが1秒間に何回、画面を更新するかを表します。

60Hzの場合は、1秒間に60枚の画像を表示

120Hzの場合は、1秒間に120枚の画像を表示

48MPカメラ搭載

iPhone 14 Pro and iPhone 14 Pro Max

アナリストのミンチー・クオ氏によると、iPhone14では4,800万画素カメラを搭載し、イメージセンサーが拡大されると報じています。

4,800万画素イメージセンサーを搭載するため、カメラモジュールが大型化すると報じられています。

より大型化されたセンサーを搭載し、12MPから48MPにアップデートされるとしています。iPhoneのカメラセンサーは、7年ぶりに画素数がアップデートされると予想されています。

ポイント

1,200万画素カメラから4,800万画素カメラに進化し、8K動画撮影も可能となりカメラ性能がさらに向上します。

センサーはソニー製の1/1.3インチイメージセンサーと報じています。

  • 夜のシーンや薄暗い場所の撮影の強化
  • ポートレート写真の強化
  • ズーム機能を使用しても綺麗に撮影可能
  • 色鮮やかな写真が撮影可能
  • 奥行きのある写真が撮影可能

さらに、iPhone14ではすべてのモデルにアップデートされた超広角カメラが搭載し、さらにLiDARが搭載されポートレート写真がより綺麗に撮影できます。

また、暗い場所でも綺麗な背景ボケ撮影が可能となります。

参考

LiDARとは、レーザー光を利用して離れた物や距離を測定します。空間の認識が可能です。それらを利用し、背景ぼかしや暗所でのオートフォーカスで活躍します。

メモリ容量は8GB搭載

iPhone14_8GBRAM

iPhone14 Proシリーズではメモリ容量は8GB搭載になると予想されています。Proモデル以外は6GBになる可能性があります。

iPhone13 Proシリーズでは、メモリ容量は6GBを搭載しています。

ポイント

メモリが8GB搭載されることにより、より処理能力が向上します。

アプリを開くときや、ゲームプレイ時など、あらゆる操作が快適になります。

Androidスマホのハイエンドモデルではメモリは12GB搭載されていて、どんどんスマホもスペックが向上しています。

USB-C搭載ではなく高速化したLightning搭載

iPhone14_USB-C

当初、台湾メディア経済日報では充電ポートはProシリーズがUSB-C端子搭載と予想されていました。

しかしながらiDrop Newsによると、現時点でiPhone14シリーズはLightning端子が搭載されるものの通信速度が向上する可能性が高いと報じています。

ポイント

外部接続端子は高速化したLightningを搭載する可能性があります。

アナリストのミンチー・クオ氏によると、USB-C端子は2023年モデルのiPhone(iPhone15)で搭載されると報じられています。

Wi-Fi 6Eに対応

iPhone14_フルモデルチェンジデザイン

iPhone14シリーズはWi-Fi 6Eに対応すると予想されていて、さらに高速な通信が可能です。

ポイント

データ伝送速度がより高速化され、データ量の多い動画ストリーミングやVRコンテンツが快適になります。

Wi-Fi 6Eは2020年1月にWi-Fi Allianceが発表した新しいWi-Fiの規格です。

「E」はExtendedを意味していて、Wi-Fi 6を拡張してさらに高速な通信が可能な規格となります。

画面内蔵Touch IDは非搭載

Display_TouchID

iPhone14では、マスクを着用していてもFace IDが動作する新機能を実装するため、Touch IDは非搭載になると予想されています。

指紋認証について

iPhone13(2021年):Face ID

iPhone14(2022年):Face ID

iPhone15(2023年):Touch ID搭載ディスプレイ

来年登場予定のiPhone15では、Face IDとTouch IDを両方搭載画面内蔵型Touch IDによりiPhoneのロック解除がより快適になると予想されています。

ポイント

画面に登録した指を乗せるだけで画面ロックが解除されます。

iPhone15では、指紋センサーがディスプレイに内蔵する可能性が非常に高いとしています。ただし、Proモデルなどの上位モデルのみに搭載される可能性があると予想されています。

省電力モード_デザイン

また、iPhone14ではApple Watchに搭載されている「常時点灯ディスプレイ」機能が搭載されると予想されています。

ポイント

バッテリー効率の高い120Hzリフレッシュレートの常時点灯ディスプレイが搭載

画面が消灯したスリープ時でも時計など、アイコンが常時表示される新機能がありオンオフは設定からできると噂されています。

iPhone14 / iPhone14 Pro 発売日

iPhone14発売日

iPhone14の発売日に関しては、例年通り2022年9月中旬発売になると予想されています。

当初は2022年9月23日(金)に発売になると報じられていましたが、マーク・ガーマン氏が9月のAppleイベントの様子の録画を開始したと報じており、以下の日程になるとしています。

予想発売日

予約開始日:2022年9月9日(金)

発売日:2022年9月16日(金)

iPhoneの歴代モデルの発売日は以下のとおりです。

歴代発売日

iPhone 6:2014年9月19日

iPhone 6s:2015年9月25日

iPhone SE:2016年3月31日

iPhone 7:2016年9月16日

iPhone 8:2017年9月22日

iPhone X:2017年11月3日

iPhone XS:2018年9月21日

iPhone XR:2018年10月26日

iPhone 11:2019年9月20日

iPhone SE2:2020年4月24日

iPhone 12:2020年10月/11月

iPhone 13:2021年9月24日

発売日の詳細が分かり次第、情報を更新します。

まとめ

iPhone14 Pro 9月最新情報まとめ

 

iPhone14に関する情報が続々と登場してきたのでまとめました。

デザインだけでなく機能面でも、大幅なアップデートが期待されています。

アナリストのミンチー・クオ氏によると、iPhone14シリーズでmini(5.4インチモデル)はラインナップされないと報じています。

また、海外メディアのBloombergによると、iPhone14では衛星通信を使った非常時のメッセージ送信など新機能が搭載される可能性があると予想されています。

新たなスペックや新機能が分かり次第、情報を更新します。

これらはリーク情報で、最終スペック、デザインは変わる可能性があります。

Source:MacRumors, Gizchina, #iOS beta news, Tech Limited , FRONT PAGE TECH , Apple Hub , Pigtou , Appledsign

 

おすすめ記事

iPhone 14 Pro レビュー 1

新型iPhone14 Proを実際に使って感じた気になる進化ポイントと弱点をレビューします。ダイナミックアイランド(Dynamic Island)の操作感や実用性、常時表示ディスプレイのバッテリー持ちも解説。カメラ性能強化、衝突事故検出機能など便利な新機能も多数搭載されました。

AirPods Pro2 レビュー 2

新型AirPods Pro(第2世代)を実際に使って感じた気になる進化をレビューします。AirPods Pro2は買うべきか解説。最新のH2チップを搭載し強力なノイズキャンセリング性能、進化した外部音取り込みモード、便利な新機能の搭載など驚異的なアップデートを遂げました。

Apple Watch Series 8使用レビュー 3

Apple Watch Series 8に追加された新機能や実際の使用感をまとめました。皮膚温センサーの搭載、衝突事故検知機能、バッテリー持ちの改善など新型モデルに搭載された機能を有効活用し便利な使い方を徹底解説していきます。Series 6からの買い替えにはおすすめ。

ガジェット晒し_画像 4

普段の生活に取り入れて毎日のように使っている、買ってよかった便利なガジェットや家電を紹介していきます。いまの生活をより快適にできるような、おすすめのアイテムをまとめています。価値が還元されて元が取れるガジェットは生活満足度が格段に上がります。最新ガジェットや家電で生活に快適さやクリエイティブを。

PS5とテレビ 5

PS5のスペック性能に最適なテレビの選び方とおすすめの最新型4Kテレビを紹介していきます。テレビ次第でより高画質で滑らかな、次世代の最高品質なグラフィックを体感することができます。PS5をお持ちの方やこれから購入を検討している方、テレビの買い替えを検討している方は必見です。

-iPhone
-,

Copyright© motifyublog , 2022 All Rights Reserved.