iphone13

iPhone

【最新情報まとめ】iPhone13 / iPhone13 Pro 発売日・スペック

次期モデルのiPhone13に関する情報が公開されてきたのでまとめました。

非常に楽しみなiPhoneの最新モデル。

また、iPhone12で実装されなかった新機能がiPhone13で実装されるようです。

この記事では、次期モデルのiPhone13についての最新情報を解説していきます。

iPhone13シリーズはまだ先の話ですが、現時点で公開されている情報をまとめています。

iPhone13に関する最新情報

iphone13_4MRD

現時点でiPhone13の最新情報は以下のとおりです。

最新情報まとめ

  • CPUはA15 Bionic搭載
  • ディスプレイ内蔵Touch ID搭載
  • カメラの大幅アップグレード
  • 全モデルLiDAR搭載
  • ノッチの小型化
  • 4K 120Hz(LTPO OLED) HDR10+対応
  • 常時点灯ディスプレイ搭載
  • ストレージ構成が128GB/256GB/512GB/1TBになる
  • 端子はLightning継続
  • ミリ波5G対応(iPhone 12シリーズはSub6対応)
  • バッテリー性能の大幅向上
  • スピーカー、マイクの性能向上

2021年モデルのiPhoneは名称が『iPhone12s』になる可能性もあると報じられています。

A15 Bionicチップ搭載

A15 Bionic

チップセットは現行のiPhone12シリーズではA14 Bionicチップが搭載されています。

次期モデルのiPhone13では、より高性能なA15 Bionicチップが搭載されると予想されています。

ポイント

A14 BionicチップからA15 Bionicチップとなり、CPUコアの性能がさらに高速化し、グラフィック性能も向上します。

より快適な操作が可能となり、優れたパフォーマンスが期待できます。

ジョン・プロッサー氏によると、iPhone13にM1チップが搭載されることはないとコメントしています。

参考

A15 Bionicチップは、TSMCの改良版の5nmプロセスであるN5P(N5 Plus)で製造されると海外メディアが報じています。

ディスプレイ内蔵Touch ID搭載

画面内指紋認証

Face IDとTouch IDを両方搭載し、画面内蔵型Touch IDによりiPhoneのロック解除がより快適になります。

ポイント

画面に登録した指を乗せるだけで画面ロックが解除されます。

指紋センサーがディスプレイに内蔵する可能性が非常に高いとしています。

次期iPhoneは操作性もスペックも大幅に向上します。

ただし、Proモデルなどの上位モデルのみに搭載される可能性があると予想されています。

カメラの大幅アップグレード

iPhone13_camera

次期モデルのiPhone13のカメラはAF対応の超広角レンズを搭載する可能性があると予想されています。

iPhone13 Pro MaxのみF1.5のレンズが搭載されるとしています。

  • 動く被写体もブレずに撮影
  • ズーム機能を使用しても綺麗に撮影可能
  • 夜のシーンや薄暗い場所の撮影の強化
  • 色鮮やかな写真が撮影可能
  • 奥行きのある写真が撮影可能
  • ポートレート写真の強化

広角レンズと望遠レンズ、超広角レンズの強化や、マクロ撮影用のレンズ搭載などが期待できます。

カメラ性能がさらに向上します。リアカメラが改良され、レンズが大型化すると予想されています。

iPhone13ではすべてのモデルにLiDARが搭載され、センサーシフト光学式手ブレ補正機能が搭載されると報じられています。

カメラレンズ

iPhone13 Proシリーズ以外はレンズの並びが斜めになります。

さらに新型iPad Proでも搭載された、センサーフレーム対応フロントカメラ搭載となります。

122度の視野角を持った超広角カメラ搭載となり、自動アングル調整が可能です。

ポイント

  • カメラが大型化
  • センサーシフト光学式手ブレ補正対応
  • iPhone13 / miniのみレンズ配置が斜め
  • iPhone13 Pro/ Pro Max 超広角レンズf1.8搭載

ノッチの小型化

ノッチ

次期モデルのiPhone13シリーズでは、ノッチがコンパクト化することが期待されています。

ノッチとは、iPhoneのディスプレイ上部の切り欠き(フロントカメラ,接近センサー,スピーカー)の部分です。

ポイント

表示領域がさらに広くなり閲覧性が向上します。

4K 120Hz(LTPO OLED)対応

120Hzディスプレイ

今年のiPhone12シリーズのProモデルで120Hzのリフレッシュレートに対応と言われていましたが、60Hzのままでした。

ポイント

現行モデル、iPhone12 Proに搭載されたディスプレイ

LTPS OLED(低温ポリシリコン有機EL)

現段階のディスプレイで120Hzに対応すると消費電力が非常に大きくなるので、iPhoneの駆動時間が大幅に短くなります。

バッテリーがもたないので、対応する可能性が非常に低いと言われています。

iPhone13_Display

iPhone13 ProとiPhone13 Pro MaxがLTPOディスプレイが搭載されると予想されています。

ポイント

120Hzの高リフレッシュレートに対応できるディスプレイ

LTPO OLED(低温多結晶酸化物有機EL)

新たなディスプレイである、LTPO OLEDの製造ラインに切り替えるのに一年以上かかるため、iPhone13で採用されることが期待されています。

常時点灯ディスプレイ搭載

省電力モード_デザイン

iPhone13ではApple Watchに搭載されている「常時点灯ディスプレイ」機能が搭載されます。

ポイント

バッテリー効率の高い120Hzリフレッシュレートの常時点灯ディスプレイが搭載

画面が消灯したスリープ時でも時計などのアイコンが常時表示されます。

もちろん、Apple Watch同様に機能のオンオフが可能となります。

ストレージ構成が128GB/256GB/512GB/1TBになる

 

iPhone13 Pro_1TBモデル

年々写真や動画の画質が良くなり、ストレージ容量が多く必要となります。

iPhone12シリーズの最大ストレージ容量は512GBとなります。

4K動画や高画質な写真を保存すると64GBでは足りなくなります。

ポイント

iPhone13 Proシリーズのみストレージ構成に1TBが追加されます。

1TBも必要なのか?と疑問に思うかと思いますが、使い方によっては必要な方もいますね。

パソコンのコンテンツをスマホでも見たい方や、データ同期をしたい方は大容量をおすすめします。

端子はLightning継続

iPhoneデザイン

2021年モデルのiPhoneはLightningポートの廃止で充電はワイヤレスまたはUSB-Cに移行すると言われていましたが、海外メディアによるとLightning端子が継続されると報じています。

5G通信の高速化

5G_iphone13

iPhone13シリーズでは、5Gの通信速度がさらに高速化されると報じられています。

また、5G通信時のバッテリー持続時間の改善もされるとしています。

ポイント

  • 5G通信の高速化
  • 5G通信時の電池持ち改善
  • 5Gモデム「Snapdragon X60」搭載
  • ミリ波に対応

現行のiPhone12シリーズよりも高速な通信を実現し、より長い時間iPhoneを使えます。

バッテリー性能の大幅向上

iPhone12sコンセプト画像

iPhone13では、A15 Bionicチップ搭載で最大で8倍高速化され、さらに省電力性能に優れています。

より省電力に優れるCPUとLTPOディスプレイ、5Gモデムが搭載されます。

次期モデルのiPhone13の消費電力は現行よりも約20%ほど削減されると予想されています。

ポイント

省電力性能に優れたチップなどが搭載されるうえ、バッテリーの大型化によりバッテリー持続時間が大幅向上します。

リーク情報では、充電時間(0~100%)45分の超高速充電に対応としています。

スピーカー、マイクの性能向上

サウンド性能向上

iPhone13ではスピーカーとマイクの性能が向上すると報じられています。

ポイント

より高音質となり、パフォーマンスが向上します。

【2021年新型】iPhone13シリーズ 発売日

iphone13_新デザイン

iPhone12の後続機として登場が予想されるiPhone13シリーズですが、例年通り9月~10月発売となる可能性が非常に高いです。

AppleはiPhone13について、9月下旬以降のリリースに向けて順調に準備が進んでいるとしています。

iPhoneの歴代モデルの発売日は以下のとおりです。

歴代発売日

iPhone 6:2014年9月19日

iPhone 6s:2015年9月25日

iPhone SE:2016年3月31日

iPhone 7:2016年9月16日

iPhone 8:2017年9月22日

iPhone X:2017年11月3日

iPhone XS:2018年9月21日

iPhone XR:2018年10月26日

iPhone 11:2019年9月20日

iPhone SE2:2020年4月24日

iPhone 12シリーズ:2020年10月/11月

発売日の詳細が分かり次第、情報を更新します。

まとめ:iPhone13は待つべきか

2021 iPhones

iPhone13は、「ほぼ同じ見た目で劇的な進化」となります。

多くの海外メディアが、次期モデルは大幅にアップデートされて登場すると報じています。

ポイント

iPhone13シリーズでは1TBモデルが登場したり、画面が120Hzのリフレッシュレートに対応、生体認証のアップデート、8K動画撮影も可能と大幅にスペックが向上すると予想されています。

現時点の情報をまとめると極論、iPhone13の発売を待つべきだと言えます。

新たなスペックや新機能が分かり次第、情報を更新します。

これらは初期の情報で、最終スペック、デザインは変わる可能性があります。

Source:Gizchina, TT Technology, EverythingApplePro EAP,4MRD  , Appledsign ,9TechEleven

 

おすすめ記事

iphone13 1

iPhone13に関する最新情報が続々と登場してきたのでデザイン、CPU、ディスプレイ、新機能などスペックや発売日をまとめました。発売を待つべきか悩んでいる方は必見です。120Hz(LTPO OLED)ディスプレイに対応する可能性やデザインの大幅アップデートが期待されています。

新型iPad Pro 2021 2

iPad Pro 2021年最新モデルの実機レビューまとめ。デザインやサイズ感、ミニLEDディスプレイの特徴、M1チップ性能やカメラスペック、新機能を徹底解説します。買うべきか悩んでいる方、購入を検討中の方は参考にしてください。iPad Pro第5世代は従来モデルと比較し確かにAppleの主張する性能を備えていました。

Apple Watch Series 6レビュー 3

Apple Watch Series 6の購入を検討している方や気になっている方は必見です。アウトドアや家の中で日常的に使ってわかった優れているポイントを解説します。ソロループについてや、新機能の血中酸素濃度測定や心電図アプリや常時表示Retinaディスプレイの明るさ、バッテリーや使用した新機能も紹介していきます。

-iPhone
-,

Copyright© motifyublog , 2021 All Rights Reserved.