iPhone14とiPhone14 Pro比較

iPhone

iPhone14とiPhone14 Proの違いを比較【どっちを買うべき?】

iPhone14シリーズはiPhone14、iPhone14 Plus、iPhone14 Pro、iPhone14 Pro Maxの4機種が登場しました。

iPhone14シリーズの中で、スタンダードモデルであるiPhone14とハイエンドモデルのiPhone14 Proは性能以外にも使い勝手など様々な違いがあります。

この記事でわかること

  • iPhone14とiPhone14 Proの違い
  • iPhone14とiPhone14 Proのどちらがおすすめか
  • iPhone14とiPhone14 Proの選び方のポイント

iPhone14とiPhone14 Proの違いを比較し用途別におすすめの選び方を紹介していきます。また、性能だけでなく価格や使い勝手についても比較していきます。

iPhone14シリーズの購入を検討している方は参考にしてください。

iPhone14とiPhone14 Proの違いを比較

iPhone14とiPhone14 Proの比較ポイント

従来のiPhoneではスタンダードモデル(無印)とProモデルの差は小さかったのですが、iPhone14シリーズではProモデル大きく差別化されていて性能に差があります。

どちらのモデルもLightning端子を搭載し、水深6mで最大30分間の耐水性能、超高速の5G(Sub6)通信、Wi-Fi 6、Bluetooth 5.3やMagSafe充電に対応しています。

iPhone14シリーズの全モデルのスペック、使い勝手をまとめると以下のとおりです。

  iPhone14 iPhone14 Plus iPhone14 Pro iPhone14 Pro Max
画面(インチ) 6.1 6.7 6.1 6.7
SoC A15 A15 A16 A16
メモリ 6GB 6GB 6GB 6GB
メインカメラ 12MP 12MP 48MP 48MP
リフレッシュレート 60Hz 60Hz 1-120Hz 1-120Hz
高速充電 対応 対応 対応 対応
画面性能
カメラ性能
動画性能
ビデオ性能
ゲーム
片手操作
バッテリー持ち
重量

iPhone14とiPhone14 Proの基本的に異なるポイントは以下のとおりです。

ポイント

  • デザイン
  • ストレージ容量と価格
  • カラーバリエーション
  • サイズと重さ
  • ディスプレイ
  • カメラ性能
  • バッテリーの持ち
  • 搭載チップと処理性能

上記の比較項目は選び方のポイントになるため、検討する際に重視しましょう。

iPhone14とiPhone14 Proの違いを詳しく比較していきます。

デザインの違いを比較

iPhone14とiPhone14 Proのデザイン比較

iPhone14とiPhone14 Proのデザインはどちらもフラットエッジデザインと呼ばれる角張ったデザインを採用していて、スタイリッシュな見た目が特徴的です。

iPhone14はアルミフレームでマットな質感になっていて、iPhone14 Proはステンレスフレームで光沢があり高級感のある質感になっています。

デザインの大きく異なるポイントは以下のとおりです。

  iPhone14 iPhone14 Pro
フロントカメラ ノッチ パンチホール
カメラの数 2つのカメラ 3つのカメラ
本体の素材 アルミニウム ステンレススチール

iPhone14 Proはノッチが廃止され、パンチホール型の新デザインに進化し、表示領域が広がり視認性が向上しただけでなくアニメーションで柔軟な操作や表示が可能な「Dynamic Island」を搭載しました。

ストレージ容量と価格を比較

新型iPhone14 ProとMax

iPhone14は128GBモデルから512GBモデルまで選択できますが、Proモデルは大容量の1TBまで選択が可能です。

今回のiPhone14シリーズは10万円以上のモデルしかなく、高額となっています。

iPhone14とiPhone14 Proの価格差は30,000円となります。

  iPhone14 iPhone14 Pro
128GB 119,800円 149,800円
256GB 134,800円 164,800円
512GB 164,800円 194,800円
1TB 224,800円

上記はApple公式の税込み価格です。

iPhoneはAndroidのようにSDカードで容量を増やすことができませんが、iCloudの他にGoogleフォトや容量無制限のフォトストレージのAmazon Photosなどのクラウドストレージを利用することで容量不足を解消できます。

iPhone13シリーズからカメラ性能が向上したため動画や写真のファイルサイズが大きくなっていく傾向にあります。そのため、大きめのストレージ容量を選ぶのがおすすめです。

ポイント

128GBがおすすめの方:写真や動画を撮る、クラウドを使う方

256GBがおすすめの方:より多くの写真や動画を撮る、様々なゲーム、アプリをダウンロードしたい方

512GBがおすすめの方:写真や動画、音楽を本体に保存したい、クラウドを使わない方

1TBがおすすめの方:4K動画などの高画質な撮影をする、すべて本体に保存したい方

iPhoneは本体自体が高いので、ストレージで価格を安くしようという思考になりがちですが、しっかりと使用用途を考えて選択することが最重要です。

Apple Watch SEAirPods (第3世代)などの他のAppleデバイスを購入できる価格差のため、しっかり検討する必要があります。

カラーバリエーションを比較

iPhone14_カラバリ

iPhone14はカラフルな5色展開となっていますが、iPhone14 Proは重厚感のある4色展開となっています。

iPhone14の新色はパープルとなり、iPhone14 Proの新色はディープパープルとなっています。

iPhone14_2

iPhone14はミッドナイト、スターライト、ブルー、パープル、PRODUCT REDの5色展開です。iPhone14Pro_2

iPhone14 Proはスペースブラック、シルバー、ゴールド、ディープパープルの4色展開です。

サイズと重さを比較

iPhone14のサイズ感

iPhone14とiPhone14 Proのサイズと重さの違いを比較すると、同じ6.1インチのディスプレイですがiPhone14 Proの方がやや重く厚みと高さがあるのが特徴です。

ポイント

最大の特徴は重量が34gの差があるというところです。

iPhone14の本体重量はProモデルより34g軽くなっています。より手軽に使いたい場合は、iPhone14がおすすめです。

ディスプレイを比較

iPhone14ディスプレイの違い

画面の大きさはどちらも6.1インチですが、画面上部のエリアがカプセル型のパンチホールになったのはProならではのディスプレイです。

また、ディスプレイはどちらもSuper Retina XDRディスプレイ(有機ELディスプレイ)を搭載していて鮮やかで綺麗なディスプレイです。

画面の動作が滑らかになる120Hz駆動のProMotionディスプレイはiPhone14 Proのみに搭載されています。

  iPhone14 iPhone14 Pro
画面の大きさ 6.1インチ 6.1インチ
画面の種類 Super Retina XDR
オールスクリーン OLED
Super Retina XDR
オールスクリーン OLED
ProMotion搭載
Dynamic Island
解像度 2,532 x 1,170(460ppi) 2,556 x 1,179(460ppi)
リフレッシュレート 60Hz 最大120Hz
コントラスト比 2,000,000:1 2,000,000:1
輝度 標準 800ニト
HDR 1200ニト
標準 1000ニト
HDR 1600ニト
屋外 2000ニト
その他機能 True Toneディスプレイ
HDRディスプレイ
広色域ディスプレイ(P3)
触覚タッチ
Ceramic Shield
True Toneディスプレイ
HDRディスプレイ
広色域ディスプレイ(P3)
触覚タッチ
Ceramic Shield
常時表示ディスプレイ

ポイント

  • どちらも画面の大きさは6.1インチ
  • どちらも美しいディスプレイを実現
  • iPhone14 Proは2倍明るいディスプレイを搭載
  • iPhone14 Proは画面がより滑らか
  • iPhone14 Proは常時表示に対応
  • iPhone14 Proは新デザイン(Dynamic Island)採用

iPhone14Pro_10

パンチホールデザインになったことで、各種の通知を表示したり、アプリや操作に応じてアニメーションが動く新デザイン「Dynamic Island」(ダイナミック・アイランド)を搭載しました。

様々な情報がフロントカメラ「True Depthカメラ」部分に表示されるようになり、使用中のアプリの表示を遮ることなく情報を確認できます。

カメラ性能を比較

新型iPhone14 Proのカメラ

iPhone14とiPhone14 Proの最大の違いとも言えるのがカメラとなっています。

iPhone14は広角と超広角のデュアルレンズ搭載ですが、iPhone14 Proは望遠レンズも搭載したトリプルレンズとなります。

カメラ性能はiPhone14 Proは大幅に進化して登場しました。メインカメラは4,800万画素に大幅に進化65%大型化したセンサーを搭載しています。

  iPhone14 iPhone14 Pro
レンズ 広角:1200万画素(ƒ/1.5)
超広角:1200万画素(ƒ/2.4)
広角:4800万画素(ƒ/1.78)
超広角:1200万画素(ƒ/2.2)
望遠:1200万画素(ƒ/2.8)
ズーム 2倍光学ズームアウト
デジタル5倍ズーム
3倍光学ズームイン
2倍光学ズームアウト
デジタル15倍ズーム
手ぶれ補正 センサーシフト光学式 センサーシフト光学式
(第2世代)
静止画機能 True Toneフラッシュ
Photonic Engine
Deep Fusion
写真のスマートHDR 4
ナイトモード
フォトグラフスタイル
アダプティブTrue Toneフラッシュ
Photonic Engine
Deep Fusion
写真のスマートHDR 4
フォトグラフスタイル
ナイトモード
ナイトモードのポートレート
マクロ写真撮影
Apple ProRAW
動画機能 シネマテックモード(4K HDR 30fps)
アクションモード(最大2.8K 60fps)
Dolby Vision HDR(最大4K 60fps)
4K(24/25/30/60fps)
1080p HD(25/30/60fps)
720p(30fps)
シネマテックモード(4K HDR 30fps)
アクションモード(最大2.8K 60fps)
Dolby Vision HDR(最大4K 60fps)
4K(24/25/30/60fps)
1080p HD(25/30/60fps)
720p(30fps)
マクロビデオ撮影
最大4K 30fpsのProResビデオ撮影
(128GBモデルは1080p 30fps)

ポイント

  • iPhone14 Proのみ望遠レンズ搭載
  • iPhone14 Proはメインカメラが48MP、iPhone14は12MP
  • iPhone14 ProのみLiDARスキャナ搭載
  • iPhone14 ProのみProResビデオ撮影に対応
  • iPhone14 Proのみマクロ撮影に対応
  • iPhone14 Proのみナイトポートレートに対応

より綺麗な写真を撮影したい方や、高度な撮影をしたい方はiPhone14 Proがおすすめとなります。

バッテリーの持ちを比較

新型iPhone14 Proの前面

iPhone史上最長の稼働時間のバッテリーを搭載しています。

iPhone14 Proのほうがビデオ再生で3時間ほどバッテリー持続時間が長くなっています。

バッテリー持ちはiPhone14 Proが良いと判断できます。

iPhone14 ビデオ再生:20時間
ストリーミング:16時間
オーディオ再生:80時間
iPhone14 Pro ビデオ再生:23時間
ストリーミング:20時間
オーディオ再生:75時間

搭載チップと処理性能を比較

A16

iPhone14とiPhone14 Proでは搭載されているチップが大きく異なり、性能が差別化されています。

iPhone14 Proのみ、4ナノメートルプロセスで製造されたA16 Bionicチップが搭載されました。

iPhone14 ProはiPhone14よりも20%省電力で40%高速化が図られています。また、iPhone14は従来から採用されているチップですが、GPUは強化されています。

ポイント

  • iPhone14はiPhone13から採用されているA15 Bionicチップ搭載
  • iPhone14 Proは最新のA16 Bionicチップ搭載

どちらも高性能なチップセットを搭載しているため、iPhone14とiPhone14 Proで比較する際には処理性能の差で検討しなくても大きな問題はありません。

デザインやカメラ性能、使い勝手で比較することをおすすめします。

iPhone14とiPhone14 Proのどっちを買うべき?

iPhone14どれ買う

iPhone14シリーズの購入で、iPhone14とiPhone14 Proのどちらを買うべきか悩む方も多いと思います。

違いについて理解し、自分自身が必要と思えるモデルを選びましょう。

iPhone14がおすすめの人

iPhone14

こんな方におすすめ

  • 価格をできるだけ抑えたい!
  • 持ちやすさ、手軽さを重視したい!
  • 多くの機能を求めない!

Proモデルと比べると価格が安く、厚みがやや薄く重量も軽いモデルです。

価格を抑えて新型モデルを求めるならiPhone14一択となります。

十分高性能ですが、さらにディスプレイやカメラ性能、豊富な機能を求めるならProモデルを検討してみてください。

iPhone14 Proがおすすめの人

新型iPhone14 Pro新色

こんな方におすすめ

  • カメラ性能にこだわりたい!
  • 高級感のあるデザインを求めている!
  • 高性能や新機能を求めている!

Proモデルはカメラ性能を重視したり、新機能を体験したい方におすすめです。

大幅に進化した新型モデルを求める方はiPhone14 Pro一択です。

まとめ

iPhone14とiPhone14 Proどっち

iPhone14とiPhone14 Proはどちらがおすすめか違いを比較してまとめました。

ポイント

iPhone14を選ぶ際の大きな要素はディスプレイ(サイズ)、カメラ性能、ストレージ容量、バッテリー性能、価格となります。

上位モデルであるiPhone14 Proは新デザインと性能、新機能が魅力的ですが、価格を抑えて手軽な使い勝手で新型モデルを求めるならiPhone14が魅力的です。

ポイントを的確に選択していき、ニーズに合った新型iPhoneを選び最適な1台を手にしましょう。

Source:Apple

 

おすすめ記事

iPhone 14 Pro レビュー 1

新型iPhone14 Proを実際に使って感じた気になる進化ポイントと弱点をレビューします。ダイナミックアイランド(Dynamic Island)の操作感や実用性、常時表示ディスプレイのバッテリー持ちも解説。カメラ性能強化、衝突事故検出機能など便利な新機能も多数搭載されました。

AirPods Pro2_10jpg 2

AirPods Pro(第2世代)に関する最新情報が続々と登場してきたのでデザイン、新機能などスペックや発売日をまとめました。新型AirPods Proは大幅なモデルチェンジとなって登場しました。今、AirPods Proを買うか悩んでいる方は参考にしてください。

PS5とテレビ 3

PS5のスペック性能に最適なテレビの選び方とおすすめの最新型4Kテレビを紹介していきます。テレビ次第でより高画質で滑らかな、次世代の最高品質なグラフィックを体感することができます。PS5をお持ちの方やこれから購入を検討している方、テレビの買い替えを検討している方は必見です。

ガジェット晒し_画像 4

普段の生活に取り入れて毎日のように使っている、買ってよかった便利なガジェットや家電を紹介していきます。いまの生活をより快適にできるような、おすすめのアイテムをまとめています。価値が還元されて元が取れるガジェットは生活満足度が格段に上がります。最新ガジェットや家電で生活に快適さやクリエイティブを。

Amazonタイムセール祭り 5

Amazonで定期的にビックセール「タイムセール祭り」が開催されます。購入前にやっておくべきこと、タイムセールはいつ。等タイムセール祭りでお得に買い物する方法を徹底解説。KindleやFireタブレットなどのAmazon端末以外にも、iPad ProやMacBook Proが過去にセール対象に。目玉商品を見逃せません。

-iPhone
-,

Copyright© motifyublog , 2022 All Rights Reserved.