iPhone 14 Proカメラ性能 RAW

iPhone

iPhone14 Proのカメラの実力と性能【48MPと12MPの画質比較】

iPhone 14 Proのカメラは、従来よりも大幅に性能が向上しました。

iPhone 14 Proの売りとなっているカメラは、センサーが大型化されメインカメラが1200万画素から4800万画素になりカメラ画質が進化しています。

実際にどのくらい綺麗な写真が撮れるのか、気になる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、iPhone14 Proのカメラ性能についてまとめています。4800万画素カメラでのProRAW撮影のやり方や注意点などを解説しました。

iPhone 14 Proデビューしたい方、iPhone 14 Proで撮った写真が気になる方は参考にしてください。

iPhone14 Proのカメラレビュー

iPhone 14 Proカメラレビュー

iPhone 14 Proの主役とも言えるカメラは、センサーサイズが大型化されて見た目も非常に大きくなりました。

写真だけでなく動画性能も向上していて、アクションカメラのGoPro HERO11のように滑らかな映像を撮れるアクションモードなども搭載されました。

メインカメラは従来の1200万画素カメラから4倍の4800万画素カメラになり、非常に高精細な写真が撮れるようになりました。

iPhone 14 Proは3つのカメラを搭載していて、カメラ構成は以下のとおりです。

カメラ構成

メインカメラ:24mm/48mm(2倍望遠)

超広角カメラ:13mm

望遠カメラ:77mm

iPhone14 Pro画角の違い比較

2倍望遠ズームが可能になったことで、4つの倍率で瞬時に撮影することが可能になりました。

ポイント

iPhone 14 Proではカメラ画面での画角ボタンが4つに増え、写真撮影の幅が広がりました。

2倍時は、4800万画素のカメラを使用しクロップ(中心部周辺をトリミング)するため画質を落とすことなくズームが可能です。

4800万画素の写真を撮影する方法

4800万画素カメラでProRAW撮影

iPhone 14 Proの注目ポイントである4800万画素でのProRAW撮影。

今までのカメラは1200万画素なので、4倍の解像度で撮影が可能ということになりさらに高精細な写真を撮影できます。しかし、カメラを起動しても初期設定状態では撮影できません。

48MP撮影方法

  • 設定からフProRAWを有効にする
  • カメラ画面でRAWモードをオンにする
  • メインカメラ(1倍)のみ撮影可能

iPhone14 Pro Raw撮影のやり方

ProRAWフォーマットでの撮影方法は以下のとおりです。

ポイント

設定⇒カメラ⇒フォーマット⇒写真撮影の「Apple ProRAW」をオンにします。

注意点として、ナイトモード、フラッシュ、マクロ撮影で撮影した写真は1200万画素で保存されます。

ProRAWマーク

ProRAWを設定するとカメラ画面でRAWのマーク「RAWモード」が表示されます。オンにするとProRAWで撮影可能です。ProRAWで撮る時はカメラのRAWモードをオンにする必要があります。

iPhone14 Pro Raw設定方法

また、ProRAWを1200万画素(12MP)で設定することも可能です。ただし、4800万画素(48MP)で撮影するとファイルサイズは非常に大きくなります。

iPhone14 Pro RAWとJPEGの違い

iPhone 14 ProでProRAW撮影を行うと1枚あたりファイルサイズが100MB前後となっていて、通常の1200万画素撮影の約15倍のサイズになります。

写真1枚で、iPhone 14 Proで撮影した1080p60fpsの40秒ほどの動画に相当するファイルサイズになっています。また、ProRAWはAdobeのDNG形式で記録されます。

ポイント

現像をする前のRAWデータはファイルサイズが大きくなりますが、編集に強い特徴があります。

48MPと12MPの画質比較

4800万画素比較

通常で撮影した場合には1200万画素(12MP)となりますが、4800万画素(48MP)ProRAW撮影した場合は細かなディテールをそのまま画像ファイルに取り込めます。

気になる画質の差ですが、ぱっと見た際にはほぼ差は感じられません。

しかし、遠くのものを拡大してみるとより繊細な写真に仕上がっていることが分かります。

4800万画素の拡大比較

ProRAW撮影は、より鮮明な写真となっていて細かい部分もしっかり確認できるため、写真の表現の幅がグッと広がります。

1枚の写真を拡大して、画質が破綻しないで思い通りにトリミングができます。写真を編集する場合は、写真のイメージが変わらず自然に仕上がる印象です。

48MPと12MPの暗所性能比較

iPhone 14 Proの4800万画素夜景撮影

iPhone 14 Proは従来よりも65%大型化されたセンサーを搭載し、暗所での撮影が強化されました。

ナイトモードではなく通常モードで夜の街並みを撮影してみましたが、暗い部分は暗く明るい部分は明るい写真になっています。

看板などは白飛びしていますが全体的なノイズは少ない印象です。

4800万画素の拡大暗所比較

1200万画素と4800万画素で撮った写真をそれぞれ拡大して比較してみると、ProRAW撮影は同じレベルで拡大しても文字は鮮明に写っていて繊細な質感を表現していることが分かります。

明るいところと暗いところがあり、ダイナミックレンジの広さが実力として出ている印象です。

ProRAW撮影は画質を劣化させずに、写真をトリミングできるので便利です。

超広角カメラ撮影の画質

iPhone 14 Pro超広角カメラ撮影

超広角カメラもさらに明るいレンズとなり、圧倒的な視野角となります。

大きな建物を近くから撮影しても建物全体を撮影することができ、スケール感溢れる描写が表現できます。

超広角カメラ

  • 画素数:1200万画素
  • 絞り:f/2.2
  • 焦点距離:13mm(120°視野角)

iPhone 14 Proカメラ性能 明暗差の大きい写真

明暗差の大きな写真は全体的にバランスが取れていて立体感があり、より自然に近く引き締まった写真になっている印象です。

画像編集していないにも関わらず空の青がやや濃く感じますが、不自然な色味には感じません。

iPhone 14 Pro夜景 超広角カメラ撮影

超広角カメラでの夜景撮影では、従来よりも明るく撮影できリアルさのある色合いになっています。

周囲が暗い場合でも、細部の表現が潰れない印象で良い雰囲気です。

望遠カメラ撮影の画質

超広角カメラと望遠カメラの違い

iPhone 14 Proは、iPhone 14にはない望遠カメラが搭載されています。

超広角カメラと違った雰囲気を出したいときや、遠くの風景を撮影したいときに活躍します。

超広角カメラ

  • 画素数:1200万画素
  • 絞り:f/2.8
  • 焦点距離:77mm

iPhone 14 Pro夜景 望遠カメラ撮影

同じ位置から、超広角カメラと15倍のデジタルズームで撮影し写真を比較してみました。

かなり遠い場所から撮影しているにも関わらず、鮮明な写真に仕上がっていて実用性が増しています。

iPhone 14 Proは望遠撮影時のデジタルズームの画質が向上していて、iPhone 13 Proと同様に最大15倍のデジタルズームですが、細かい部分の繊細感や表現が向上しています。

ポートレート撮影の画質

iPhone 14 Proポートレート撮影

背景ボケが使えるポートレートモードは、より自然な写真に仕上がるようになりました。

被写界深度効果によって、背景がよりぼけた写真を撮影できます。

iPhone 14 Pro ポートレートモードの画角

また、ポートレートモードでも1倍、2倍、3倍の3つの画角を選択できるようになり、撮れる写真の幅が格段に広がりました。

マクロ撮影の画質

マクロ撮影

iPhone 14 Proはマクロ撮影にも対応していて、被写体を至近距離から撮影が可能です。

マクロカメラは最大2cmまで寄って撮影できます。

マクロ撮影でも、解像感の高い描写が印象的です。繊細で深みのある写真になっています。

iPhone14 Proマクロ撮影比較

同じ位置からiPhone 14 ProiPhone 14で花を至近距離から撮影してみましたが、その差は歴然でiPhone 14 Proはくっきりと焦点が合った美しいクローズアップが撮影できます。

潰れることなく細かい部分まで表現できますが、iPhone 14 はマクロ撮影機能がないのでピントが合わなくなります。

マクロ撮影についても様々なシーンで活用することができ、撮れる写真の幅が広がります。

まとめ

iPhone 14 Proは日常シーンを、誰でも気軽に綺麗で満足度の高い写真を撮影することが可能です。

4800万画素カメラでのProRAW撮影は、より繊細で綺麗な写真を残すことができます。

手軽さ身軽さのあるiPhone。カメラ性能の向上だけでなく、新たな機能が追加されてさらに使い勝手がよくなりました。

配信やSNSへの写真の投稿、Vlogで動画を中心に撮影する人にとっては、iPhone 14 Proは買い替えの理由になると感じられます。

 

おすすめ記事

iPhone 14 Pro レビュー 1

新型iPhone14 Proを実際に使って感じた気になる進化ポイントと弱点をレビューします。ダイナミックアイランド(Dynamic Island)の操作感や実用性、常時表示ディスプレイのバッテリー持ちも解説。カメラ性能強化、衝突事故検出機能など便利な新機能も多数搭載されました。

AirPods Pro2 レビュー 2

新型AirPods Pro(第2世代)を実際に使って感じた気になる進化をレビューします。AirPods Pro2は買うべきか解説。最新のH2チップを搭載し強力なノイズキャンセリング性能、進化した外部音取り込みモード、便利な新機能の搭載など驚異的なアップデートを遂げました。

Apple Watch Series 8使用レビュー 3

Apple Watch Series 8に追加された新機能や実際の使用感をまとめました。皮膚温センサーの搭載、衝突事故検知機能、バッテリー持ちの改善など新型モデルに搭載された機能を有効活用し便利な使い方を徹底解説していきます。Series 6からの買い替えにはおすすめ。

ガジェット晒し_画像 4

普段の生活に取り入れて毎日のように使っている、買ってよかった便利なガジェットや家電を紹介していきます。いまの生活をより快適にできるような、おすすめのアイテムをまとめています。価値が還元されて元が取れるガジェットは生活満足度が格段に上がります。最新ガジェットや家電で生活に快適さやクリエイティブを。

PS5とテレビ 5

PS5のスペック性能に最適なテレビの選び方とおすすめの最新型4Kテレビを紹介していきます。テレビ次第でより高画質で滑らかな、次世代の最高品質なグラフィックを体感することができます。PS5をお持ちの方やこれから購入を検討している方、テレビの買い替えを検討している方は必見です。

-iPhone
-,

Copyright© motifyublog , 2022 All Rights Reserved.