Mac Studio

Mac

新型Mac「Mac Studio」スペック・特徴まとめ【M1 Ultra搭載】

2022年春のAppleイベントで「最高峰を解禁」を意味するハードウェアとして登場した、新たなデスクトップMacである「Mac Studio」

M1 Maxチップと新たにM1 Ultraチップが追加され、Mac Proより圧倒的に高速な処理性能となります。

Mac StudioはMac史上最もパワフルなチップを搭載しています。

この記事では、Mac Studioの性能や特徴を徹底解説していきます。

Mac Studioが気になっている方、購入を検討している方は参考にしてください。

Mac Studioの特徴まとめ

MacStudio使い方

Mac Studioはどのようなモデルなのか特徴をまとめていきます。

特徴まとめ

・コンパクトなハイエンドモデル
・M1 Max / M1 Ultra搭載
・豊富なポートを搭載
・SDカードスロット搭載
・最大128GBユニファイドメモリ
・ストレージは最大8TB
・高解像度の外部出力サポート
・新ディスプレイ「Studio Display」登場
・3月9日予約開始、3月18日発売
・価格は24万9800円~

詳しく解説していきます。

コンパクトなハイエンドモデル

MacStudioコンパクト

Mac Studioは、コンパクトで高性能なハイエンドモデルのMacとなります。Mac miniより少し高さのある筐体です。

ポイント

コンパクトなボディでも優れた性能を搭載したモデルです。

MacStudio排熱

コンパクトなデザインですが、排熱性能に優れています。また、静音性と冷却性能を両立させます。

M1 Max / M1 Ultra搭載

M1 MaxとM1 Ultra

Mac Studioは、M1 MaxチップモデルとM1 Ultraチップモデルから選択できます。

M1シリーズ最後のチップとなる最上位モデルのM1 Ultraチップが登場しました。M1 Ultraチップは、ウルトラフュージョンアーキテクチャが採用され、2つのチップを1つにすることが可能となりました。

ポイント

M1 Maxチップを2基搭載したようなプロセッサで、CPUは20コアGPUは最大64コアとなりM1 Maxチップの2倍のコア数です。

処理性能は現行のMac Proよりも1.5倍以上高速となります。また、iPad ProMacBook Proに搭載されているM1チップの8倍高速となっており、16コアのデスクトップPCに比べ約65%低消費電力となっています。

Mac Proより90%高いCPU処理性能

8K映像やPro Res映像が再生可能なプロ向けマシンとなります。

チップ性能まとめ

  • M1 Maxチップ

・8つの高性能コアと2つの高効率コアを搭載した10コアCPU
・24コアGPU
・16コアNeural Engine
・400GB/sのメモリ帯域幅

  • M1 Ultraチップ

・16の高性能コアと4つの高効率コアを搭載した20コアCPU
・48コアGPU
・32コアNeural Engine
・800GB/sのメモリ帯域幅

豊富なポートを搭載

MacStudio前面ポート

外部ポートも充実しており、前面にはUSB-CポートとSDXCカードスロット(UHS-II)が搭載されています。

外部ポート

背面ポート

・Thunderbolt 4×4
・USB-Aポート(最大5Gb/s)×2
・HDMIポート
・10Gb Ethernet
・3.5mmヘッドフォンジャック

前面ポート

・SDカードスロット(UHS-Ⅱ)
・Max:USB-Cポート(最大10Gb/s)×2
・Ultra:Thunderbolt 4ポート(最大40Gb/s)×2

MacStudio背面ポート

背面も豊富なポートを搭載しており、Thunderbolt 4のポートが4つ、10Gb EthernetポートやUSB-Aが2つ、HDMIとヘッドホンジャック(ハイレゾ対応)が搭載と高い拡張性を持ちます。

メモリは最大128GB、ストレージは最大8TB

MacStudioストレージ

メモリは最大128GB、ストレージは最大8TBとなります。

メモリは以下のとおりです。

M1 Max 32GB/64GB
M1 Ultra 64GB/128GB

ストレージは以下のとおりです。

M1 Max 512GB/1TB/2TB/4TB/8TB
M1 Ultra 1TB/2TB/4TB/8TB

ストレージの転送速度が最大7.4GB/sとなり非常に速い転送が可能となります。

高解像度の外部出力サポート

MacStudio複数ディスプレイ対応

Mac Studioは、最大5台のディスプレイを同時にサポート可能です。

ポイント

USB-C経由:6K60Hz

HDMI経由:4K60Hz

USB-C経由で最大4台のPro Display XDRをサポート可能となります。

新ディスプレイ「Studio Display」登場(別売)

A13搭載Studio Display

新ディスプレイの「Studio Display」は5K解像度の27インチディスプレイです。

iPhone11に搭載しているA13 Bionicチップが搭載していて、内蔵カメラの処理性能を高め、センターステージにも対応しました。

ポイント

・A13 Bionicチップ搭載
・1200万画素超広角カメラ搭載
・センターフレームでビデオ通話可能
・3基のマイクアレイを搭載
・2つの高性能ツイーター搭載
・4基のフォースキャンセリングウーファー搭載
・空間オーディオをサポート
・VESAマウントで縦置きに対応

原音を忠実に再現できる6スピーカーを搭載しており、空間オーディオに対応して立体的なサウンドを再生できます。

また、Thunderbolt 4ポートから96Wの電力を供給することが可能で、MacBook Proの高速充電に対応しています。

3月9日予約開始、3月18日発売

MacStudio2022

Mac StudioとStudio Displayの予約開始日と発売日は以下のとおりです。

予約開始日・発売日

予約開始日:2022年3月9日

発売日:2022年3月18日

価格は24万9800円~

MacStudioデザイン

Mac Studioの価格はM1 Maxモデルが249,800円からM1 Ultraモデルが499,800円からとなります。(Apple公式価格)

M1 MaxモデルはMacBook Pro 16インチよりコスパが高いとされます。

また、Studio Displayの価格は、199,800円からです。

まとめ

Appleの新型デスクトップMac「Mac Studio」が登場しました。

ポイント

コンパクトなデザインながらも高い性能を持ち、拡張性に優れていることが特徴です。

新たに登場したM1 Ultraチップは、16の高性能コアと4つの高効率コアを搭載した20コアCPUと最大64コアGPU、32コアNeural Engineで、最上位モデルのMac Proを超える高い処理性能を持つMacです。

Source: Apple

 

おすすめ記事

AirPods Pro2デザイン 1

AirPods Pro(第2世代)に関する最新情報が続々と登場してきたのでデザイン、新機能などスペックや発売日をまとめました。海外メディアの噂や予想を徹底解説します。次世代のAirPods Proは大幅なモデルチェンジが期待されています。今、AirPods Proを買うか悩んでいる方は参考にしてください。

iPhone14_2022_new 2

iPhone14に関する情報が続々と登場してきたのでまとめました。2022年向けの新型チップ A16 Bionicが開発中との噂です。4K 120Hz(LTPO OLED)ディスプレイが搭載し、デザインが大幅アップグレードされフルモデルチェンジが期待されます。またカメラスペックなど最新情報を徹底解説していきます。

PS5とテレビ 3

PS5のスペックに最適なテレビの選び方とおすすめの最新4Kテレビをまとめました。HDMI2.1、4K120Hz、VRR、ALLM、eARC対応モデルを紹介。PS5をお持ちの方やこれから購入を検討している方、テレビの買い替えを検討している方は必見です。最適なテレビで次世代の最高品質なグラフィックを体感できます。

ガジェット晒し_画像 4

普段の生活に取り入れて毎日のように使っている、買ってよかった便利なガジェットや家電を紹介していきます。いまの生活をより快適にできるような、おすすめのアイテムをまとめています。価値が還元されて元が取れるガジェットは生活満足度が格段に上がります。最新ガジェットや家電で生活に快適さやクリエイティブを。

-Mac
-

Copyright© motifyublog , 2022 All Rights Reserved.