iPad Air vs iPad Pro

iPad

新型iPad Air 5とiPad Pro、どっちがおすすめ?【違いを徹底比較】

Appleから新たに、第5世代となるiPad Airが登場しました。

iPadシリーズの中でも、性能と価格のバランスが良く一番コスパの高いモデルです。

iPad Air 第4世代は2020年秋に発売しましたが、最新モデルであるiPad Air 第5世代はiPad Proと同じM1チップを搭載し、2022年春に約2年ぶりにアップデートされました。

多くの人が悩むと思われるのがiPad Proとの比較です。iPad Air 5を購入しようとしている人はiPad Proも比較対象になってくると思います。

この記事では、新型iPad AirとiPad Proの違いについて徹底比較し解説していきます。

新型iPad AirとiPad Pro 11インチモデル、iPad Pro 12.9インチモデルでの比較検討で迷っている方は購入の参考にしてください。

新型iPad Air 5とiPad Proの違いを徹底比較

iPad Air とiPad Pro比較

新型iPad Air 5とiPad Proの違いを比較してまとめました。

細かく比較していくと見えてくるものが多くあります。

 

iPad Air(第5世代)

iPad Pro 11インチ

iPad Pro 12.9インチ

ディスプレイ 10.9インチ
Liquid Retina
2,360 x 1,640ピクセル
264ppi
500ニトの輝度
11インチ
Liquid Retina
2,388 x 1,668ピクセル
264ppi
最大600ニト
12.9インチ
Liquid Retina XDR
2,732 x 2,048ピクセル
264ppi
最大1,000ニト、ピーク輝度1,600ニト
ProMotion
プロセッサ M1 M1 M1
メモリ 8GB 8GBまたは16GB 8GBまたは16GB
ストレージ 64GB
256GB
128GB
256GB
512GB
1TB
2TB
128GB
256GB
512GB
1TB
2TB
背面カメラ 12MP広角カメラ(f/1.8) 12MP広角カメラ(f/1.8)
10MP超広角カメラ(f/2.4)
LiDARスキャナ
12MP広角カメラ(f/1.8)
10MP超広角カメラ(f/2.4)
LiDARスキャナ
フロントカメラ 12MP(f/2.4)
超広角フロントカメラ
12MP(f/2.4)
TrueDepthカメラ
12MP(f/2.4)
TrueDepthカメラ
スピーカー ステレオスピーカー 4スピーカー 4スピーカー
生体認証 Touch ID Face ID Face ID
バッテリー ビデオ再生(Wi-Fi):
最大10時間
ビデオ再生(Wi-Fi):
最大10時間
ビデオ再生(Wi-Fi):
最大10時間
通信 5G(Sub6)
Wi-Fi 6(802.11ax)
Bluetooth 5.0対応
5G(Sub6)
Wi-Fi 6(802.11ax)
Bluetooth 5.0対応
5G(Sub6)
Wi-Fi 6(802.11ax)
Bluetooth 5.0対応
充電端子 USB-C USB-C
(Thunderbolt / USB 4対応)
USB-C
(Thunderbolt / USB 4対応)
重量 Wi-Fi:461g
Cellular:462g
Wi-Fi:466g
Cellular:470g
Wi-Fi:682g
Cellular:685g
本体カラー スペースグレイ
スターライト
ピンク
パープル
ブルー
シルバー
スペースグレイ
シルバー
スペースグレイ
価格 74,800円~ 94,800円~ 129,800円~

iPad Proとの機能差は主にProMotion、ミニLEDを搭載したLiquid Retina XDR、LiDAR、デュアルカメラ、4スピーカー、Thunderbolt 4の対応です。上位モデルなりの違いがあります。

iPad Airのストレージ容量の選択によっては、iPad Pro 11 インチモデルが購入できることになります。

詳しく違いを解説していきます。

ディスプレイ

iPad Pro画面端

ディスプレイで、新型iPad Air 5とiPad Proで違うポイントは主に画面の大きさとパネル性能です。

新型iPad Air 5(10.9インチ)はLiquid Retinaディスプレイが採用されています。True Tone、P3の広色域、反射防止コーティングに対応していて画面の美しさと持ち運びやすさが魅力です。

ただし、リフレッシュレートが最大120Hzの「ProMotionテクノロジー」には対応していません。つまり画面のリフレッシュレートは60Hzです。

最初に120HzのiPad Proに触れてしまうと、滑らかな画面の快適さ故にiPad Proを選びたくなってしまうくらいに60Hzと120Hzの差は大きいのです。

ポイント

新型iPad Air 5には、ProMotionテクノロジー、ミニLEDを搭載したLiquid Retina XDRは採用されていません。

Apple Pencilで絵を描く際は、ProMotionに対応しているとより快適です。

iPad Pro_イラスト制作

軽快なレスポンスにより、紙に上質な鉛筆で書いているような感覚になります。本格的なイラスト制作をする方ならProMotion対応モデルがおすすめです。

リフレッシュレートが高いので、Webブラウジングも画面が非常に滑らかな動きで快適です。

YouTubeやAmazonプライムビデオHuluなどの動画配信サービスで、より綺麗な映像を楽しみたい方はミニLEDを搭載したLiquid Retina XDRディスプレイを採用しているiPad Pro 12.9インチモデルがおすすめです。

Huluの無料トライアル

12.9インチモデルのほうがより綺麗というだけで、新型iPad Air 5も十分すぎるほどの綺麗なディスプレイです。

ポイント

新型iPad Air 5は十分綺麗なディスプレイです。より高画質と映像美を求めるならiPad Proが最適です。

サイズ感・デザイン

ipadOS15

新型iPad Air 5はiPad Proと同じく、ホームボタンのないフルスクリーンディスプレイでフラットなデザインになっています。

iPad(第9世代)のみ昔から変わらないデザインでホームボタンが搭載されています。

新型iPad Air 5はスペースグレイ、スターライト、ピンク、パープル、ブルーの5色から選ぶことが可能ですが、iPad Proはシルバー、スペースグレイの2色展開となります。

ポイント

新型iPad Air 5はカラーバリエーションが豊富で、iPad Proと同じフラットなデザインが採用されています。

サイズ感的には、新型iPad Air 5(10.9インチ)iPad Pro 11インチモデルもほぼ同じサイズ感で、大体B5サイズとなりコンパクトなので持ち運びしやすいです。

iPad ProとA4用紙比較

iPad Pro 12.9インチモデルA4サイズのコピー用紙とほぼ同じサイズ感で、巨大な板のようなイメージです。

A4の用紙が入るバッグなら十分に持ち運びが可能です。ただし、iPad Airの重さは461g、iPad Pro 11インチモデルの重さが466g、iPad Pro 12.9インチモデルの重さが682gとなります。(重量はWi-Fiモデル)

iPad Air 461g
iPad Pro 11インチ Airより5g重い
iPad Pro 12.9インチ Airより221g重い

ポイント

持ち運ぶことを考えるとiPad AirかiPad Pro11インチモデルが最適です。

CPUスペック

M1_iMac

新型iPad Air 5と最上位モデルのiPad Proは同じM1チップが搭載されています。

M1チップはA14 Bionic(前モデルのiPad Air)と比べ処理速度が60%高速化し、GPUは従来の2倍速くなりました。

M1チップは複数のアプリを同時に使っても快適で、グラフィックが綺麗なゲームも快適にプレイできます。

iPadで最新ゲーム

また、新型iPad Air 5はメモリが8GB搭載されています。iPad Proはストレージ容量が128GB、256GB、512GBのモデルはメモリが8GBで、1TB、2TBのモデルはメモリが16GB搭載されています。

iPad Air 5 iPad Pro
Apple M1チップ
CPU:8コア
GPU:8コア
RAM:8GB
Neural Engine
Apple M1チップ
CPU:8コア
GPU:8コア
RAM:16GB(1TB~2TBモデル)
Neural Engine

同じM1チップでもメモリを16GBまで増量できるなど、まだiPad Proの方がパワフルです。

カメラ性能

iPad AirとiPad Proカメラ比較

新型iPad Air 5は、広角カメラのみのシングルカメラですが、iPad Proは広角カメラと超広角カメラのデュアルカメラとなり、さらにはLiDARスキャナ、LEDライトを搭載しています。

新型iPad Air 5は、122度視野角の1200万画素超広角カメラをフロントカメラに搭載しました。センターフレーム対応のため、ビデオ通話をする際に被写体が動いても常に画面のフレーム内に納めます。

主な違いは以下のとおりです。

  iPad Air 5 iPad Pro
カメラ構成 広角カメラ 広角+超広角カメラ
カメラ 12MP広角(f/1.8) 12MP広角(F/1.8)
10MP超広角(F/2.4)125度視野角
LiDARスキャナ
TrueDepthカメラ
2倍の光学ズームアウト
スマートHDR 3
4Kビデオ撮影
ステレオ録音
LEDライト

ポイント

カメラ性能は大幅にiPad Proがリードしています。

iPad Pro2021_動画撮影

ほとんどの人がiPadよりiPhoneで撮影をすると思いますが、iPadは撮影した写真や映像を大画面ですぐ確認ができます。さらにiPad Pro 12.9インチモデルではミニLEDディスプレイを搭載しているため、より立体的で自然な映像を表示できます。

バッテリー性能

タブレット充電

バッテリー性能については違いはありません。どちらもUSB-Cポートを搭載していて急速充電にも対応しています。

  iPad Air 5 iPad Pro
Wi-Fi時 10時間 10時間
モバイル時 9時間 9時間
充電端子 USB-C USB-C

iPad Pro 12.9インチモデルは画面が大きい分、バッテリー容量も多くなっています。しかし、ずば抜けて電池持ちが良いわけではありません。

USB-Cポートと拡張性

iPad Air Usb

新型iPad Air 5はUSB-Cポート(USB 3.1 Gen 2)が搭載されていますが、iPad ProではUSB 4に対応するThunderboltポートが搭載されています。

より高速な通信が可能となります。データの同期や転送速度が高速化するので、MacBook Proに近い仕様となります。

ポイント

iPad Proはファイル転送が高速化し、高速ストレージや高画質ディスプレイへの接続に対応しています。

Thunderbolt 3に対応していると、6Kディスプレイや高速の外付けSSDもしっかり活かせます。

Thunderbolt 3の特徴

USB-C端子を使用し、Thunderbolt 3の通信を行うと最大40Gbpsの転送速度を実現します。USB-CでもあるUSB3.1の転送速度は10Gpbsであるため、4分の1の時間でデータを転送できます。

外付けSSDなどの外部ストレージやモニターなどに接続したい方はiPad Proが最適です。

内蔵スピーカーの位置

iPad AirとiPad Proのスピーカーの位置比較

新型iPad Air 5は横向きの2スピーカーオーディオが搭載されていますが、iPad Proは本体のサイドに4スピーカーオーディオが搭載されているのでより高音質となります。

ポイント

iPad Air:2つのスピーカーを搭載

iPad Pro:4つのスピーカーを搭載

iPad Proの方が低音域が安定していて、より立体的な音となります。HDRに強力なスピーカーで映画や音楽を楽しめます。

iPadのスピーカーで映画や音楽をより良い音で楽しみたい方に最適なのはiPad Proです。

電源ボタン内蔵Touch IDとFace ID

指紋認証と顔認証

新型iPad Air 5とiPad Proはロック解除(認証方式)が違います。

ポイント

  • iPad Air 5は電源ボタン内蔵のTouch ID(指紋認証)を搭載
  • iPad Proはディスプレイ上部にFace ID(顔認証)を搭載

Touch IDは認証速度がFace IDよりも速く、素早いロック解除が魅力的で、マスクを着用したままでもロック解除が可能ですが手袋をつけていたり指が湿っていると認識しません。

Face IDはiPadを正面に向けて持てば簡単にロック解除ができます。また、認証の信頼度はTouch IDより圧倒的に高いです。しかし、マスクを着用したり顔が覆われると認証できません。

顔認証Face ID失敗

また、iPadを横持ちすると手でカメラを隠してしまうこともあります。

  Touch ID Face ID
認証方法 指紋認証 顔認証
誤認識を起こす確率 5万分の1 100万分の1

どちらも一長一短ありますが、Touch IDの方がiPadでのロック解除では便利だと感じます。

価格の違い

iPad Air5とiPad Proの比較

新型iPad Air 5は、74,800円から購入が可能です。また、iPad Pro 11インチモデルは、94,800円から購入可能で256GBのProモデルとの差額は14,000円となります。

また、新型iPad Air 5は2020年に発売されたiPad Air 4よりも値上げされています。

ストレージ容量と価格をまとめました。

iPadシリーズ価格比較

※上記価格はすべて公式価格(Wi-Fiモデル)となります。

ポイント

性能と価格のバランスが良く、コスパが高いのがiPad Airですが、Proとの差額は14,000円です。

コスパ重視なら十分なスペックを搭載したiPad Airが最適です。よりクリエイティブな作業やプロ向けの仕様を求めるならiPad Proが最適です。

まとめ:新型iPad Air 5とiPad Proはどっちが良いか?

M1チップを搭載した最新モデルのiPad Air(第5世代)iPad Proの違いを比較し徹底解説しました。

新型iPad Air 5はiPad Proよりも価格が安く十分な性能を搭載しています。より優れた性能を求めるならiPad Pro一択となります。

性能と用途別に目安で比較すると以下のとおりです。

iPad用途別比較表

スペックだけでなく、買った後どう使うのかも重要となっていきます。

自分自身に合ったiPadを選んで快適なタブレット生活を送ってください。

Source: Apple

 

おすすめ記事

AirPods Pro2デザイン 1

AirPods Pro(第2世代)に関する最新情報が続々と登場してきたのでデザイン、新機能などスペックや発売日をまとめました。海外メディアの噂や予想を徹底解説します。次世代のAirPods Proは大幅なモデルチェンジが期待されています。今、AirPods Proを買うか悩んでいる方は参考にしてください。

iPhone14_2022_new 2

iPhone14に関する情報が続々と登場してきたのでまとめました。2022年向けの新型チップ A16 Bionicが開発中との噂です。4K 120Hz(LTPO OLED)ディスプレイが搭載し、デザインが大幅アップグレードされフルモデルチェンジが期待されます。またカメラスペックなど最新情報を徹底解説していきます。

PS5とテレビ 3

PS5のスペックに最適なテレビの選び方とおすすめの最新4Kテレビをまとめました。HDMI2.1、4K120Hz、VRR、ALLM、eARC対応モデルを紹介。PS5をお持ちの方やこれから購入を検討している方、テレビの買い替えを検討している方は必見です。最適なテレビで次世代の最高品質なグラフィックを体感できます。

ガジェット晒し_画像 4

普段の生活に取り入れて毎日のように使っている、買ってよかった便利なガジェットや家電を紹介していきます。いまの生活をより快適にできるような、おすすめのアイテムをまとめています。価値が還元されて元が取れるガジェットは生活満足度が格段に上がります。最新ガジェットや家電で生活に快適さやクリエイティブを。

-iPad
-,

Copyright© motifyublog , 2022 All Rights Reserved.