noindexタグエラー対処法

ブログ運営

Search Console「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」対処法

今回はブロガーに向けた内容です。

突然「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」と表示された方や、GoogleのSearch Console(サーチコンソール)から以下のメールが届いた方は必見です。

メール内容

私は、このメールが届いてまず意味が分からず、問題解決することが困難でした。

試行錯誤した結果、改善することができました。

 

よく分からないからと放置している方や、ネットで対処法を調べて実施したけど改善されなかった方がいるのではないでしょうか。

今回は、このエラーの意味と改善方法を簡単に解説していきます。

注意ポイント

『Google XML Sitemaps』のプラグインを使用している方は必ずこのエラーに遭遇します。

早めの改善がおすすめです。

 

「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」のエラーの意味

ガバレッジ エラー

このエラーは、サイトマップで送信されたページに「noindexのディレクティブ」のメタタグが設定されているため出力されます。

(なるほど。さっぱり分かりませんね。)

つまりは検索エンジンに登録しない設定になっているよ。ということです。

サイトマップとは

サイト全体のページの構成を地図のように一覧で記載しているページのことです。サイトマップは読者や検索エンジンにサイトを巡回しやすくする役割があります。

 

サイトマップで送信されるページは、サイト内で検索エンジンにインデックスさせるページを送信します。

インデックスとは

インデックスされている状態は、Googleが検索結果に表示する(登録された)状態です。インデックスされていないと検索してもページは表示されません。

 

「noindex」とはつまり「インデックスしない」ということです。

検索エンジンにインデックス登録しないように指示してあるタグであるnoindexが設定されているのでエラーとなります。

カバレッジとは?

ブログ初心者の方は普段聞き慣れない用語だと思います。

カバレッジとは

簡単に言うと、サイト内のインデックス状況を知ることができます。

ページのインデックスについての状況をチェックできます。

Googleの検索から集客を得たい場合は、正しくGoogleの検索エンジンにインデックスさていることが重要です。

 

エラーを放置するデメリット

基本的にサイトでのエラーは改善することを強くおすすめします。

改善する必要があるからエラーを出すのです。

 

エラーにより、貴サイトのページまたは機能が検索結果に表示されなくなる可能性があります。貴サイトでは、以下のエラーが検出されました。

送信されたURLにnoindexタグが追加されています

メール文章の内容にも記載されているとおり、Google検索結果で悪影響を受ける可能性があります。

放置ではなく必ず問題を解消しましょう。

サイトのエクスペリエンスやGoogle検索結果での表示を最適化できます。

エクスペリエンスとは

直訳すると「体験」です。簡単に言うと、このサイトが「いつ」「なにを」「どのように」したか。つまりサイトが経験してきたデータですね。

 

「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」エラー対処法

エラーの対処法は①~③までありますがすべて実行しなくても改善される場合があります。

しかし私はすべて実行したらエラーが直ったので解説していきます。

 

①XML-Sitemapの設定を変更する

WordPressのダッシュボードメニュー『設定』から『XML-Sitemap』で「基本的な設定」を確認します。
HTML形式でのサイトマップを含めるのチェックボックスのチェックが付いてる場合は外します。

チェックを外す

外したら『設定を更新』で完了です。

 

②All in One SEOのNoindex設定を変更する

All in One SEOのプラグインを使用している方は、以下のとおり設定をします。

All in One SEO⇒一般設定⇒Noindex設定

カテゴリーにnoindexを使用する にチェックがあれば外します。

カテゴリーとタグ

 

また、All in One SEOのXML サイトマップで以下のとおり設定をします。

タクソノミーのタグのチェックを外します。

タグ設定

③タグの設定『スラッグ』を見直す

ブログを投稿する際にタグを設定するかと思いますが、スラッグをすべて半角小文字と英数字、ハイフンを使用します。

スラッグ

スラッグはURLに適した形式の名前です。

通常はすべて半角小文字で、英数字とハイフンのみが使われます。

エラーの回復

私の場合は①~③まで行ったところ、エラーが回復しました。

 

Search Consoleで『修正を検証』をする

検証合格

修正が完了したら、Search Consoleの画面で『修正を検証』をします。カバレッジエラーを修正したことをGoogleに知らせます。

数日~1週間以内に修正後の結果がメールで送られてきます。

 

検証:合格となれば無事完了です。

以上、参考になれば幸いです。

おすすめ記事

1

新型iPhone13についてデザイン、CPU、ディスプレイ、新機能などスペックや発売日をまとめました。カメラ機能が大幅に向上し写真や動画の機能が進化しました。最新のA15 Bionicチップ搭載により、さらに快適な操作が可能となり優れたパフォーマンスを発揮するiPhone。

新型iPad Pro 2021 2

iPad Pro 2021年最新モデルの実機レビューまとめ。デザインやサイズ感、ミニLEDディスプレイの特徴、M1チップ性能やカメラスペック、新機能を徹底解説します。買うべきか悩んでいる方、購入を検討中の方は参考にしてください。iPad Pro第5世代は従来モデルと比較し確かにAppleの主張する性能を備えていました。

PS5とテレビ 3

PS5のスペックに最適なテレビの選び方とおすすめの最新4Kテレビをまとめました。HDMI2.1、4K120Hz、VRR、ALLM、eARC対応モデルを紹介。PS5をお持ちの方やこれから購入を検討している方、テレビの買い替えを検討している方は必見です。最適なテレビで次世代の最高品質なグラフィックを体感できます。

-ブログ運営
-

Copyright© motifyublog , 2021 All Rights Reserved.