動画編集ソフト

ブログ

【2021年】おすすめの動画編集ソフト3選【無料・有料】

こんにちは、もちふゆ(@yumaed72)です。

動画撮影、動画編集をよくやっています。

 

ここ数年で動画というのはどんどん需要が増えてきています。

お家時間が増えたことで、スマホやタブレットで動画を見る方がさらに増えました。

 

YouTubeやインスタグラム、Tiktokなどの配信の需要が増えてきたことで、動画編集をすることができるソフトが多く登場しています。

映像技術を向上させるために必須なのが「動画編集ソフト」です。

 

動画編集に必要なすべての機能がそろっていて使いやすい動画編集ソフトをご紹介します。

最近では、動画へのテキスト挿入、トリミングなどの簡単な編集であればスマホの無料アプリで可能です。

この記事で言う「動画編集」とはクリエイター向けの本格的な動画編集をいいます。

【無料】AviUtl

AviUtl画面

無料ソフトで動画編集するなら「AviUtl」一択です。

 

高機能でかなり使いやすい動画編集ソフトといえます。

動画編集で必要となる機能はすべて揃っていると言えるレベルです。

対応環境 / スペック

対応環境

Windows95~10対応(Mac、Linux、Unixには基本非対応)

CPU:Corei5以上(Corei7推奨)

メモリ:8GB以上(16GB~推奨)

動画編集はCorei7のCPUを搭載していると、非常に快適な動画制作ができます。

動画の書き出しにはCPUを使用するのでCorei5だと高度な動画編集をすると動作困難になる可能性があります。

4K動画制作にはメモリは32GB必要となります。(16GBは厳しかったです...)

動画の書き出しの際はCorei7 (CPU負荷90%)で5分の動画を15~25分(拡張 x264 出力GUI)で書き出します。

※動画を編集した後、出力することを「エンコード」と呼びます。

AviUtlでできること

無料ソフトとは思えないほど多彩な機能がそろっています。

基本何でもできるイメージでOKです。

ただし、画面はシンプルですが操作はかなり難しいです。(すべてを調べながら慣れていくスタイルです)

 

AviUtlでできること

  • 動画にテキスト、画像、動画、図形、音声などを合成
  • 動画にモザイク、ぼかし、色調調整、シーンチェンジなどのフィルタ
  • 動画の解像度、フレームレートの変更
  • 動画のトリミング、リサイズ、音声の入れ替え、位置調節
  • 動画と動画の連結
  • プラグイン追加で機能を追加
  • 様々なファイルを読み込める(MP4,MP3,WAVなど)

 

プラグインが豊富にあり、拡張性が非常に高いです。

機能が多く、動画の基本編集はこのソフトだけで良いレベルです。

デメリットとしては操作性の面で初心者だとかなりハードルが高いです。

編集設定や書き出し、動画の画質などでも細かな設定を行うので慣れるまでに時間が掛かりますね。

 

無料ダウンロードサイトはこちら

【有料】Adobe Premiere Pro

Adobe Premiere Pro

Adobe Premiere Pro(プレミアプロ)は最高峰の動画編集ソフトです。

Adobe Premiere Proの価格について

ソフトは買い切りではなく月額制となります。

価格は以下のとおりです。

Adobe Premiere Pro - 単体プラン

毎月2,480円 (税別)

年間プランであれば26,160円/年(税別)ですね。

ソフトを買ったら永遠と使えるわけではなく、更新する必要があります。

 

対応環境 / スペック

Premiere Proは編集するパソコンのスペックも高くないと動作が困難となりますので、パソコンのスペックには注意が必要です。

 

対応環境

CPU:Intel 第6世代以降のCPU(または同等のAMD CPU)

OS:Windows10(64bit)またはmacOS v10.13 以降

メモリ:8GB以上(4Kは32GB)

動画編集では基本Corei7のCPUを搭載することをおすすめします。

4K動画の制作に関してはメモリは32GBが推奨されています。

Premiere Proでできること

Premiere Proは動画編集に特化しています。世界中のプロもこのソフトを使うことで有名です。

使い方は複雑ですが、高度で細かな動画編集をすることができます。

 

Premiere Proでできること

  • 動画にテキスト、画像、動画、図形、音声などを合成
  • 動画に様々なエフェクト追加
  • 動画間の切り替え(トランジョン)
  • 動画のトリミング、リサイズ、音声の入れ替え、動画速度調整
  • テロップ作成
  • VR動画の編集
  • 様々なファイルを読み込める(MP4,MP3,WAVなど)

また、YouTube用への動画の書き出し、DVDへの書き出しも可能です。

よくYouTubeの動画でシーンを自然に繋ぐ編集がされていますが、Premiere Proなら動画間のトランジョン(動画の移り変わり)を綺麗に表現し編集できます。

 

様々な機能が豊富で、動画制作をする際に凄まじいパワーを発揮するソフトです。

しかしながら、アニメーションの作成などの動画加工はできません。あくまで動画編集です。

 

Premiere Proは映画やTV番組、CMなどたくさんのクリエイターが愛用するソフトウェアです。

 

購入サイト(詳細)はこちら

【有料】GOM Mix Pro【無料版もあり】

動画編集画面

GOM Mix Proは初心者からプロまで安定して使える動画編集ソフトです。

機能は豊富で様々な設定があるのに、非常に簡単に使えるというところが最大のメリットです。

 

GOM Mix Proの価格について【安い】

プロ並みの動画編集が簡単にできる動画ソフトのわりに価格が安いです。

価格は下記のとおりです。

・無制限ライセンス(1回購入すれば無制限使用可)

5,500円 (税込) 今なら40%OFFで3,300円(税込)

・期限ライセンス 30日分

500円 (税込) 今なら16%OFFで420円(税込)


月額で購入しても420円です。無制限(永久)ライセンスも3,000円で動画編集ソフトが使えるのは安価です。

有料でも良いので何か良いソフトがあるかと探している方には非常におすすめのソフトです。

GOM Mix Proの無料版と有料版の違い

無料版もありますが、有料版と比べて機能の制限がかかります。

無料版はお試し期間として使用する感じですね。

 

有料版は?

  • 制限なしてエンコードできる
  • 動画時間の制限がない
  • すべてのコンテンツが解除され全機能が制限なく使用できる

制限がかかるのは無料版の特徴ですが、まったく動画を制作できないことはありません。

どのレベル無料版が使えるのか試してみるのもアリです。

 

対応環境 / スペック

動画編集ソフトと言えば、重いソフトが多いです。

しかしながら、GOM Mix Proは比較的動画編集ソフトとしては軽いソフトです。

対応環境

CPU:Corei3(Intel 第6世代以降のCPU)以上

OS:Windows7~10(32/64bit)

メモリ:4GB以上

 

パソコンスペックはそこまで求められません。

そのわりに約100種類のフィルタを使用できたり、様々なフレームエフェクトが可能です。

 

GOM Mix Proでできること

クリックだけでプロ並みの動画が制作できてあっという間に動画が完成します。

YouTube動画や結婚式ムービーを簡単に作成できるのが最大のメリットです。

GOM Mix Proでできること

  • 動画にテキスト、画像、音声などを合成
  • 場面切り替え設定
  • 多彩なメディア、音源サンプルソース
  • オーバレイ、フィルター、テンプレート
  • アニメーション追加
  • 色調調整(彩度・明度・色相・露出など)

GOM Mix Proは機能が多いですが、非常に使いやすいソフトです。

動画編集を気軽に楽しみたい方におすすめです。

 

持続的なアップデートがあり、新たな機能が追加されたり、さらに使いやすい環境にアップデートされます。

また、テンプレートや素材もかなりありアップデート時に追加されますが、追加料金は一切掛かりません。

 

無料・有料版(詳細)はこちら👇

GOM Mix Pro

 

まとめ

ノートパソコンで動画編集

数々の動画編集ソフトがありますが、中でもこの3つは使いやすさ、操作性など様々な観点から見ても優秀なソフトです。

時間は有限です。

効率良く動画作品を制作できることが一番のポイントです。

 

以上、参考になれば幸いです。

おすすめ記事

iphone13 1

iPhone13に関する最新情報が続々と登場してきたのでデザイン、CPU、ディスプレイ、新機能などスペックや発売日をまとめました。発売を待つべきか悩んでいる方は必見です。120Hz(LTPO OLED)ディスプレイに対応する可能性やデザインの大幅アップデートが期待されています。

新型iPad Pro 2021 2

iPad Pro 2021年最新モデルの実機レビューまとめ。デザインやサイズ感、ミニLEDディスプレイの特徴、M1チップ性能やカメラスペック、新機能を徹底解説します。買うべきか悩んでいる方、購入を検討中の方は参考にしてください。iPad Pro第5世代は従来モデルと比較し確かにAppleの主張する性能を備えていました。

Apple Watch Series 6レビュー 3

Apple Watch Series 6の購入を検討している方や気になっている方は必見です。アウトドアや家の中で日常的に使ってわかった優れているポイントを解説します。ソロループについてや、新機能の血中酸素濃度測定や心電図アプリや常時表示Retinaディスプレイの明るさ、バッテリーや使用した新機能も紹介していきます。

-ブログ
-,

Copyright© motifyublog , 2021 All Rights Reserved.