Apple Watch Series 6

Apple Watch

Apple Watch Series 6最新情報まとめ 【発売日・スペック】

こんにちは、もちふゆ(@yumaed72)です。

今年のApple Watchはかなり期待です。

Appleイベントで、「Apple Watch Series 6」が発表されました。

発売日は9月18日(金)です。

気になっている方、買うか迷っている方は是非参考にしてください。

ちなみに私は、買います。

購入宣言します。「Apple Watch Series 6」買います。

その理由も含め、スペックと最新情報を紹介します。

 

Apple Watch Series 6発売日

Apple Watch 画面

iPhoneと同時期に毎年アップデートされる商品が「Apple Watch」となります。

2020年秋にはiPhone12シリーズも発売しますね。

 

現在、販売されているApple Watchはシリーズ5で、5世代目です。


Apple Watchの歴代モデルの発売日は以下のとおりです。

歴代発売日

  • Apple Watch (初代):2015年4月24日
  • Apple Watch Series 1,2:2016年9月16日
  • Apple Watch Series 3:2017年9月22日
  • Apple Watch Series 4:2018年9月21日
  • Apple Watch Series 5:2019年9月20日

 

Apple Watch Series 6発売日

2020年9月18日(金)

 

非常に楽しみです。

Apple Watch Series 6の新機能とスペック

Apple Watch正面

毎年新たなシリーズがリリースされ、年々進化を遂げているApple Watch。

今回のモデルはどのような新機能が搭載していくのか、非常に高まりますね。

詳しく解説していきます。

 

デザインは大きく変化しない

デザインに関しては、現行のモデルと大きく変わりません。

Apple Watch Series 1~Apple Watch Series 3までは同じデザインとなっていました。

 

次に大幅なデザイン変更があるのはSeries 7と予測されています。

 

MicroLEDディスプレイ

ディスプレイが有機ELから次世代ディスプレイであるMicroLEDになるのはSeries 7と予想されます。

現在のApple WatchやiPhoneには有機ELディスプレイ(OLED)が使用されています。

 

MicroLEDとは

有機ELを超える次世代の新技術で、有機ELよりさらに鮮明なカラーを表現でき、長寿命と省電力を実現します。

 

ディスプレイの輝度が高まることによって、屋外でも鮮明に画面を見ることができます。

今後、2020年後半~2021年にかけてiPhoneやiPadに導入されると推測されます。

 

S6チップで処理性能向上

Apple Watch Series 6はパフォーマンスがS6チップで大幅パワーアップしました。

アップデートされるたびにチップも最新になるので「S6チップ」が搭載されました。

ポイント

現行のApple Watch Series 5はSeries 4と性能はほぼ同じでした。今回は「S6チップ」で性能向上に期待できます。

 

ちなみに、「S5チップ」は64bitデュアルコアプロセッサです。

チップが進化すると、処理速度やグラフィック処理の性能だけではなく、小型化や低処理電力化などが実現されます。

 

耐水性能の向上

雨の日のApple Watch

現在のApple Watch Series 5でも水深50mの深さに耐えられる優れた防水性能があります。

雨の日は余裕ですね。また、プールでも活用できます。

水深50mの防水性能があったら十分と思いますが、ダイビングなどのハードな環境では故障の不安があります。

 

ポイント

Apple Watch Series 6は、よりアクティブな環境下でも耐えられるように耐水性能が向上します。

 

5G通信対応で高速通信化はSeries 7から?

5G時代に突入しましたが、新型Apple Watchでも通信がパワーアップするようです。

現在は「Wi-Fiモデル」と「Wi-Fi + Cellularモデル」があります。

 

参考

Wi-Fiモデルとは、通信はWi-Fi接続のみ利用可能

Cellularモデルとは、通信はWi-Fi4G,LTE回線を利用可能

Wi-Fiモデルの方が価格は安いですが、CellularモデルはiPhoneが近くになくても着信やマップなどの操作が可能です。

 

バッテリー性能の向上

Series 6は、CPUやディスプレイが低処理電力化されることで、電池の持ちが長持ちします。

また、バッテリー性能そのものが向上しました。

 

 

液晶の常時点灯をオフにすると、1回の充電で35時間~50時間ほど持つと言われています。

使い方によってバッテリー駆動時間がかなり変動するのですね。

単体での音楽再生をサポート

現行のApple Watchには単体での音楽再生機能は搭載されていません。

 

Series 6では?

Apple Watchさえあれば音楽を再生することができるようになりました。

 

便利な機能が追加されるのは非常に嬉しいですね。

 

まとめ

Apple Watch Series おすすめ

今出ている情報を簡単にまとめてみました。

Apple Watch Series 6最新情報

  • 本体デザインの大幅な変化なし
  • S6チップで処理性能向上
  • 耐水性能の向上
  • バッテリー性能の向上
  • 単体での音楽再生サポート

以上のとおりです。

Apple Watch Series 6では、様々な性能の向上がある印象です。

今年の新型Apple Watchは非常に高まりますね。

以上、参考になれば幸いです。

おすすめ記事

iphone13 1

iPhone13に関する最新情報が続々と登場してきたのでデザイン、CPU、ディスプレイ、新機能などスペックや発売日をまとめました。発売を待つべきか悩んでいる方は必見です。120Hz(LTPO OLED)ディスプレイに対応する可能性やデザインの大幅アップデートが期待されています。

新型iPad Pro 2021 2

iPad Pro 2021年最新モデルの実機レビューまとめ。デザインやサイズ感、ミニLEDディスプレイの特徴、M1チップ性能やカメラスペック、新機能を徹底解説します。買うべきか悩んでいる方、購入を検討中の方は参考にしてください。iPad Pro第5世代は従来モデルと比較し確かにAppleの主張する性能を備えていました。

Apple Watch Series 6レビュー 3

Apple Watch Series 6の購入を検討している方や気になっている方は必見です。アウトドアや家の中で日常的に使ってわかった優れているポイントを解説します。ソロループについてや、新機能の血中酸素濃度測定や心電図アプリや常時表示Retinaディスプレイの明るさ、バッテリーや使用した新機能も紹介していきます。

-Apple Watch
-,

Copyright© motifyublog , 2021 All Rights Reserved.