Apple Watchの選び方まとめ

Apple Watch

【2022年最新】Apple Watchの選び方まとめ【どれがおすすめ?】

Apple Watchは、健康管理など様々な用途で活躍する便利なスマートウォッチです。

多くの機能を搭載していて幅広い使い方ができますが、Apple Watchのモデルごとに機能や使い勝手が変わっていきます。

どのモデルを購入すれば良いのか気になる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、Apple Watchを買うときの選び方や注意点をまとめました。シリーズ、モデル、ケースサイズの比較などを徹底解説しています。

これから購入を検討している初心者の方に向けて、分かりやすく簡単に紹介します。

Apple Watchデビューをしたい方、Apple Watchの選び方で悩んでいる方は参考にしてください。

Apple Watchの選び方

Apple Watch選び方のポイント

Apple Watchはシリーズやサイズなどそれぞれ特徴や違いがあり、価格や使い勝手も大きく変わっていきます。

大前提として、Apple WatchはAndroidスマホでは使えません。Apple Watchのセットアップや連携にはiPhoneが必要となります。

Apple Watchセットアップやり方

Apple IDが設定されたiPhoneとペアリングすることで使えるようになるため、iPhoneを持っていない人は、まずはiPhone6s以降のモデルを用意しましょう。

Apple Watchを選ぶときのポイントは以下のとおりです。

ポイント

  • Apple WatchのSeries(世代)
  • Apple Watchのケースサイズ
  • Apple WatchのGPSとセルラーモデル
  • Apple Watchのケース素材
  • Apple Watchのバンド

Apple Watch選び方

Apple Watchを購入する際には、シリーズやサイズ、ケース素材などを決める必要があります。

Apple Watchは選ぶ要素が多すぎて複雑ですが、これらのポイントを順番に選んでいきましょう。

どのような選び方をすれば良いのか、これからApple Watchデビューをする方に向けて簡単に解説していきます。

Apple WatchのSeries(世代)

Apple Watchシリーズ違い

Apple Watchのナンバリングモデルの最新はApple Watch Series 8となり、毎年9月頃にAppleイベントが開催され新型モデルが登場しています。

毎年、新たな機能が追加されたり、性能が向上し進化していきます。

Apple Watchには大きく分けて3つのモデルがあります。

シリーズ

Apple Watch Series1~8:ナンバリングモデル

Apple Watch SE:機能を制限した廉価版

Apple Watch Ultra:高耐久、高性能ハイエンドモデル

Apple Watch Series 8ディスプレイ性能

Apple Watch Series1~8のナンバリングモデルの最新モデルであるSeries 8は皮膚温測定機能などが搭載されています。Series 7ではディスプレイの表示領域が拡大されたり耐久性が向上したりしています。Series 6では血中酸素濃度の測定、睡眠管理など機能が追加されシリーズごとに進化しています。

Apple Watch SE2_2022年新型

Apple Watch SEは、機能が抑えられ価格の安さを重視したエントリーモデルで、第2世代が最新モデルです。ディスプレイの常時表示や血中酸素濃度測定、心電図測定機能などがありません。

Apple Watch Ultra_2

2022年秋に登場したApple Watch Ultraは、高耐久で大型ディスプレイを搭載していてバッテリー持ちも最も長く、登山やダイビングなど、よりアクティブなスポーツに特化したモデルになります。

価格比較

Apple Watch Series 8:59,800円

Apple Watch SE(第2世代):37,800円

Apple Watch Ultra:124,800円

価格はGPSモデルでApple公式税込価格となります。

Apple Watch Series 7や6などの旧モデルは、Appleでは販売終了していますがAmazonや中古サイトなどから購入が可能です。新型モデルの登場で旧モデルは値下げされていることが多いです。

最新モデルは価格は高いですが、その分機能が向上しているので長く使う場合は最新モデルか最新モデルに近いモデルの購入がおすすめです。

Apple Watchのケースサイズ

Apple Watch ケースサイズの違い

ケースサイズはApple Watch本体の大きさです。大きいサイズと小さいサイズの2種類があります。

ケースサイズは世代によって異なっていますが、Apple Watch Series 8、Series 7は41mmと45mmの2種類があります。

Apple Watchケースサイズ違い

ポイント

ケースサイズでは大サイズと小サイズの2種類があり、手首に装着したときの存在感や重さ、価格が変わってきます。

また、小サイズのApple Watchバンドは短く、大サイズのApple Watchバンドは長くなりバンドの寸法にも影響します。

サイズの種類と重さ、価格の違いは以下のおとりです。

Apple Watch 価格表

ケースサイズは画面の大きさや見やすさに繋がる一方で、価格にも差があります。

大サイズの特徴

  • Apple Watchの存在感が大きい
  • 操作がしやすく見やすい画面
  • 価格が小サイズと比べて高い

45mm、44mmケースは手首が140~220mmの方にフィットします。

Apple Watchを腕に装着したときの雰囲気をより楽しみたい方や、存在感が欲しい方、大画面で操作性、視認性を重視する方は大サイズがおすすめです。

小サイズの特徴

  • コンパクトでスタイリッシュ
  • Apple Watchをスマートに見せたい
  • 価格が大サイズと比べて安い

41mm、40mmのケースは手首が130mm〜200mmの方にフィットします。

Apple Watchをファッションの一部としてスマートに見せたい方や、よりコンパクトなモデルが欲しい方は小サイズがおすすめです。

自分自身の好みや使いやすいサイズを選びましょう。

Apple WatchのセルラーとGPSモデル

Apple Watch GPSモデルとセルラーモデルの違い

Apple Watchには、「GPSモデル」と「GPS+セルラーモデル」がありますが、Apple Watch単独でネットに繋がるかどうかが違いとなります。

iPhoneの回線(Wi-Fi環境)を使ってネットに繋がるGPSモデルと、Apple Watch単独でネットに繋がるセルラーモデルがあります。

ポイント

セルラーモデル:iPhoneがなくても通信可能

GPSモデル:iPhoneがないと通信不可

Apple Watchを購入する際には、どちらのモデルにするか必ず選ぶポイントとなります。

また、GPSモデルはケース素材がアルミケースのみとなるため、ステンレスやチタニウムが欲しい方はセルラーモデル一択となります。

セルラーモデルで単独通信する場合は、月額料金が発生します。

注意ポイント

セルラーモデルは「GPS+セルラーモデル」となるため、通信契約を必ずする必要はありませんが、Apple Watch単独で通信したい場合は別途、通信契約する必要があります。

Apple Watch装着イメージ写真

各キャリアでは月額で1つの電話番号を、iPhoneとApple Watchで共有して音声通話やデータ通信ができます。

参考

ドコモ / ahamo :月額550円

au:月額385円

ソフトバンク:月額385円

楽天モバイル:月額550円

常にiPhoneを持ち歩く場合は、セルラーモデルは不要です。Apple WatchのGPSモデルの特徴は以下のとおりです。

Apple Watch GPSモデルの特徴

iPhoneなしでもワークアウトの記録やSuicaの使用、同期済みの音楽の再生などが可能です。電話やLINEの通知などはiPhoneが必要となります。

すべての操作をApple Watch単独で使いたい方はセルラーモデルがおすすめです。

Apple Watchのケース素材

Apple Watch ケース素材の違い

Apple Watchには、ケースの素材が「ステンレス」「アルミ」「チタン」の3種類があります。

また、価格はケースの素材になると言って良いくらいの価格差があります。

それぞれの特徴や違いは以下のとおりです。

アルミ ・最も軽い
・Ion-Xガラス採用
・光沢なし
・GPS/セルラーモデル
・59,800円~
ステンレス ・サファイアガラス採用
・画面の強度が高い
・光沢あり
・セルラーモデルのみ
・112,800円~
チタン ・最も重い
・サファイアガラス採用
・画面の強度が高い
・セルラーモデルのみ
・124,800円~

素材によって、デザインだけでなく重量やディスプレイの強度、価格に違いがあります。

アルミは最も軽い素材となり、1日中着用したり運動する際は疲れにくく使い勝手が良いです。ディスプレイは他の素材と比べると強度は劣りますが、気になる場合はApple Watchフィルムなどでカバーできます。

高級感や見栄えを重視するなら、Apple Watchの側面が光沢のあるステンレスケースがおすすめです。チタンケースは高額ですが、頑丈さが圧倒的です。

ポイント

使う目的や利用シーンによって、最適なケース素材は変わるため、自分自身のスタイルに合った素材を選びましょう。

ケース素材で迷っている方は、価格が安く購入しやすいアルミがおすすめです。

Apple Watchのバンド

既存のすべてのバンドに対応

Apple Watchは簡単にバンドを交換できるので、使用するシーンによって付け替えることが可能です。

Apple Watchをおしゃれにカスタムできるwatchバンドは様々な種類があります。

スポーツをするシーン、フォーマルなシーン、就寝時などバンドによって印象や使い勝手が大きく変わっていきます。

ポイント

運動シーン:スポーツバンド、ソロループ

ビジネスシーン:レザーバンド、ステンレスバンド

就寝時:ナイロン系バンド

運動をするときは、シリコン製のスポーツバンドがおすすめです。特にソロループは装着感や使い勝手も良く、バンドを丸洗いできるので便利です。

ビジネスシーンでは、レザー系やステンレスバンドがおすすめです。Apple純正よりもサードパーティー製は安くて使い勝手も良好です。

フォーマルな服に合う

レザーバンドは幅広いシーンで使えるので1本持っていると便利です。

Apple Watchのおすすめモデル

Apple Watchまとめ

今買うなら、どれがどんな人におすすめなのか詳しく紹介していきます。

ポイント

最新モデルであらゆる機能を使いたい方はApple Watch Series 8がおすすめです。登山やスキューバダイビングなどよりハードな使い方をしたい方は最上位モデルのApple Watch Ultraがおすすめです。一方で低コストでApple Watchを試したいならSEシリーズがおすすめです。

また、現在はAppleでは販売が終了していますが旧モデルのSeries 3、Series 5やSeries 6も狙い目です。

現行モデルのSeries 8をはじめとするSE、Ultraと、販売が終了しているSeries 6以前のモデルの性能、機能などをまとめました。

最新Apple Watchスペック比較表

ワークアウトの記録、通知や通話、音楽操作などの基本機能はどのシリーズでも可能です。バッテリー持続時間もUltra以外は最大18時間となっています。

高心拍数と低心拍数の通知、不規則な心拍の通知、心肺機能レベルの低下の通知はSEシリーズを含めSeries 3から最新モデルまで対応しています。

こんな方におすすめ

  • 健康管理を徹底したい⇒Series 6以降
  • 費用を抑えたい⇒SEシリーズ
  • Apple Watchを試す⇒SEシリーズ
  • ジムやランニングで使いたい⇒Series 6以降/SE
  • 長く使う⇒Series 6以降
  • 最新・性能重視⇒Series 8
  • 登山などより過酷な環境で使う⇒Ultra

Series 7はSeries 8と比べて皮膚温測定機能と衝突事故検出機能が搭載されていないのが大きな特徴です。

また、Series 3以前のモデルはOSサポートが終了しているため購入はおすすめできません。

まとめ

Apple Watch Series 8の性能比較

Apple Watchはシリーズ、モデルごとに価格の違いや、使い勝手などできることが異なるため、勢いで購入するよりもしっかりと用途を明確にして選ぶことが大切です。

選び方まとめ

  • Apple WatchのSeries(世代)
  • Apple Watchのケースサイズ
  • Apple WatchのセルラーとGPSモデル
  • Apple Watchのケース素材
  • Apple Watchのバンド

Apple Watch お得に買えるAmazon

Apple Watchを最速で購入するにはAppleストアですが、Apple Watchを最もお得に購入するにはAmazonがおすすめです。

Amazon購入がお得な理由

Amazonでは購入時に1~5%ほどのポイント還元があるのがおすすめの理由です。また、整備済み品の旧モデルも購入できます。

ポイントで新しいバンドなどアクセサリー類も購入ができるので、非常にお得です。

Apple Watchは選ぶ要素が多すぎて複雑ですが、自分に合ったモデルに絞って最適な一台を購入しましょう。

Source:Apple

 

おすすめ記事

iPhone 14 Pro レビュー 1

新型iPhone14 Proを実際に使って感じた気になる進化ポイントと弱点をレビューします。ダイナミックアイランド(Dynamic Island)の操作感や実用性、常時表示ディスプレイのバッテリー持ちも解説。カメラ性能強化、衝突事故検出機能など便利な新機能も多数搭載されました。

AirPods Pro2 レビュー 2

新型AirPods Pro(第2世代)を実際に使って感じた気になる進化をレビューします。AirPods Pro2は買うべきか解説。最新のH2チップを搭載し強力なノイズキャンセリング性能、進化した外部音取り込みモード、便利な新機能の搭載など驚異的なアップデートを遂げました。

Apple Watch Series 8使用レビュー 3

Apple Watch Series 8に追加された新機能や実際の使用感をまとめました。皮膚温センサーの搭載、衝突事故検知機能、バッテリー持ちの改善など新型モデルに搭載された機能を有効活用し便利な使い方を徹底解説していきます。Series 6からの買い替えにはおすすめ。

ガジェット晒し_画像 4

普段の生活に取り入れて毎日のように使っている、買ってよかった便利なガジェットや家電を紹介していきます。いまの生活をより快適にできるような、おすすめのアイテムをまとめています。価値が還元されて元が取れるガジェットは生活満足度が格段に上がります。最新ガジェットや家電で生活に快適さやクリエイティブを。

PS5とテレビ 5

PS5のスペック性能に最適なテレビの選び方とおすすめの最新型4Kテレビを紹介していきます。テレビ次第でより高画質で滑らかな、次世代の最高品質なグラフィックを体感することができます。PS5をお持ちの方やこれから購入を検討している方、テレビの買い替えを検討している方は必見です。

-Apple Watch
-,

Copyright© motifyublog , 2022 All Rights Reserved.