AirPods Proアップデート

AirPods

iOS14で超進化したAirPods Proの5つの優れているポイント【おすすめのイヤホン】

2020年9月17日にiOS14がリリースされました。

大幅にアップデートされたOSでAirPods Proが大きく進化しました。

iOS14以降で、AirPods Proの設定が完了していれば強化された機能の恩恵を受けることができます。

iOSは最新バージョンだけど、まだ設定していない方は参考にしてください。

AirPods Proはファームウェアのアップデートをすることで、iPhoneの様に新たな機能や性能強化を実現することがでるので非常におすすめのイヤホンです。

>>【Amazonで見る】AirPods Pro

この記事では、新しい機能を使うためのAirPods Proのアップデート方法と、新機能、AirPods Proの魅力について徹底解説していきます。

AirPods Proの購入を検討している方、AirPods Proが気になる方、すでにお持ちの方は必見です。

AirPods Proのファームウェアアップデート方法

AirPods Pro輝き

AirPods Proの新機能を使う前にやらなくてはいけないことが2つあります。

①iPhoneに最新のiOS14以降をインストール

②AirPods Proを最新ファームウェアにアップデート

以上のことを実施する必要があります。

ポイント

iPhoneのアップデートを実施する際に、近くに充電100%または充電しながらAirPods Proを置いておくと自動的にアップデートされます。

iPhoneにiOS14以降をインストール

iPhoneアップデート

 

まずはiPhoneを最新のバージョンにアップデートします。

【設定】⇒【一般】⇒【ソフトウェア・アップデート】

AirPods Proの現在バージョンを確認

 

AirPods Pro向けに新しいファームウェアバージョン

AirPods Proをケースから取り出し、iPhoneと接続します。

【設定】⇒【一般】⇒【情報】⇒【AirPods Pro】

ここで現在のバージョンを確認することができます。

ポイント

現在の最新は『3E751』です。

このバージョンであればアップデートは完了しています。

iPhoneをアップデートした段階で『3E751』になっていない方は以下のアップデート方法を実施してください。

AirPods Proアップデート

アップデート方法は手順が3つあります。

①AirPods Proをケースに入れる

②AirPods Proに充電ケーブルを接続する

③iPhoneを近くに置く

これで自動的にアップデートされます。

AirPods Proの優れた新機能とは

AirPods Pro_デザイン2021

ファームウェアをアップデートしたことにより大きく進化したポイントは以下のとおりです。

ポイント

  • 空間オーディオ(Spatial Audio)に対応
  • 自動切り替え機能対応
  • オーディオのカスタマイズに対応
  • ノイズキャンセリング性能の強化
  • 外部音取り込みモードの強化

もともと性能の良いAirPods Proがさらに強化されました。

詳しく解説していきます。

空間オーディオ(Spatial Audio)対応

空間オーディオ

 

空間オーディオ(Spatial Audio)とは、サラウンド(立体)音響です。

最近では、前後左右に配置した複数のスピーカーを駆使して没入感に満ちた音の環境を作る音響システムを導入している映画館が増えましたが、それと同様の音場をAirPods Proでも体感できる機能です。

ポイント

AppleミュージックやビデオなどDolby Atmosなどに対応していると臨場感のあるサウンドで聴こえます。

実際に聴きましたが、音に囲まれる感覚で音の距離感を感じるほどのサラウンドでした。

空間オーディオはDolby Atmos、Dolby 5.1、Dolby 7.1のオーディオソースで利用可能です。

AmazonプライムビデオでDolby Atmosに対応している映画は、空間オーディオの効果を得られます。

ポイント

AirPods Proに内蔵された加速度センサー、ジャイロセンサーで顔の向きを認識して音声が自動補正されることで、よりリアルなサウンドを聴くことができます。

空間オーディオ

【設定】⇒【Bluetooth】⇒【AirPods Proのiマーク】⇒【空間オーディオ】

または、コントロールセンターからオンオフの切り替えが可能です。

自動切り替え機能対応

AirPods Proとipad

AirPods Proと接続する複数のデバイス間の切り替え操作が不要になりました。

ポイント

iPhoneで音楽を聴いていて、別のiPhoneやiPadで動画を視聴したいときにAirPods Proが自動で接続先を切り替えます。

AirPods Proはケースから出しただけで登録されたデバイスに自動で接続するだけではなく、使いたい様々なデバイスに自動的に接続されます。

いちいちペアリングする手間がないのは非常に便利です。

【音質アップ】オーディオのカスタマイズに対応

オーディオのカスタマイズ画面

カスタムオーディオ設定で自分好みの聴きやすいサウンドにカスタマイズできます。

アップデートにより音質がアップしました。

【設定】⇒【アクセシビリティ】⇒【AirPods】⇒【オーディオアクセシビリティ設定】⇒【ヘッドフォン調整】⇒【カスタムオーディオ設定】

以上の項目で設定することができます。

音のカスタマイズ画面

実際にサンプルサウンドを聴いて好みの音を選択し、自分好みの音に設定できます。

設定次第でフラットな音ではなく、低音を強調し深みのある音にできます。

また、高音域を強調させてメリハリのある音にも設定ができました。

ノイズキャンセリング性能の強化

もともとAirPods Proのノイズキャンセリング機能は非常に性能が良いです。

アップデートによりさらに性能が強化されました。

ポイント

ノイズキャンセリング機能をONにすると、一瞬で雑音が消え無音の世界になります。

電車の中では、電車の走行音もドアの開閉音も聞こえないレベルです。

音楽や動画に集中できます。

外部音取り込みモードの強化

外部音取り込み設定画面

 

アップデートにより外部音取り込みモードも強化されました。

外部音取り込みモードとは

外部音取り込みモードはAirPods Proのマイクで拾った音をイヤホン内部で鳴らす機能です。

実際の周りの音にプラスして、音楽を聴けます。

増幅を最大にすると、自分の声がすごくクリアに聴こえます。

普通に聴くより大きく聴こえるレベルです。

iPhoneの設定上で、調整ができるのは非常に便利です。

まとめ:日常にもっと良いサウンドを

AirPods Pro購入時

AirPods Proは音質にこだわり、様々な便利な機能を持った完全ワイヤレスイヤホンです。

AirPods Proは今回のアップデートでさらに人気が出ました。

価格は30,580円(税込)と少し高めですが、スペックが高く使い勝手も良く非常に快適です。

※上記価格はApple公式価格です。

AirPods Proをおすすめする理由は以下の関連記事を参考にしてください。

細かなスペックや優れているポイントを徹底解説しています。

以上、参考になれば幸いです。

おすすめ記事

1

新型iPhone13についてデザイン、CPU、ディスプレイ、新機能などスペックや発売日をまとめました。カメラ機能が大幅に向上し写真や動画の機能が進化しました。最新のA15 Bionicチップ搭載により、さらに快適な操作が可能となり優れたパフォーマンスを発揮するiPhone。

新型iPad Pro 2021 2

iPad Pro 2021年最新モデルの実機レビューまとめ。デザインやサイズ感、ミニLEDディスプレイの特徴、M1チップ性能やカメラスペック、新機能を徹底解説します。買うべきか悩んでいる方、購入を検討中の方は参考にしてください。iPad Pro第5世代は従来モデルと比較し確かにAppleの主張する性能を備えていました。

PS5とテレビ 3

PS5のスペックに最適なテレビの選び方とおすすめの最新4Kテレビをまとめました。HDMI2.1、4K120Hz、VRR、ALLM、eARC対応モデルを紹介。PS5をお持ちの方やこれから購入を検討している方、テレビの買い替えを検討している方は必見です。最適なテレビで次世代の最高品質なグラフィックを体感できます。

-AirPods
-,

Copyright© motifyublog , 2021 All Rights Reserved.