タブレットに外付けBDドライブ

パソコン・周辺機器

【Blu-rayをタブレットで】外付けBDドライブのおすすめ3選【Mac対応】

最近のノートPCはDVD、BDドライブが搭載されていないモデルが多いです。

MicrosoftのSurface ProなどのタブレットPCも搭載していません。

MacBook Proも数年前からドライブ内蔵モデルがなくりましたね。

 

外付けBDドライブがあれば、ドライブが搭載されていないノートPCやタブレットでアニメや映画のブルーレイディスクを再生できたり、ディスクへの書き込みや取り込みも可能となります。

今回は、DVD、BDドライブが搭載されていないPC、タブレットを持っている方向けにおすすめの外付けBDドライブを紹介していきます。

 

【BDの基本】外付けBDドライブとは

外付けBDドライブ

外付けBDドライブとは、基本的にUSBでパソコンなどに接続します。

ポイント

Blu-rayディスクの読み書きに対応した光学ドライブです。

BDの他にCDやDVDも対応しています。

ほとんどのドライブはBD-R、BD-RE、BD-ROMに対応しています。

BD-R、BD-RE、BD-ROMの違い

ディスクの種類は大きく分けて3種類あります。

BD-R、BD-RE、BD-ROMの違いは以下のとおりです。

参考

  • BD-R:1回だけ書き込み可能なディスク(追記型)
  • BD-RE:繰り返し書き込み可能なディスク(書き換え型)
  • BD-ROM:読み込み専用ディスク(読み込み型)

また、ディスクの容量に関する種類もあります。

1層(25GB)、2層(50GB)、3層(128GB)BDXLの製品があります。

1枚のディスクで100GBも容量があるのは良いですね。

しかし価格は少し高めです。

現在のBlu-rayの需要とは

映画やアニメを観るときにBlu-rayだと高音質、高画質で見れるので、

DVDよりもBlu-rayを選択するシーンが多いと思われます。

 

解像度は以下のとおりです。

ポイント

  • DVD:720×480
  • 地上デジタル放送:1440×1080
  • Blu-ray:1920×1080

高解像度で繊細な映像を楽しめるのが最大の特徴ですね。

 

外付けBDドライブを選ぶ際の注意点

ここが大切なのですが、しっかり把握しておかないと失敗します。

注意ポイント①

接続する機器によっては動作が不安定になるドライブがあります。

タブレットにはUSBバスパワーの外付けBDドライブは注意が必要です。

USBバスパワー(USB給電)とは、接続している機器から電源を供給するタイプです。

 

電力が弱いタブレットはUSBバスパワーの外付けBDドライブは高確率で動作しません。

DVDやBDで映画を観ているとたびたび途中で止まったりします。

ただし、メーカーが動作済みとしている外付けBDドライブは問題ないです。

タブレットの場合は、電源を別に取れるACアダプターが付いているものをおすすめします。

ノートPCやデスクトップPCはUSBバスパワーで問題ありません。

注意ポイント②

Blu-rayディスクの転送速度のチェックが大切です。

特にディスクに書き込みをしたい場合は、書き込み速度を確認する必要があります。

 

一般的なポータブルBDドライブは6倍速(最大27.0MB/s)

高速モデルのBDドライブは16倍速(最大72.0MB/s)

高速なドライブは、読み込むのも早ければ書き込むのも早いので非常に快適ですね。

 

おすすめの外付けBDドライブ3選

 

BDドライブとディスク

ノートPCはもちろん、タブレットでも使える外付けBDドライブをご紹介します。

今回は、Surface Proで使用できるか検証しました。

以下の商品はすべてタブレットでも動作不安定にならず安定して利用できます。

 

I-O-DATA 外付けブルーレイドライブ BRP-UT6CK

【Amazonで見る】I-O-DATA 外付けブルーレイドライブ BRP-UT6CK

 

ポイント

メーカー:I-O DATA

対応メディア:DVD/CD/BD(BDXL)

書き込み速度:8倍速

インターフェース:USB3.1

電源:バスパワー/AC電源

対応OS:Windows/Mac

薄型パソコンにも合うスタイリッシュなデザインです。

動作音が驚くほど静かでした。

また、240gと軽いので持ち運びに便利です。

USB Type-Cに対応しているので、新型MacBookも利用できます。

Amazonでも評価が高く、BDで映画が観たい方、BDの読み書きがしたい方にはオススメです。

 

ロジテック 外付けブルーレイドライブ LBD-PVA6UCVSV

【Amazonで見る】ロジテック 外付けブルーレイドライブ LBD-PVA6UCVSV

ポイント

メーカー:ロジテック

対応メディア:DVD/CD/BD(BDXL)

書き込み速度:8倍速

インターフェース:USB/TypeC

電源:バスパワー/AC電源

対応OS:Windows/Mac

UHD BD再生に対応したドライブを採用しています。

4K/HDRの高画質フォーマットを安定した形で楽しめます。

コンパクトで軽量なので持ち運びに便利です。

安定の動作でタブレットでも快適です。

 

BUFFALO 外付けブルーレイドライブ BRXL-PTV6U3-BK/N

【Amazonで見る】BUFFALO 外付けブルーレイドライブ BRXL-PTV6U3-BK/N

ポイント

メーカー:BUFFALO

対応メディア:DVD/CD/BD(BDXL)

書き込み速度:4倍速

インターフェース:USB3.2

電源:バスパワー/AC電源

対応OS:Windows/Mac

ケーブルが収納できるので、持ち運びもコンパクトです。

書き込みソフトが付属しているのがポイント高かったです。

コスパも良くて、動作も安定していて非常に快適です。

さすが安定メーカーのBUFFALOだと思います。

まとめ

内蔵ドライブと外付けドライブ

意外とドライブの無いタブレットやノートPCを持っていると、音楽ソフトやゲームソフトなどのインストールで外付けドライブを使うシーンがあります。

 

私はどうせならタブレットでもBDの映画やアニメも観たいと思い、DVDドライブよりもBDドライブを選択しました。値段もそこまで大差はないです。

 

ポイント

結論、外付けBDドライブを買うならBUFFALO、I-O DATA、ロジテックがおすすめです。

 

以上、参考になれば幸いです。

おすすめ記事

1

新型iPhone13についてデザイン、CPU、ディスプレイ、新機能などスペックや発売日をまとめました。カメラ機能が大幅に向上し写真や動画の機能が進化しました。最新のA15 Bionicチップ搭載により、さらに快適な操作が可能となり優れたパフォーマンスを発揮するiPhone。

新型iPad Pro 2021 2

iPad Pro 2021年最新モデルの実機レビューまとめ。デザインやサイズ感、ミニLEDディスプレイの特徴、M1チップ性能やカメラスペック、新機能を徹底解説します。買うべきか悩んでいる方、購入を検討中の方は参考にしてください。iPad Pro第5世代は従来モデルと比較し確かにAppleの主張する性能を備えていました。

PS5とテレビ 3

PS5のスペックに最適なテレビの選び方とおすすめの最新4Kテレビをまとめました。HDMI2.1、4K120Hz、VRR、ALLM、eARC対応モデルを紹介。PS5をお持ちの方やこれから購入を検討している方、テレビの買い替えを検討している方は必見です。最適なテレビで次世代の最高品質なグラフィックを体感できます。

-パソコン・周辺機器
-,

Copyright© motifyublog , 2021 All Rights Reserved.