BALMUDA Phone_買うべきか

商品レビュー

【買うべきか】バルミューダ初のスマホ「BALMUDA Phone」特徴まとめ

トースターやコーヒーメーカーなど、デザイン性が高く革命的な機能を搭載した家電が人気のメーカーで知られるバルミューダ

バルミューダのスチームトースターは、「水分を焼く際に取り入れることで、サックリとした仕上がりになる」ことで脚光を浴びました。

そんな個性的な家電を販売しているバルミューダから、初のスマホ「BALMUDA Phone」が登場しました。

この記事では、バルミューダから登場した「BALMUDA Phone」の特徴や気になるポイントをまとめました。

BALMUDA Phoneが気になっている方、購入を検討している方は参考にしてください。

BALMUDA Phoneの特徴

BALMUDA Phone_コンパクト性

どのようなスマホなのか特徴をまとめていきます。

BALMUDA Phoneは、見た目のデザインだけでなく使いやすさを重視したスマホです。

カラーは、ブラックとホワイトの2色展開です。

スペック・仕様は以下のとおりです。

ディスプレイ 4.9インチ(液晶)
解像度:1920×1080
CPU Qualcomm Snapdragon 765
メモリ 6GB
ストレージ 128GB
カメラ 背面:4800万画素
前面:800万画素
生体認証 指紋
バッテリー 2,500mAh
無線充電 対応
端子 USB-C
防水防塵 IPX4、IP4X
通信 Bluetooth 5.2、5G、Wi-Fi
OS Android 11
重量 138g
価格 104,800円~

ハイエンドモデルではなく、ミドルレンジモデルとして登場しました。

5G通信やFeliCaに対応していて、使い勝手で困ることはありません。

さらに細かく特徴や気になるポイントを解説していきます。

使いやすさを追求したデザイン

BALMUDA Phone_背面

バルミューダは高いデザイン性が話題を集めて、数々のヒット商品を生み出しています。

初のスマホのデザインは、バルミューダらしいユニークなデザインとなっています。

最近のスマホは直線的で角張った(フラットエッジ)デザインが多くありますが、BALMUDA Phoneは、背面が湾曲したデザインとなっています。

ポイント

最近のスマホにはないデザインで自然な形で手に馴染み、持ちやすいボディです。

背面はおしゃれなデザインで、最近のスマホとはまた違った質感をしています。背面には、電源ボタン(指紋センサー)とカメラが搭載されています。

可愛いらしいデザインですが、好みはわかれると感じられます。

iPhone SE(第2世代)よりも少し大きい4.9インチ搭載

BALMUDA Phoneのデザイン

BALMUDA Phoneは4.9インチのディスプレイが搭載されています。画面の解像度はフルHDです。

大画面スマホは写真や動画、ブラウジングなどを大きな画面で楽しめることが主な売りですが、BALMUDA Phoneは持ち運びやすさや重量を犠牲にしないコンパクトなモデルとして登場しました。

ポイント

片手操作がしやすく持ちやすいサイズ感です。

4.7インチのiPhone SE(第2世代)よりも少し大きいモデルとなります。

日常使いには十分なスペック

BALMUDA Phoneは、Qualcomm Snapdragon 765と6GBのメモリを搭載しています。

CPUはオクタコアとなり、動作周波数は最大2.3GHzのシングルコア、最大2.2GHzのシングルコア、最大1.8GHzのヘキサコアで構成されています。

性能としては、2020年9月に登場したAQUOS zero5G basic DXに匹敵します。

ポイント

日常使いには十分なスペックを搭載しています。

765G搭載のPixel5aの方がコスパが良いのは、少し気になるポイントです。

シングルカメラ搭載

メインカメラは4,800万画素

BALMUDA Phoneのメインカメラは約4,800万画素で、料理がより綺麗に写る独自のカメラアプリを搭載しています。

ポイント

メインカメラは約4,800万画素(記録画素数1,200万画素)のシングルカメラ構成です。

また、前面カメラは約800万画素です。

便利な独自アプリを搭載

BALMUDA Phone_独自アプリ

BALMUDA Phoneは複雑な操作なく直感的な操作ができる機能やアプリを搭載しています。

ポイント

日常使いで利用頻度の高い機能を便利な独自アプリとして搭載しています。

ホーム画面は、スワイプやタップで様々な機能を呼び出すことができます。「Tools」にアクセスすればアプリを開く動作をせず画面スワイプでクイックアクセスが可能です。

バッテリー容量は2,500mAh

BALMUDA Phoneのバッテリー容量は2,500mAhとなります。

最近のAndroidスマホは、平均で3,500mAhほどありバッテリー持続時間が気になるポイントです。

iPhone13 Proのようなハイエンドモデルでは3,000mAhほどあるのが当たり前になってきていますが、BALMUDA Phoneがバッテリー容量は小さくバッテリーの持ちが良いiPhone SEのようなモデルなら安心です。

参考

4.7インチのiPhone SE(第2世代):1,821mAh

5.4インチのiPhone13 mini:2,406mAh

5.5インチのXperia Ace II SO-41B:4,500mAh

5.6インチのarrows Be4 Plus F-41B:3,600mAh

6.1インチのiPhone13 Pro:3,095mAh

価格は104,800円

価格は104,800円(公式価格)となります。また、SIMフリー版も登場しています。

バルミューダブランドということもあり、価格は10万円を超えています。性能的には、ミドルレンジモデルで便利な独自機能も多く搭載していますが、価格が高いのが気になるポイントです。

まとめ

バルミューダから登場した「BALMUDA Phone」の特徴や気になるポイントをまとめました。

ポイント

  • 最新のスマホで他にはないデザイン
  • iPhone SE(第2世代)よりも少し大きい4.9インチ搭載
  • 日常使いには十分なスペック
  • シングルカメラ搭載
  • 便利な独自アプリを搭載
  • バッテリー容量は2,500mAh
  • 価格が104,800円

最新モデルのスマホながらも個性溢れるデザインを追求した1台です。

11月17日(水)の午前10時から全国のソフトバンクの取扱店およびオンラインショップで予約が開始され、11月26日(金)に発売予定です。

Source:バルミューダ

おすすめ記事

1

新型iPhone13についてデザイン、CPU、ディスプレイ、新機能などスペックや発売日をまとめました。カメラ機能が大幅に向上し写真や動画の機能が進化しました。最新のA15 Bionicチップ搭載により、さらに快適な操作が可能となり優れたパフォーマンスを発揮するiPhone。

新型iPad Pro 2021 2

iPad Pro 2021年最新モデルの実機レビューまとめ。デザインやサイズ感、ミニLEDディスプレイの特徴、M1チップ性能やカメラスペック、新機能を徹底解説します。買うべきか悩んでいる方、購入を検討中の方は参考にしてください。iPad Pro第5世代は従来モデルと比較し確かにAppleの主張する性能を備えていました。

PS5とテレビ 3

PS5のスペックに最適なテレビの選び方とおすすめの最新4Kテレビをまとめました。HDMI2.1、4K120Hz、VRR、ALLM、eARC対応モデルを紹介。PS5をお持ちの方やこれから購入を検討している方、テレビの買い替えを検討している方は必見です。最適なテレビで次世代の最高品質なグラフィックを体感できます。

-商品レビュー
-,

Copyright© motifyublog , 2021 All Rights Reserved.