Beats Fit ProとBeats Studio Budsを比較

Apple

Beats Fit ProとBeats Studio Budsの違いを比較!どっち買うべき?

Beatsの最新ワイヤレスイヤホンである「Beats Fit Pro」が登場しました。

左右が完全に独立したノイズキャンセリング機能付き完全ワイヤレスイヤホンで「Beats by Dr. Dre」から発売される新モデルとなります。

日本では、1月28日より販売が開始されました。

この記事では、「Beats Fit Pro」の特徴やスペックなどをBeats Studio Budsと徹底比較してまとめていきます。

Beats Fit Proが気になる方、ワイヤレスイヤホンの購入を検討している方は参考にしてください。

Beats Fit Proの特徴

Beats Fit Pro外観デザイン

Appleの子会社であるBeats(ビーツ)は大人気のオーディオブランドで、当然ながら様々なApple製品との相性が非常に良いです。

カラーバリエーションは、ブラック、ホワイト、セージグレイ、ストーンパープルの4色展開となります。

Beats Fit Proの詳しい特徴をBeats Studio Budsと比較しつつ解説していきます。

耳にフィットするウイングデザイン

耳にフィット_デザインイヤホン

Beats Fit ProBeats Studio BudsAirPods Pro同様にカナル型のワイヤレスイヤホンとなります。

デザインは新たに、ウイングチップが採用されました。また、Beats Studio Buds同様にシリコン製のイヤーチップは3サイズあります。

ポイント

激しい運動をしても、イヤホンが耳から外れることがありません。

Beats Studio Budsよりも安定したホールド感を体感できます。耳によりフィットさせたい方は、Beats Fit Proがおすすめです。

Beats Fit Pro_カラーバリエーション

本体には物理ボタンが搭載されていて、音楽コントロールや通話コントロール、リスニングモードの切り替えが可能です。

耳検知機能が搭載されているため、装着および脱着時に自動的に音楽再生、停止します。

Beats Studio Budsよりサイズが大きい

 

Beats Fit Proデザイン比較

軽量でコンパクトなサイズ感ではあるものの、Beats Studio Budsに比べるとややサイズ感が大きく感じます。

  Beats Fit Pro Beats Studio Buds
ケースサイズ

高さ25.5mm

幅62mm

厚さ28.5mm

高さ51mm

幅72mm

厚さ25.5mm

本体重量(単体) 5g 5g
ケース込み重量 66.3g 58g

イヤホン単体は0.6g重くなり、ケースは7.1g重くなっています。

ポイント

ケースについては一回り大きい印象です。

ただし、胸ポケットなどには圧迫感なく楽に入るサイズ感となっています。

Apple H1チップを搭載

Beats Fit Pro_Apple H1チップ

Beatsの完全ワイヤレスイヤホンでは初めてとなる、H1チップが搭載されています。

H1チップはAirPods Proにも搭載していて、10コアを持つオーディオプロセッサにより、低遅延を実現し高性能な連携機能にも対応します。

音質やノイズキャンセリング機能、SiriなどはH1チップがコントロールします。

ポイント

様々なApple製品とのシームレスな連携機能と高性能なノイズキャンセリング機能を備え、空間オーディオも体感できます。

Beats Fit Pro_音質

H1チップが搭載されていないことで、Beats Studio Budsと性能で差別化が図られています。

すべてのAppleデバイスとワンタッチでペアリングが可能なうえ、スムーズなデバイス間の切り替えに対応しています。

  Beats Fit Pro Beats Studio Buds
チップ Apple H1 -
自動切り替え -
耳検知 -
空間オーディオ 一部
探す機能

コンピュテーショナルオーディオによる高音質化、空間オーディオなどH1チップが搭載されたことで音質だけでなく、できることの幅が広がっています。

ノイズキャンセリング搭載

Beats Studio Budsモード切替え

Beats Fit Proは、ノイズキャンセリング機能が搭載されています。

ノイズキャンセリングとは

外部からの騒音をシャットアウトする機能です。

周囲の殆どの音が消えて、周りの音はとても遠くで鳴っているように聞こえます。

Apple H1チップを搭載しているため、Beats Studio Budsよりもノイズキャンセリング性能が上回ります。

外部音取り込みモード搭載

Beats Fit Proの外音取り込み

Beats Fit Proには、Beats Studio BudsAirPods Proと同様に外部音取り込み機能を搭載しています。

ポイント

外向きのマイクで拾った音を取り込み、周囲の環境音にプラスして音楽を聴くことができます。

ノイズキャンセリングモードと外部音取り込みモードを、Beats Studio BudsやAirPods Pro同様にスマホ上やイヤホン単体で簡単にモード切り替え可能です。

空間オーディオに対応

空間オーディオ

Beats Studio BudsはApple Musicの一部楽曲のみでしたが、Beats Fit Proは空間オーディオに完全対応しました。

ポイント

空間オーディオに制限がなく、すべてのサウンドを空間オーディオ化できます。

音に包まれるような、よりリアルなサウンドを聴くことができます。

参考

空間オーディオ(Spatial Audio)とは、サラウンド(立体)音響です。Dolby Atmos(ドルビーアトモス)とは、臨場感溢れるオーディオ体験を実現する最新立体音響(サラウンド)です。

自動デバイス切り替え機能に対応

AirPods Pro自動切り替え機能

H1チップが搭載しているためAirPods Proと同様に、複数のデバイス間の切り替え操作が自動なので非常に便利です。

ポイント

iPhoneで音楽を聴いていて、別のiPhoneやiPadで音楽や動画を視聴したいときなどにイヤホンが自動で接続先を切り替えます。

Beats Fit Proは耳検知機能があるため、イヤホンを耳に付けると登録されたデバイスに自動で接続されます。さらに、使いたい様々なデバイスに自動的に接続され、ペアリングする手間がないのは非常に便利です。

Beats Studio Budsにはない機能です。使い勝手を重視する方は、Beats Fit Proをおすすめします。

バッテリーは最大24時間

Beats Fit Pro_ケースデザイン

イヤホン単体で最大6時間の連続再生が可能で、ケースを併用すると最大24時間となります。

ケースで18時間分の充電が可能です。

各モードでの本体再生時間は以下のとおりです。

  Beats Fit Pro Beats Studio Buds
ノイキャンオフ時 7時間 8時間
ノイキャンオン時 6時間 5時間
ケース併用時 最大24時間 最大24時間

バッテリー持ちはどちらのモデルも非常に良いです。

急速充電「Fast Fuel」に対応していて5分の充電で1時間再生が可能です。

IPX4等級の耐汗耐水性能

Beats Fit Pro_デザイン

耐汗耐水性能はIPX4となり、汗や雨で本体が濡れても影響を受けません。

ポイント

ジムやランニングで汗をかいても、耐汗性能を備えているので問題なく使用可能です。

ワークアウトなどでも活用することができます。

参考

Beats Fit Pro:IPX4

Beats Studio Buds:IPX4

Powerbeats Pro:IPX4

AirPods Pro:IPX4

AirPods 第3世代:IPX4

AirPods 第2世代:なし

充電ポートはUSB-C

Beats Fit Pro_USB-C

Beats Studio Buds同様に、USB Type-Cケーブルでの充電が可能です。

ポイント

充電端子がUSB-Cなので、Androidユーザーにとっても魅力的なワイヤレスイヤホンです。

ワイヤレス充電には非対応となります。

Beats Studio BudsとAirPods Proの比較まとめ

Beats Fit ProとBeats Studio Budsの機能などの比較は以下のとおりです。

  Beats Fit Pro Beats Studio Buds
バッテリー

単体:6時間

ケース込:24時間

単体:8時間

ケース込:24時間

イヤーチップ 3サイズ 3サイズ
ノイキャン
外音取り込み
空間オーディオ 一部
自動切り替え -
探す機能
耐汗耐水性能 IPX4 IPX4
チップ H1 -
耳検知 -
ワイヤレス充電 - -
充電端子 USB-C USB-C
ケース込み重量 66.3g 58g
価格 24,800円 17,800円

※価格は公式価格(税込み)となります。

Beats Fit Pro耳にフィットするウイングが特徴のデザインで、パワフルでバランスに優れたサウンドを楽しめます。

こんな方におすすめ

  • ノイキャン搭載ワイヤレスイヤホンが欲しい!
  • 使い勝手を重視する!
  • ワークアウトで使いたい!
  • いろんなデバイスで使いたい!

アクティブな環境で活躍するワイヤレスイヤホンが欲しい方は非常におすすめです。

Source:Apple , Beats Fit Pro

 

おすすめ記事

iPhone 14 Pro レビュー 1

新型iPhone14 Proを実際に使って感じた気になる進化ポイントと弱点をレビューします。ダイナミックアイランド(Dynamic Island)の操作感や実用性、常時表示ディスプレイのバッテリー持ちも解説。カメラ性能強化、衝突事故検出機能など便利な新機能も多数搭載されました。

AirPods Pro2_10jpg 2

AirPods Pro(第2世代)に関する最新情報が続々と登場してきたのでデザイン、新機能などスペックや発売日をまとめました。新型AirPods Proは大幅なモデルチェンジとなって登場しました。今、AirPods Proを買うか悩んでいる方は参考にしてください。

PS5とテレビ 3

PS5のスペック性能に最適なテレビの選び方とおすすめの最新型4Kテレビを紹介していきます。テレビ次第でより高画質で滑らかな、次世代の最高品質なグラフィックを体感することができます。PS5をお持ちの方やこれから購入を検討している方、テレビの買い替えを検討している方は必見です。

ガジェット晒し_画像 4

普段の生活に取り入れて毎日のように使っている、買ってよかった便利なガジェットや家電を紹介していきます。いまの生活をより快適にできるような、おすすめのアイテムをまとめています。価値が還元されて元が取れるガジェットは生活満足度が格段に上がります。最新ガジェットや家電で生活に快適さやクリエイティブを。

Amazonタイムセール祭り 5

Amazonで定期的にビックセール「タイムセール祭り」が開催されます。購入前にやっておくべきこと、タイムセールはいつ。等タイムセール祭りでお得に買い物する方法を徹底解説。KindleやFireタブレットなどのAmazon端末以外にも、iPad ProやMacBook Proが過去にセール対象に。目玉商品を見逃せません。

-Apple
-,

Copyright© motifyublog , 2022 All Rights Reserved.