Beats Studio Buds

Apple

新型ワイヤレスイヤホン「Beats Studio Buds」発売日・スペック比較

新型の完全ワイヤレスイヤホン「Beats Studio Buds」が登場します。

左右が完全に独立したイヤホンで「Beats by Dr. Dre」から発売される新モデルとなります。

この記事では、「Beats Studio Buds」の特徴やスペックなどをAirPods Proと徹底比較して製品内容をまとめて解説していきます。

Beats Studio Budsが気になる方、ワイヤレスイヤホンの購入を検討している方は参考にしてください。

Beats Studio Budsの特徴

Beats Studio Budsデザイン

Beats(ビーツ)は大人気のオーディオブランドです。BeatsはApple製品との相性が非常に良いです。

Beats Studio Budsのスペックは以下のとおりです。

イヤホンタイプ インイヤー型
接続タイプ ワイヤレス/Bluetooth(Class1)
対応機種 iOSとAndroid両方対応
連続再生時間 最大8時間/ケース併用最大24時間
充電時間 5分充電で約1時間再生可能
有効接続距離 最大100m(Class1 Bluetooth)
耐水性能 IPX4
充電ポート USB-C
重量 ケース48g/単体5g

カラーバリエーションはホワイト、ブラック、Beatsレッドの3種類です。

Beats Studio BudsはAndroidユーザーにも配慮した仕様となっています。

特徴について細かく解説していきます。

Beatsらしいポップなデザイン

Beats Studio Budsのデザイン

Beats Studio Budsの本体デザインはポップなデザインとなっています。

ポイント

ポップな雰囲気でシンプルでコンパクトなデザイン

本体の「b」部分のボタンで再生コントロールや再生モードを操作することが可能です。

操作方法

イヤホンの左右の「b」ボタンで操作が可能

1回押し:音楽の再生/一時停止、電話応答

2回押し:前にスキップする

3回押し:スキップして戻る

長押し:ノイズキャンセリングモード、外部音取り込みモード、OFF

軽量でコンパクトなモデル

Beats Studio BudsとAirPods Pro比較

Beats Studio Budsは軽量でコンパクトなサイズ感となります。

AirPods Proとは異なり、ステムと呼ばれる軸の部分がついていません。

  Beats Studio Buds AirPods Pro
ケースサイズ

高さ25.5mm

幅72mm

厚さ51mm

高さ45.2mm

幅60.6mm

厚さ21.7mm

本体重量(単体) 5g 5.4g
ケース込み重量 58g 56.4g

イヤホン単体の重量はAirPods Proよりも軽く、ケース込みでもAirPods Proとほぼ同等となります。

ポイント

AirPods Proと比較するとイヤホン単体は0.4g軽く、ケースは2.4g重い

胸ポケットに圧迫感なく楽に入るサイズ感となっています。

ノイズキャンセリング搭載

空間オーディオ

Beatsの完全ワイヤレスイヤホンでは初めてとなるノイズキャンセリング機能が搭載されています。

ノイズキャンセリングとは

外部から入ってくる騒音だけをシャットアウトする機能です。

周囲の殆どの音が消えて、周りの音はとても遠くで鳴っているように聞こえます。

Beats Studio Buds_ノイキャン

アクティブノイズキャンセリング(ANC)は、風切音や周囲の環境音を遮断します。

ノイズキャンセリング性能はAirPods Proの方が上回るとしていますが、Beats Studio Budsは他社製品と比べてかなり強力なノイズキャンセリング機能を搭載しているとしています。

外部音取り込み機能搭載

Beats Studio Buds_本体

Beats Studio BudsはAirPods Proと同様に外部音取り込み機能を搭載しています。

ポイント

外部音取り込みモードはBeats Studio Budsのマイクで拾った音をイヤホン内部で鳴らす機能です。

周囲の環境音にプラスして、音楽を聴くことが可能となります。

Beats Studio Budsモード切替え

ノイズキャンセリングモードと外部音取り込みモードを、スマホ上やイヤホン単体で簡単にモード切り替え可能です。

空間オーディオ対応

空間オーディオ

Beats Studio BudsはAirPods Proと同様に空間オーディオに対応していて、Apple Musicの空間オーディオが使用できます。

空間オーディオ(Spatial Audio)とは、サラウンド(立体)音響です。

ポイント

Dolby Atmosでミキシングされた楽曲を再生する際に、Beats Studio Budsが自動で認識し空間オーディオに対応

よりリアルなサウンドを聴くことができます。

参考

Dolby Atmos(ドルビーアトモス)とは、臨場感溢れるオーディオ体験を実現する最新立体音響(サラウンド)です。

「探す」機能対応

Apple Map

iOSデバイス、Androidデバイスの両方でBeats Studio Budsを紛失した際に、探せる機能(「探す」ネットワーク)を使うことができます。

ポイント

位置測定機能に対応しているため、紛失時に本体の場所を特定することが可能

バッテリーは最大8時間

Beats Studio Buds_RED内部

Beats Studio Budsは最大8時間の連続再生が可能で、ケースを併用すると最大24時間となります。

各モードでの本体再生時間は以下のとおりです。

  Beats Studio Buds AirPods Pro
ノイキャンオフ時 8時間 5時間
ノイキャンオン時 5時間 4時間
ケース併用時 最大24時間 最大24時間

Beats Studio Budsはバッテリー持ちも非常に良いです。

また、急速充電に対応していて5分の充電で1時間再生可能です。

ワンタッチペアリング対応

Beats Studio Buds_イヤホン部分

iOSはもちろん、Androidでも簡単にペアリングが可能です。

Fast Pairをサポートしているため、Androidにも最適なワイヤレスイヤホンとなっています。

ポイント

AppleデバイスやAndroidデバイスでワンタッチペアリングが可能

Androidデバイスには、専用アプリにより設定やファームウェアのアップデートが可能となります。Appleデバイスに関しては、OS自体に設定機能が搭載しているためアプリは不要となります。

IPX4等級の耐汗耐水性能

Beats Studio Budsの耐汗耐水性能はIPX4となり、汗や雨で本体が濡れても影響を受けません。

ポイント

ジムやランニングで汗をかいても、耐汗性能を備えているので問題なく使用可能

ワークアウトなどで活用することができます。

参考

IPX4とは、いかなる方向からの水しぶきでも影響を受けないレベルに位置していますが、完全に浸水する場面では使えません。

充電ポートはUSB-C

Beats Studio Buds_USB-C

Beats Studio BudsはUSB Type-Cケーブルでの充電が可能です。

ポイント

充電端子がUSB-Cなので、Androidユーザーにとっても魅力的なワイヤレスイヤホン

Beats Studio BudsはUSB-Cで充電、AirPods ProはLightningでの充電となります。

Beats Studio Budsの発売日

Beats Studio Budsカラーバリエーション

Beats Studio Budsの発売日については、公式ページでは「今夏発売予定」となっていますが、具体的な日程は発表されていません。

米国とカナダでは現地時間の6月25日に発売されました。

日本での発売は7月以降となる可能性があるようです。

Beats Studio BudsとAirPods Proの比較

Beats Studio BudsとAirPods Proデザイン比較

左:Beats Studio Buds、右:AirPods Pro

Beats Studio BudsとAirPods Proの機能などの比較は以下のとおりです。

  Beats Studio Buds AirPods Pro
バッテリー

単体:8時間

ケース込:24時間

単体:5時間

ケース込:24時間

イヤーチップ 3サイズ 3サイズ
ノイキャン
外音取り込み
空間オーディオ
探す機能
耐汗耐水性能 IPX4 IPX4
耳検知
ワイヤレス充電
充電端子 USB-C Lightning
ケース込み重量 58g 56.4g
価格 17,800円 30,580円

※価格は公式価格(税込み)となります。

まとめ

この記事では、Beatsの新作であるBeats初のノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホン「Beats Studio Buds」について紹介しました。

コンパクトなモデルながら、パワフルでバランスに優れたサウンドを楽しめます。

ポイント

Beats Studio Budsはノイズキャンセリング機能などを搭載し、Androidユーザーにもかなり意識したスペックとなっていてコストパフォーマンスが高いモデルだと感じます。

日本では17,800円で販売予定とされており、非常に楽しみな製品です。音質については、購入したらブログの中で紹介させて頂きたいと思います。

また、発売日の詳細が分かり次第、情報を更新します。

Source:Apple , beatsbydre , Beats by Dre/YouTube

おすすめ記事

iphone13 1

iPhone13に関する最新情報が続々と登場してきたのでデザイン、CPU、ディスプレイ、新機能などスペックや発売日をまとめました。発売を待つべきか悩んでいる方は必見です。120Hz(LTPO OLED)ディスプレイに対応する可能性やデザインの大幅アップデートが期待されています。

新型iPad Pro 2021 2

iPad Pro 2021年最新モデルの実機レビューまとめ。デザインやサイズ感、ミニLEDディスプレイの特徴、M1チップ性能やカメラスペック、新機能を徹底解説します。買うべきか悩んでいる方、購入を検討中の方は参考にしてください。iPad Pro第5世代は従来モデルと比較し確かにAppleの主張する性能を備えていました。

Apple Watch Series 6レビュー 3

Apple Watch Series 6の購入を検討している方や気になっている方は必見です。アウトドアや家の中で日常的に使ってわかった優れているポイントを解説します。ソロループについてや、新機能の血中酸素濃度測定や心電図アプリや常時表示Retinaディスプレイの明るさ、バッテリーや使用した新機能も紹介していきます。

-Apple
-

Copyright© motifyublog , 2021 All Rights Reserved.