4K ノートPC

パソコン・周辺機器

【2021年最新】4Kディスプレイ搭載のおすすめノートPC【メリット・デメリット】

趣味や仕事、クリエイティブな作業など様々なシーンで利用されるノートパソコン。

持ち運びが非常にしやすくて便利なアイテムです。

 

最近ではWeb閲覧や、YouTubeなどの動画視聴、写真、動画編集はタブレットやスマホで済ませる方も多くいますが、やはりそのうえをいくノートパソコンは画面が大きくキーボードやマウス、外部インターフェイスなどを活用できて作業効率が格段に上がり、できることの幅が広がります。

 

4Kディスプレイ搭載のノートパソコンを選べば、より綺麗な映像を楽しめ、パソコン作業も非常に快適になります。

この記事では、4Kディスプレイ搭載ノートPCのメリット・デメリット、選ぶときのポイント、おすすめの4Kディスプレイ搭載ノートPCを徹底解説していきます。

ノートパソコンを購入しようとしている方、4Kディスプレイ搭載のノートパソコンが欲しい方、ノートPCからHDMIケーブルでテレビやプロジェクターに4K出力したい方は必見です。

 

4Kディスプレイの特徴

フルHDと4Kの違い

フルHDは2Kとも呼ばれ、1920×1080で約200万画素です。

4Kは3840×2160で約800万画素です。つまり4KはフルHDの4倍でクッキリ、綺麗なのが特徴です。

映像、画像、文字までもクッキリ、綺麗になり見え方が変わります。

 

4Kディスプレイのメリットとは

ノートPCから4K映像出力

4Kディスプレイは以下のようなメリットがあります。

4Kディスプレイのメリット

  • 映像が高精細で綺麗
  • 表示できる情報が多いので作業効率が上がる
  • 解像度が高いので画像や文字が見やすい

4Kディスプレイならインターネットやメールの文字も高解像度でより綺麗に見やすく表示できます。

綺麗な映像を体感でき作業効率も上がりますがデメリットもあります。

4Kディスプレイのデメリットとは

4KディスプレイノートPC

4Kディスプレイのデメリットは以下のとおりです。

4Kディスプレイのデメリット

  • 4K映像に耐えられるスペックが必要
  • 価格がやや高い
  • サイズは大きいものが多い

まず、4K映像を表示させるスペックがパソコンに必要です。

逆を言うと4Kディスプレイ搭載のノートパソコンは性能が良くスペックが高いとも言えます。

買ったら動作が重く、快適とは言えなかったなどのハズレが少ないです。

また、4Kディスプレイなので画面もそれなりに大きい15~17インチモデルが多くなります。

価格はフルHDディスプレイ搭載モデルよりやや高くなります。

 

4Kディスプレイ搭載のノートPCの選び方

複数のパソコン

4Kディスプレイ搭載のノートパソコンを選ぶときにチェックすべきポイントは以下のとおりです。

ポイント

  • ディスプレイとサイズ感
  • CPU
  • メモリとストレージ
  • 外部インターフェイス

これから4Kディスプレイ搭載のノートパソコンを買ってみたいという方のために、失敗しない選び方を詳しく解説します。

画面サイズは15インチ以上

ある程度大きいディスプレイのものを買わないと、4K解像度の意味がありません。

小さすぎると4K解像度の場合は文字が読めない場合があり、拡大表示する必要があります。

それはつまり解像度を下げる行為で、4Kである意味がないのです。

ポイント

画面サイズは15インチからがおすすめです。

ノートパソコンでは15~17インチのモデルが特に4K映像を存分に生かせます。

ディスプレイが大きくなるのと同時にサイズ感も大きくなりますが、最近では軽量薄型化されたモデルも多く販売されています。

CPUはCore i7以上

CPU

高精細な4K映像を表示させるためには、スペックを求められます。

ポイント

CPUはCore i7クラス以上のモデルであることが必要です。

Core i3、Core i5クラスのものはパワー不足となります。

スペックが低いと動作が不安定になったり、重くなる原因になります。

『4Kディスプレイ搭載』とうたっている製品は大抵が高性能CPUやグラフィックボードを搭載していますが、確認は大切です。

メモリとストレージは大容量

ストレージ画面

インターネットやAdobe Acrobat、Microsoft Officeアプリなど複数のアプリを一度に開くと、8GBのメモリではすぐに圧迫されます。(経験済み)

ポイント

メモリは16GB以上搭載のモデルがおすすめです。

ストレージに関しては、4K動画編集や一眼レフなどで撮影した高画質な写真などを多く扱う場合は、ストレージ容量の多いモデルを選ぶ必要があります。

4Kディスプレイ搭載モデルのノートパソコンは500GB、1TBと大容量のものが多い印象です。

参考

メモリ(RAM)とは、一時的にデータを高速なメモリに保存して、CPUとストレージのやり取りを高速化する役割があります。

ストレージ(SSD,HDD)とは、データを保存する役割があります。

外部インターフェイス搭載

外部インターフェイスとは、パソコン周辺機器と接続するために使用します。

特にチェックするポイントは以下のとおりです。

ポイント

  • USBの規格、数
  • HDMI出力端子
  • 有線LAN端子
  • 音声入出力端子
  • カードスロット
  • DVDドライブなど

様々な端子がありますが、こうした外部接続の用途も把握しておく必要があります。

特にパソコンの4K映像をテレビなどに表示させたい場合は、映像出力端子の確認が大切です。

 

4Kディスプレイ搭載のおすすめのノートPC

上記で解説した選ぶときのポイントを踏まえて厳選したノートパソコンを紹介していきます。

GIGABYTE AERO 15.6インチ

【Amazonで見る】GIGABYTE AERO 15.6インチ

4K有機ELパネル採用のノートパソコンです。

厚さ2cm、重さ2kgの薄型軽量モデルで持ち運び便利なのが特徴です。

スペックも高く非常に評価の高いおすすめの一台です。

仕様・スペック

ディスプレイ:15.6インチ

解像度:3840×2160

OS:Windows10 Home

CPU:インテル Core i7 10875H

メモリ:16GB (最大64GB)

グラフィック:NVIDIA GeForce GTX 1660Ti

ストレージ:SSD (M.2) 512GB

駆動時間:8.5時間

重量:2kg

GIGABYTE Fusion RGB各キー独立カラーバックライトキーボード搭載

USB 3.2 Gen1 (Type-A)‎x3‎ ​/Thunderbolt™ 3 (Type-C)‎x1 ​/HDMI 2.0‎x1 ​/mini DP 1.4‎x1 ​搭載

インテル第10世代の強力なプロセッサを搭載していて軽快なパフォーマンスを実現します。

クリエイティブな作業も効率良くでき、冷却性能も強化されているため快適です。

画面もフレームレスでスタイリッシュなモデルとなっています。

100%DCI-P3色域(sRGBよりも25%多くの色)をサポートし、さらに超高速1msの応答時間にも対応した魅力的な有機ELディスプレイです。

こんな方におすすめ

  • 高スペックなノートPCを求めている!
  • 4K動画視聴、ゲームなどをしたい!
  • スタイリッシュなモデルが欲しい!

 

Dell ノートパソコン XPS 15 9500

【Amazonで見る】Dell ノートパソコン XPS 15 9500

デスクトップパソコン並みの豊富な接続端子とスペックを備えたモデルです。

4Kディスプレイに、タッチパネルを搭載していて、タブレットのような操作性で使えるのが特徴です。

厚さが18mmと超軽量薄型です。

仕様・スペック

ディスプレイ:15.6インチ

解像度:3840×2400

OS:Windows10 Home

CPU:インテル Core i7 10750H

メモリ:16GB

グラフィック:NVIDIA GeForce GTX 1650Ti

ストレージ:SSD (M.2) 512GB

駆動時間:13時間(ストリーミング動画再生:8時間)

重量:2.05kg

GIGABYTE Fusion RGB各キー独立カラーバックライトキーボード搭載

USB3.2Gen2(Type-C/DP)x1/USB3.2Gen2(Thunderbolt3)x2/SDカードスロット(SD/SDHC/SDXC)搭載

インテルの最新の第10世代、8コア、16スレッドi7プロセッサー搭載でWeb閲覧はもちろん、動画編集や画像編集、重い処理も快適です。

ちなみに30分のフルHD動画は7分で書き出しが完了します。

ディスプレイはDolby VisionHDRコンテンツの優れたダイナミックレンジを最大限に活用することで、SDR PCディスプレイ上でかつてない色彩表現が実現します。

1650:1のコントラストでさらに500ニトの明るさにより屋外の使用も快適です。

スピーカーやモニター、テレビに接続することも可能です。

 Thunderbolt3(電源供給およびDisplayPort対応)が2ポートあり拡張性に優れています。

こんな方におすすめ

  • 持ち運びしてどこでも使いたい!
  • 使いやすさを重視したい!
  • 4K動画編集をしたい!

まとめ

まとめポイント

  • 映像が高精細で綺麗
  • 表示できる情報が多いので作業効率が上がり快適
  • 4Kディスプレイ搭載のノートパソコンは高性能
  • 4K対応モデルのパソコンは長く使える

最近では4Kテレビも増えてきて、4Kディスプレイ搭載ノートPCも増えてきました。

YouTubeやAmazonプライムビデオなどの動画配信サービスも4Kコンテンツがどんどん増加しています。

自宅で見る映画やゲームは綺麗な映像で体感したいものです。

どうせなら、より良い映像を。

 

以上、参考になれば幸いです。

おすすめ記事

1

新型iPhone13についてデザイン、CPU、ディスプレイ、新機能などスペックや発売日をまとめました。カメラ機能が大幅に向上し写真や動画の機能が進化しました。最新のA15 Bionicチップ搭載により、さらに快適な操作が可能となり優れたパフォーマンスを発揮するiPhone。

新型iPad Pro 2021 2

iPad Pro 2021年最新モデルの実機レビューまとめ。デザインやサイズ感、ミニLEDディスプレイの特徴、M1チップ性能やカメラスペック、新機能を徹底解説します。買うべきか悩んでいる方、購入を検討中の方は参考にしてください。iPad Pro第5世代は従来モデルと比較し確かにAppleの主張する性能を備えていました。

PS5とテレビ 3

PS5のスペックに最適なテレビの選び方とおすすめの最新4Kテレビをまとめました。HDMI2.1、4K120Hz、VRR、ALLM、eARC対応モデルを紹介。PS5をお持ちの方やこれから購入を検討している方、テレビの買い替えを検討している方は必見です。最適なテレビで次世代の最高品質なグラフィックを体感できます。

-パソコン・周辺機器
-

Copyright© motifyublog , 2021 All Rights Reserved.