Acer Chromebook Spin 311レビュー

パソコン・周辺機器

【Acer Spin 311レビュー】 コスパ最強のChromebook

ChromebookはGoogleが開発した「Chrome OS」を搭載したノートパソコンです。

その中でも今回紹介するモデルは、Webブラウジングや勉強、SNS、資料作成、YouTubeなどの動画視聴が出来て2~3万円台とかなりお安い価格です。

必要十分なスペックで、価格をできるだけ抑えたい方におすすめです。

この記事では、Acer Chromebook Spin 311実際に使ってみてわかった優れているポイント、弱点などをレビューしていきます。

Chromebookが気になる方や、購入を検討している方は参考にしてみてください。

Acer Chromebook Spin 311の特徴

Acer Chromebook Spin 311の外観

Acer Chromebook Spin 311は、11.6インチのタッチスクリーンに対応したIPS液晶(LEDバックライト)搭載のノートパソコンです。

2~3万円台(店頭価格)で買えるエントリーモデルです。

本体スペックは以下のとおりです。

スペック

画面サイズ 11.6インチ(光沢)
タッチ液晶
解像度 1366×768
CPU MediaTek プロセッサー
M8183C 2.00GHz
メモリ 4GB
ストレージ 64GB eMMC
バッテリー 約15時間
通信 Wi-Fi 5(IEEE802.11ac)
Bluetooth 4.0
端子 USB-Cポートx1
USB-Aポートx1
重量 1.05kg

ウェブ検索、動画視聴、メールなどの普段使いには最適なスペックです。

Acer Chromebook Spin 311を詳しく紹介していきます。

清潔感のあるデザイン

Chromebookのデザイン

Acer Chromebook Spin 311のデザインは、安っぽくはないけど高級感があるわけでもありません。

良くも悪くもシンプルなボディで落ち着いていて、清潔感のある印象です。

指紋など汚れやキズは目立たない仕上がりとなっています。2~3万円台と考えると十分すぎる質感です。

Acer Chromebook Spin 311_側面の端子

本体の厚さは約18mmと薄型設計で、持ち運びには便利です。

インターフェースは必要最低限となっていて、右側にUSB Type-A端子が1つ、左側にはUSB Type-C端子(電源兼用)とイヤホンジャックを搭載しています。

ポイント

マウスや外部ストレージなど一般的な周辺機器も接続可能です。

多くの周辺機器を接続したい場合は、USBハブなど外部メモリーカードリーダーなどを使う必要があるのが弱点です。

また、底面部にはステレオスピーカーが搭載されています。高負荷な作業が想定されていないため、タブレット同様にファンは搭載されていません。

使い勝手が良いサイズ感

Chromebookのサイズ感

Acer Chromebook Spin 311のサイズは約290.0 x 18.8 x 206.0 mmで、A4サイズよりひと回り小さいスリム設計となっています。

机の上に置いて使っていても、圧迫感がなく省スペースでコンパクトです。

Chromebookの重さ

重さは約1.05Kgで、ノートパソコンとしては軽いモデルで持ち運びには便利です。

この薄さと重さながら15時間のバッテリーライフを搭載しているのも優れているポイントです。

ポイント

軽量薄型モデルのため、持ち運びに便利です。

12.9インチiPad ProMagic Keyboardを合わせた重量が約1.4kgでM1 MacBookでも約1.3kg。

癖のない日本語キーボード

Chromebook_キーボード配列

キーボードの配列は全体的に癖が少ない印象です。

Ideapad Duetと比較検討した際に、キーボードの打鍵感がAcer Chromebook Spin 311の方が心地良く感じました。

キーボードはバックライトは搭載していません。タッチパッドの感覚は少し安っぽく感じます。

Chromebook_pc

打鍵感はしっかり安定しているため、高速タイピングが可能です。

資料作成やメールなど文章を打ち込む際は、非常に快適です。

起動や処理速度がとにかく速い

Chromebook_CPU性能

Acer Chromebook Spin 311は、MediaTek M8183Cと聞き慣れないCPUを搭載していますが、インテル製のCPUで言うところのCore i3ほどのスペックとなります。

ポイント

起動や処理速度がとにかく速く、想像以上にサクサク動きます。

データは基本的にクラウド上に保存するため軽く、起動するアプリも少ないので起動や処理速度が速くなります。

Geekbench 5でベンチマークを計測した結果、シングルコアが270、マルチコアが923となりました。

2~3万円台のパソコンがどれだけ実用的に使えるかが問題ですが、Webブラウジングや勉強、メールや資料作成、SNS、YouTubeなどの動画視聴などの使い方であれば十分なスペックです。

注意ポイント

簡単なスマホ用のゲームアプリは問題なくプレイできますが、高解像度のゲームは高性能なPCやスマホがおすすめです。

Chromebookは動作が軽くて良いという意見と、重くてあまりよくないパソコンという意見がありますが、それは使い方次第だと感じます。

タブレットとしても使える

Chromebook_タブレット

Acer Chromebook Spin 311は、360°ヒンジのタッチスクリーンを搭載しているためタブレットとしても使えます。

ディスプレイを回転させられる「コンバーチブル型」となります。

ポイント

タッチで直感的な操作ができるのでタブレット型は便利です。

テント型にして省スペースで利用することもできるので、様々なシーンで活用できます。

重さが1kg程度あることで、タブレットとして使うには少し重く感じます。常にタブレットとして使いたいならiPadをおすすめします。

Google Playストアが使える

Chromebook_Google Playストアが使える

Google公式の「Playストア」で配信しているAndroidアプリを利用することができます。

ポイント

AmazonプライムビデオHuluなどの動画配信サービスやKindle、Zoom、SNS、Androidスマホ向けゲームなどを楽しめます。

無料のオフィスソフトも、Googleドキュメント、Googleスプレッドシートなどのサービスが使えます。

ログインすれば、既にスマホで作ったデータもChromebook上で引き続き使える強みがあります。

注意ポイント

Microsoft Officeを利用する場合は、Microsoft 365の購入が必要です。

セキュリティや設定が必要ない

Chromebook

初期設定時には、Googleアカウントでログインし、Wi-Fiの設定をするだけなので簡単です。

ポイント

Googleアカウントの同期により、他のパソコンやスマホと同じ環境になり便利です。

複雑な初期設定及びカスタマイズなどはなく、直感的な操作ができます。

Windowsパソコンのように、「ウイルスバスター」や「カスペルスキー」などのセキュリティソフトを導入する必要もありません。

また、OSのアップデートは自動更新のため非常に快適です。

Chromebookはこんな人におすすめ

Chromebook_Webブラウジング

Googleの提供するサービス全般を普段から利用している方であれば、十分その価値を感じてもらえると思います。

Chromebookがおすすめの方は以下のとおりです。

こんな方におすすめ

  • 2~3万円台のノートパソコンが欲しい!
  • Webブラウジング、動画視聴がしたい!
  • 資料作成など仕事で使いたい!
  • 教育や勉強で使いたい!
  • 動画編集やイラスト制作など重い作業はしない!

パソコン本体を買い換える際も、Googleアカウントの同期によりChromeBookの利便性を実感します。

Windowsのパソコンと比べると出来ることがかなり制限されています。出来ることが制限されているからこそ、教育や仕事での活用に向いているノートパソコンと言えます。

まとめ

Chromebook_本体ロゴ

Chromebookは、2~3万円台と安いのにサクサク動作する高いコストパフォーマンスが1番の選ぶ理由です。

そんな中で、Acer Chromebook Spin 311はシンプルな操作性やコスト面で非常に優れています。

Windowsのパソコンなら動かないようなスペックですが、Chrome OSなら動くといった印象です。

今はウェブ上で完結する時代です。

ポイント

主な用途がWebブラウジングやメール、書類作成、動画視聴など軽い作業ならChromebookで事足ります。

用途が明確でChromeやAndroidアプリをメインで活用するなら、高い満足感を得られるノートパソコンです。

おすすめ記事

1

新型iPhone13についてデザイン、CPU、ディスプレイ、新機能などスペックや発売日をまとめました。カメラ機能が大幅に向上し写真や動画の機能が進化しました。最新のA15 Bionicチップ搭載により、さらに快適な操作が可能となり優れたパフォーマンスを発揮するiPhone。

新型iPad Pro 2021 2

iPad Pro 2021年最新モデルの実機レビューまとめ。デザインやサイズ感、ミニLEDディスプレイの特徴、M1チップ性能やカメラスペック、新機能を徹底解説します。買うべきか悩んでいる方、購入を検討中の方は参考にしてください。iPad Pro第5世代は従来モデルと比較し確かにAppleの主張する性能を備えていました。

PS5とテレビ 3

PS5のスペックに最適なテレビの選び方とおすすめの最新4Kテレビをまとめました。HDMI2.1、4K120Hz、VRR、ALLM、eARC対応モデルを紹介。PS5をお持ちの方やこれから購入を検討している方、テレビの買い替えを検討している方は必見です。最適なテレビで次世代の最高品質なグラフィックを体感できます。

-パソコン・周辺機器
-

Copyright© motifyublog , 2022 All Rights Reserved.