新型iMac(Pro)2022

Mac

【最新情報まとめ】2022年新型iMac Pro 発売日・スペック

大型ディスプレイを搭載した新型iMacが、2022年に登場するという情報が続々と出てきました。

iMacはMacBook Proとは違い、据え置きのデスクトップモデルとなります。

多くの海外メディアが27インチiMacの後継モデルの登場に期待しています。

この記事では、次期モデルの新型iMac Proについてデザインや予想スペックをまとめていきます。

次期モデルのiMacが気になっている方、iMacを購入しようか悩んでいる方は参考にしてください。

新型iMac Proの最新情報まとめ

新型iMac(Pro)2022_ri-ku

現時点で公開されている情報および予想は以下のとおりです。

ポイントまとめ

  • iMac Proとして登場
  • 新たなデザインを採用
  • ミニLEDディスプレイ搭載
  • ProMotionテクノロジー対応
  • 画面サイズは27~30インチ
  • チップはM1 Pro/M1 Max搭載
  • 発売は2022年3月~4月

詳しく解説していきます。

iMac Proとして登場

新型iMac

次期モデルはiMac 27インチではなく、iMac Proとして登場する可能性が高いとしています。名称についてはまだ決定されていません。

ポイント

ハイエンドモデルとして登場し、現行の27インチiMacを置き換えるモデルとなると予測されています。

通常のモデルがiMac 24インチのみとなり、大型でハイエンドなモデルがProとして登場されると予測されています。

新たなデザインを採用

iMac 24インチとはデザインが大きく異なり、Proモデルとして重厚感のある洗練されたデザインになると予測されています。

ポイント

画面のベゼルも細くなり、さらに薄型化しiMac 24インチと差別化を図ると報じられています。

iPad Airはカラフルでポップな印象ですが、iPad Proはシルバーやスペースグレイなどの重厚感のあるカラーとなっているように、次期モデルもProモデルとしてハイエンドモデルはシルバーやスペースグレイなどのカラー展開になる可能性があります。

ミニLEDディスプレイ搭載

iMac_27inch_expected

ディスプレイ業界に詳しい調査会社「DSCC」のロス・ヤング氏によると、2021年の新型MacBook Proに採用された「Liquid Retina XDRディスプレイ」が大型のiMacにも採用されると予測されています。

ポイント

高コントラストのため、より立体的で自然な映像を映し出します。より鮮明な映像が表示されます。

新型iPad Pro12.9インチモデルでも採用されているミニLEDディスプレイは、動画視聴だけでなく動画制作など様々なシーンで大きな価値を持つディスプレイです。

ProMotionテクノロジー対応

120Hzリフレッシュレート対応

ディスプレイのリフレッシュレートは120Hz(ProMotionテクノロジー)に対応すると予測されています。

ポイント

ProMotionテクノロジーによる最大120Hzのアダプティブリフレッシュレートに対応する可能性があります。

AppleのPro Display XDRのような映像美を実現すると言われています。

画面サイズは27~30インチ

 

theapplehub

ディスプレイ業界に詳しい調査会社「DSCC」のロス・ヤング氏によると、画面のサイズは現行のiMac 27インチモデルよりもベゼルが細くなり27インチ以上になると予測されています。

ポイント

現行モデルよりも大型化され27~30インチに刷新される可能性があります。

ベゼルレスとなり、より視認性も向上しスタイリッシュなディスプレイとなるため、画像編集や動画編集などクリエイティブな作業がより捗ります。

チップはM1 Pro/M1 Max搭載

搭載されるチップは新型MacBook Proと同じく、M1 Pro/M1 Maxになると予測されています。

しかしiMacはデスクトップパソコンということで、MacBook Proよりも性能の高い新たなチップが採用される可能性もあります。

ポイント

搭載プロセッサはM1 Pro/M1 Maxと予測されていますが、デスクトップモデルのため新たなチップが採用される可能性もあると報じられています。

発売は2022年3月~4月

ディスプレイ業界に詳しい調査会社「DSCC」のロス・ヤング氏によると、2022年第1四半期頃に登場する可能性が高いと報じています。

ポイント

2022年春のAppleイベントで大々的に発表され登場すると予測されています。

また、ハイエンドモデルとして大画面でミニLEDディスプレイを採用し最新チップを搭載するとなると価格は新型MacBook Pro以上となり、エントリーモデルで20万円以上になると言われています。

まとめ

iMac 24インチよりも特別なデザインとなり、Proモデルにふさわしいスペックとなって登場すると予測されています。

多くの海外メディアでは、2022年モデルの新型iMacは非常に期待が高まっていて話題となっています。

新しいデスクトップのProモデルが欲しい方は今後の情報に注目です。

新たなスペックや新機能が分かり次第、情報を更新します。

これらは初期の情報で、最終スペック、デザインは変わる可能性があります。

Source:MacRumours, Svetapple.sk, Luke Miani, Apple ,Apple Hub , Konstantin Milenin

 

おすすめ記事

1

新型iPhone13についてデザイン、CPU、ディスプレイ、新機能などスペックや発売日をまとめました。カメラ機能が大幅に向上し写真や動画の機能が進化しました。最新のA15 Bionicチップ搭載により、さらに快適な操作が可能となり優れたパフォーマンスを発揮するiPhone。

新型iPad Pro 2021 2

iPad Pro 2021年最新モデルの実機レビューまとめ。デザインやサイズ感、ミニLEDディスプレイの特徴、M1チップ性能やカメラスペック、新機能を徹底解説します。買うべきか悩んでいる方、購入を検討中の方は参考にしてください。iPad Pro第5世代は従来モデルと比較し確かにAppleの主張する性能を備えていました。

PS5とテレビ 3

PS5のスペックに最適なテレビの選び方とおすすめの最新4Kテレビをまとめました。HDMI2.1、4K120Hz、VRR、ALLM、eARC対応モデルを紹介。PS5をお持ちの方やこれから購入を検討している方、テレビの買い替えを検討している方は必見です。最適なテレビで次世代の最高品質なグラフィックを体感できます。

-Mac
-,

Copyright© motifyublog , 2021 All Rights Reserved.