iPad Air5_iPad Air4比較

iPad

新型iPad Air 5は買うべき?iPad Air 4と違いを比較

iPad Airは、iPadシリーズの中でも性能と価格のバランスが良く一番コスパの高いモデルです。

iPad Air 第4世代は2020年秋に発売しましたが、最新モデルであるiPad Air 第5世代は2022年春に約2年ぶりにアップデートされて登場しました。

この記事では、iPad Air 第5世代とiPad Air 第4世代の違いについて比較し解説していきます。

新型が気になる方、iPad Airの購入を検討している方は参考にしてください。

また、iPad Proとの違いを比較したい方は関連記事を参考にしてください。

新型iPad Air 5とiPad Air 4の違いを徹底比較

iPad Air おすすめ

新型iPad Air 5とiPad Air 4の違いを比較してまとめました。

 

iPad Air(第5世代)

iPad Air(第4世代)

ディスプレイ 10.9インチ
Liquid Retina
2,360 x 1,640ピクセル
264ppi
500ニトの輝度
10.9インチ
Liquid Retina
2,360 x 1,640ピクセル
264ppi
500ニトの輝度
ProMotion
プロセッサ M1 A14 Bionic
メモリ 8GB 4GB
ストレージ 64GB
256GB
64GB
256GB
背面カメラ 12MP広角カメラ(f/1.8) 12MP広角カメラ(f/1.8)
フロントカメラ 12MP超広角カメラ(f/2.4)
FaceTime HDカメラ
7MP広角カメラ(f/2.0)
FaceTime HDカメラ
スピーカー ステレオスピーカー ステレオスピーカー
生体認証 Touch ID Touch ID
バッテリー ビデオ再生(Wi-Fi):
最大10時間
ビデオ再生(Wi-Fi):
最大10時間
通信 5G(Sub6)
Wi-Fi 6(802.11ax)
Bluetooth 5.0対応
Wi-Fi 6(802.11ax)
Bluetooth 5.0対応
充電端子 USB-C
USB 3.1 Gen 2(最大10Gb/s)
USB-C
重量 Wi-Fi:461g
Cellular:462g
Wi-Fi:458g
Cellular:460g
本体カラー スペースグレイ
スターライト
ピンク
パープル
ブルー
シルバー
スペースグレイ
ローズゴールド
グリーン
スカイブルー
価格 74,800円~ 62,800円~

最大の違いはプロセッサにM1チップが搭載されたことです。さらに、メモリが倍の8GB搭載となりフロントカメラが強化されました。

しかしながら、従来モデルのiPad Air 4と比べ重量がやや重くなり価格が上がりました。

詳しく違いを解説していきます。

M1チップ搭載で処理性能が大幅向上

M1vsA14

最大の進化ポイントは、搭載チップがAシリーズからMシリーズになったことです。

iPad Air 4にはA14 Bionicが搭載されていましたが、新型iPad Air 5ではiPad Proと同じM1チップが搭載され処理性能が大幅に向上しました。

ポイント

A14 BionicチップからM1チップに進化し、大幅にパワーアップしました。

iPad Air 4に比べCPU性能が最大60%高速化されて、GPU性能も最大2倍高速化しました。

iPadで最新ゲーム

M1チップが搭載されたことで、グラフィックが綺麗なゲームや4K動画編集もより快適になりました。

メモリが8GB搭載され高速化

iPad Pro_マルチタスク機能

iPad Air 4ではメモリは4GB搭載されていましたが、新型iPad Air 5はM1チップを搭載した兼ね合いでメモリも2倍の8GBが搭載されました。

ポイント

メモリ容量が4GBから8GBへ向上しました。

多くのアプリを快適に起動したり、大量のデータの読み込みがさらに高速化しました。

1つの処理が終了するまで、他のアプリの実行を控えていた場面でも同時に実行することが可能になりました。

高画質ゲームや動画のエンコードなど、様々な処理で動作が以前より軽くなっています。

フロントカメラが12MPに向上

iPad Air 5のフロントカメラ新型iPad Air 5は、メインカメラは同じ12MPのシングルカメラが搭載されましたが、フロントカメラの画素数が7MPから12MPに向上しました。

さらに、12MP超広角フロントカメラは、自分や他のユーザーを常にフレーム内に収めてくれるセンターフレーム機能にも対応しました。

ポイント

  • フロントカメラが7MPから12MPに向上
  • 超広角レンズ搭載
  • センターフレーム対応

また、スマートHDR 3や1080p HDビデオ撮影(25fps、30fp)、手ブレ補正機能を使ったタイムラプスビデオ、ビデオの拡張ダイナミックレンジ(最大30fps)、映画レベルのビデオ手ブレ補正(1080pと720p)、レンズ補正などの機能が追加され、画素数だけでなく機能面も大きく改善されました。

5G通信に対応

5G対応

新型iPad Air 5は、最新通信規格の5G(サブ6のみ)に対応しました。5Gについてはエリアが拡大しているのでセルラーモデルを選択した方は恩恵を受けられます。

ポイント

超高速、大容量通信が可能になり、さらには超低遅延、多数同時接続が可能となります。

USB-Cの転送速度が10Gbpsに向上

iPad ProのThunderboltの拡張性

新型iPad Air 5は、USB-Cの転送速度が5Gbpsから10Gbpsに向上しました。

ポイント

従来モデルよりもさらに高速な転送が可能となります。

ただし、iPad ProのようなThunderbolt(最大転送速度は40Gbps)になったわけではありません。

ディスプレイは進化なし

iPadの大画面でブラウジング

新型iPad Air 5(10.9インチ)はLiquid Retinaディスプレイが採用されています。True Tone、P3の広色域、反射防止コーティングに対応していて画面の美しさと持ち運びやすさが魅力です。

従来モデルのiPad Air 4とディスプレイは変わりません。そのため、iPad Air 4のアクセサリーとも互換性があります。

ポイント

新型iPad Air 5はiPad Air 4と同じディスプレイです。

iPad Airメモリテスト

iPad Proと違い、リフレッシュレートが最大120Hzの「ProMotionテクノロジー」には対応していません。つまり画面のリフレッシュレートは60Hzです。

最初に120HzのiPad Proに触れてしまうと、滑らかな画面の快適さ故にiPad Proを選びたくなってしまうくらいに60Hzと120Hzの差は大きいのです。

iPad Air(第5世代) iPad Air(第4世代)
10.9インチ Liquid Retina
2,360 x 1,640ピクセル
264ppi
500ニトの輝度
LEDバックライトMulti-Touch
広色域ディスプレイ(P3)
True Toneディスプレイ
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
1.8%の反射率
500ニトの輝度
Apple Pencil(第2世代)対応
10.9インチ Liquid Retina
2,360 x 1,640ピクセル
264ppi
500ニトの輝度
LEDバックライトMulti-Touch
広色域ディスプレイ(P3)
True Toneディスプレイ
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
1.8%の反射率
500ニトの輝度
Apple Pencil(第2世代)対応

サイズ感・デザインは変わらず重量が増加

iPad Air おしゃれデザイン

新型iPad Air 5は従来のiPad Airと同じく、ホームボタンのないフルスクリーンディスプレイでフラットなデザインになっています。

寸法は新型モデルも247.6 x 178.5 x 6.1mmとなり同じですが、M1チップ搭載のためSoC周りが変更となっているので重量は新型の方が3g(Wi-Fiモデル)重くなっています。

ポイント

デザイン、サイズ感(寸法)は同じですが、重量がやや重くなっています。

iPad Air(第5世代) iPad Air(第4世代)
Wi-Fi:461g
セルラー:462g
Wi-Fi:458g
セルラー:460g

iPad Air 4との差額は12,000円

iPad Air とiPad Pro比較

新型iPad Air 5は、従来モデルのiPad Air 4より価格が12,000円高くなっています。(価格はすべて公式価格です)

価格は高くなっていますが、M1チップを搭載したりと性能が向上しているためコスパは良いと言えます。ただし、iPad Air 4を安く買った方がよりお得に感じる方も多いと思います。

長く使うなら、さらに使い勝手がよくなって進化した新型iPad Air 5をおすすめします。

iPad Air 4を購入した後に「新型iPad Air 5を買えばよかった」と後悔することはあっても「iPad Air 4を買えばよかった」と後悔することはないでしょう。

iPadシリーズ価格比較また、iPad Proとの差額は14,000円となります。iPad Air 5の購入を検討している方は、iPad Proとどっちを買うべきか確認することも視野に入れることをおすすめします。

ポイント

コスパ重視:iPad Air 4(62,800円~)

バランス重視:iPad Air 5(74,800円~)

性能重視:iPad Pro(94,800円~)

まとめ

iPad Air本体

M1チップを搭載した最新モデルのiPad Air(第5世代)とiPad Air(第4世代)の違いを比較し徹底解説しました。

ポイント

デザインは大きく変わりませんが、性能や機能が大きく進化しました。

動画視聴、音楽鑑賞、ブラウジング、SNS閲覧、ゲームなどにより最適なiPad Airになりました。

スペックは現行モデルのiPad Proに匹敵するレベルです。価格もiPad Proよりも安いのでお得なモデルとなります。

性能と価格のバランスが良く一番コスパの高いモデルが欲しい方は新型iPad Airがおすすめです。

Source: Apple

 

おすすめ記事

iPhone 14 Pro レビュー 1

新型iPhone14 Proを実際に使って感じた気になる進化ポイントと弱点をレビューします。ダイナミックアイランド(Dynamic Island)の操作感や実用性、常時表示ディスプレイのバッテリー持ちも解説。カメラ性能強化、衝突事故検出機能など便利な新機能も多数搭載されました。

AirPods Pro2_10jpg 2

AirPods Pro(第2世代)に関する最新情報が続々と登場してきたのでデザイン、新機能などスペックや発売日をまとめました。新型AirPods Proは大幅なモデルチェンジとなって登場しました。今、AirPods Proを買うか悩んでいる方は参考にしてください。

PS5とテレビ 3

PS5のスペック性能に最適なテレビの選び方とおすすめの最新型4Kテレビを紹介していきます。テレビ次第でより高画質で滑らかな、次世代の最高品質なグラフィックを体感することができます。PS5をお持ちの方やこれから購入を検討している方、テレビの買い替えを検討している方は必見です。

ガジェット晒し_画像 4

普段の生活に取り入れて毎日のように使っている、買ってよかった便利なガジェットや家電を紹介していきます。いまの生活をより快適にできるような、おすすめのアイテムをまとめています。価値が還元されて元が取れるガジェットは生活満足度が格段に上がります。最新ガジェットや家電で生活に快適さやクリエイティブを。

Amazonタイムセール祭り 5

Amazonで定期的にビックセール「タイムセール祭り」が開催されます。購入前にやっておくべきこと、タイムセールはいつ。等タイムセール祭りでお得に買い物する方法を徹底解説。KindleやFireタブレットなどのAmazon端末以外にも、iPad ProやMacBook Proが過去にセール対象に。目玉商品を見逃せません。

-iPad
-,

Copyright© motifyublog , 2022 All Rights Reserved.