iPhone14_フルモデルチェンジデザイン

iPhone

iPhone14は新デザインで大幅進化【デザイン・スペック】

2022年に発売すると予想されているiPhone14の最新情報などの話題が続々と出てきました。

iPhone14では、デザインが大幅に刷新され、iPhone13では搭載されなかった革命的な機能が搭載されると予想されています。

デザインが従来のモデルと大きく変わると言われているiPhone14は非常に楽しみなモデルです。

iPhone14_Series

iPhone14シリーズはまだ先の話ですが、現時点で公開されている情報および予想を徹底解説していきます。

iPhone14を待つべきか悩んでいる方は参考にしてください。

iPhone14は新デザイン

Apple_iPhone14matome

2022年モデルのiPhone14は、デザインが大きく変わります。

新たなデザインの特徴は以下のとおりです。

ポイント

  • iPhone4に近いデザインが採用
  • パンチホールデザインが採用
  • 背面カメラが本体に埋め込まれてフラット化
  • 耐久性に優れたチタン素材が採用
  • ProシリーズにUSB-C搭載

iPhone13ではデザインは大きく変わりませんが、iPhone14はデザインが刷新され大幅なモデルチェンジとなることが期待されています。

現時点での最新情報および予想を詳しく解説していきます。

iPhone4に近いデザインが採用

iPhone14とiPhone4

的中率の高いリーカーであるジョン・プロッサー氏によると、iPhone14シリーズはiPhone4に近いデザインが採用されるとしています。

ポイント

本体はフラットエッジなデザインでありつつも、側面の音量ボタンが丸型になり、背面カメラが本体内部に埋め込まれるデザインとなります。

iPhone4をベースとしたデザインに変更されると予想されています。

パンチホールデザインが採用

iPhone14_2022_9

ディスプレイ業界の内情に詳しいロス・ヤング氏によると、iPhone14シリーズはフロントカメラがパンチホール式になるとコメントしています。

これにより、大幅に画面の視認性が向上します。

ポイント

ノッチを廃止しパンチホールデザインへ大幅アップデートされると予想されています。

パンチホールデザインについては、丸と横長の2つになる可能性が高いとしています。

また、iPhone14シリーズでは120Hzのリフレッシュレートに対応するとしていて、従来のiPhoneの2倍高速な「ProMotion」が採用されるとしています。

Appleの情報に詳しいアナリストのミンチー・クオ氏によると、差別化を図るため一部のハイエンドモデルにのみ採用されると報じています。

「ProMotion」は新型iPad Proなどで採用されていて、素早い映像の動きも滑らかに表示され、より綺麗なディスプレイ表示となります。

背面カメラが本体に埋め込まれてフラット化

iPhone14カメラ大幅アップグレード

従来のiPhoneでは背面カメラユニットが出っ張るデザインでしたが、背面カメラユニットが本体内部に埋め込まれるデザインになると予想されています。

しかしながら一部情報によると、現行モデルと同じデザインになるとしています。

ポイント

本体とカメラユニットが同一面となるため、よりフラットでスタイリッシュなデザインとなります。

しかしながら、カメラユニットを埋め込むことで若干本体の厚みが増すと報じられています。

また、カメラ性能に関しても大幅に進化します。アナリストのミンチー・クオ氏によると、4800万画素カメラで8Kビデオ撮影やペリスコープレンズ搭載で5~10倍の光学ズームに対応すると報じています。

耐久性に優れたチタン素材が採用

iPhone14_フラットデザイン

従来のiPhoneのフレームはステンレスですが、iPhone14のフレーム(側面)にはチタン素材が採用されると予想されています。

ポイント

耐久性に優れ、高級感のあるデザインになります。

ProシリーズまたはPro Maxにのみ採用される可能性があります。

ProシリーズにUSB-C搭載

iPhone14_USB-C

充電ポートはProシリーズがUSB-C端子搭載と予想されています。

また、iDrop Newsによると、iPhone14シリーズはLightning端子が搭載されるものの通信速度が向上する可能性もあると報じています。

ポイント

外部接続端子はUSB-Cまたは高速化したLightningを搭載する可能性があります。

また、スピーカーやマイク部分がメッシュ仕様にアップデートされると報じられています。

A16 Bionicチップ搭載で大幅進化

A16 Bionic

iPhone14シリーズでは4nmプロセスで製造されるA16 Bionicチップが搭載されると報じられています。

ポイント

A16 Bionicチップ搭載により、CPUコアの性能がさらに高速化しグラフィック性能も向上します。

現行モデルよりもさらに快適な操作が可能となり、優れたパフォーマンスが期待できます。

A16 Bionicは4nmプロセスルールのチップで、より電力効率が向上するためバッテリーの持続時間が長くなります。

指紋認証Touch ID搭載の噂

iPhone14_新型ディスプレイ

ディスプレイ業界の内情に詳しいロス・ヤング氏は、ディスプレイ下埋め込み型のFace IDを開発していると予想しています。

しかしながら、iPhone14には搭載されないと報じられています。

iPhone次期モデルデザイン

ポイント

画面埋込式のTouch IDは、iPhone14以降のモデルで搭載される可能性があるとしています。

発売はまだまだ先なので、仕様が激変する可能性も考えられます。新たなスペックが分かり次第、情報を更新します。

Wi-Fi 6E対応

省電力モード_デザイン

iPhone14シリーズはWi-Fi 6Eに対応すると予想されていて、より高速な通信が可能となります。

Wi-Fi 6Eは2020年1月にWi-Fi Allianceが発表した新しいWi-Fiの規格です。

「E」はExtendedを意味していて、Wi-Fi 6を拡張しより高速な通信が可能な規格となります。

まとめ:iPhone14は大幅なモデルチェンジ

iPhone14_メジャーアップデート

iPhone14に関する最新情報が続々と登場してきたのでまとめました。

2022年モデルのiPhone14は大幅なモデルチェンジとなることが予想されています。

最新情報まとめ

  • CPUはA16 Bionic搭載
  • パンチホールデザインのディスプレイ
  • 120Hzのリフレッシュレートに対応
  • 背面カメラがフラットデザインになる
  • 4800万画素カメラ搭載
  • ProシリーズにUSB-C搭載
  • 耐久性に優れたチタン素材が採用
  • Wi-Fi 6Eに対応

2022年はフルディスプレイのiPhoneXが登場して5年が経過することから、Appleは大きなアップデートを画策している可能性が高いです。

また新たなスペックや新機能が分かり次第、情報を更新します。

これらは初期の情報で、最終スペック、デザインは変わる可能性があります。

Source:FRONT PAGE TECH , Ross Young , Apple Hub , Apple Hub(2) , Apple Hub(3)

 

おすすめ記事

AirPods Pro2デザイン 1

AirPods Pro(第2世代)に関する最新情報が続々と登場してきたのでデザイン、新機能などスペックや発売日をまとめました。海外メディアの噂や予想を徹底解説します。次世代のAirPods Proは大幅なモデルチェンジが期待されています。今、AirPods Proを買うか悩んでいる方は参考にしてください。

iPhone14_2022_new 2

iPhone14に関する情報が続々と登場してきたのでまとめました。2022年向けの新型チップ A16 Bionicが開発中との噂です。4K 120Hz(LTPO OLED)ディスプレイが搭載し、デザインが大幅アップグレードされフルモデルチェンジが期待されます。またカメラスペックなど最新情報を徹底解説していきます。

PS5とテレビ 3

PS5のスペックに最適なテレビの選び方とおすすめの最新4Kテレビをまとめました。HDMI2.1、4K120Hz、VRR、ALLM、eARC対応モデルを紹介。PS5をお持ちの方やこれから購入を検討している方、テレビの買い替えを検討している方は必見です。最適なテレビで次世代の最高品質なグラフィックを体感できます。

ガジェット晒し_画像 4

普段の生活に取り入れて毎日のように使っている、買ってよかった便利なガジェットや家電を紹介していきます。いまの生活をより快適にできるような、おすすめのアイテムをまとめています。価値が還元されて元が取れるガジェットは生活満足度が格段に上がります。最新ガジェットや家電で生活に快適さやクリエイティブを。

-iPhone
-,

Copyright© motifyublog , 2022 All Rights Reserved.