2021年おすすめの4Kテレビ

ブログ

おすすめ4Kテレビ5選!選び方のポイント徹底解説【最新機種・安いモデル】

テレビは、番組を見る以外にもDVDやBlu-rayを見たり、ゲームをしたりと日常生活に欠かせないものとなっています。

最近では4K対応テレビや有機ELテレビが増えてきました。

2021年、もう時代は4Kです。

4K対応テレビも以前のフルHD対応テレビと同様の値段になってきて、かなり普及してきました。

 

お家で過ごす時間も増えてきていて、Netflix、Hulu、Amazon Prime Videoなどの動画配信サービスに対応しているテレビだったり、臨場感のある美しい映像のテレビが欲しい、買い替えたいと思っている方は多いのではないでしょうか。

この記事では、テレビを購入する際の選び方のポイントと、おすすめの最新4Kテレビをご紹介します。

テレビの買い替えを検討している方、新しいテレビが気になっている方は必見です。

 

テレビを選ぶ5つのポイント

テレビとBDリモコン

4Kテレビは、登場した当時に比べて価格は安くなり、4Kならではの搭載機能が増えています。

「4Kテレビはまだ早い!」「4Kテレビは割高!」という概念を捨てましょう。

2021年、購入するなら機能面など総合的なバランスを考えても4Kテレビはコストパフォーマンスが良いです。

 

しかしテレビは安い買い物ではありません。

失敗しないテレビの買い替えのためにも、テレビを選ぶ際のポイントを知っておく必要があります。

テレビ選びの際に大切なことを、1つずつ分かりやすく解説していきます。

液晶テレビと有機ELテレビの違い

テレビの種類には「液晶テレビ」「有機ELテレビ」の2種類があります。

それぞれの特徴やメリットとデメリットをおさえておきましょう。

液晶テレビ

液晶テレビは一般的なテレビで、『液晶パネル+バックライト』の組み合わせで映像を映し出します。

価格も安く、大画面で高画質なモデルが多くあります。

メリットとデメリット

【メリット】

・価格が安い

・商品ラインナップが豊富

・電気代が安い

【デメリット】

・黒色表現に弱い

・本体が厚く重量がある

また、有機ELテレビよりも画面は明るくパネル寿命も長いです。

電気代は有機ELテレビのおよそ半分も省エネとなります。

 

有機ELテレビ

有機ELはパネル自体を発光させることができるテレビです。

液晶テレビとの違いは、バックライトなしでパネルそのものが発光して映像を映し出します。

コントラストに優れていて、より高画質な映像を楽しめます。

メリットとデメリット

【メリット】

・画質が良い

・応答速度が速い

・本体が薄い

【デメリット】

・価格が高い

・電気代が高い

とにかく発色が良く、液晶が苦手とする黒色もしっかりと再現できて鮮やかで美しい映像となります。

しかし電力を使うため、電気代が液晶テレビより高くなります。

画面のサイズ

画面の大きさは、テレビを置く部屋の広さなど、使う環境に合わせて選ぶことが大切です。

4Kテレビの最適な視聴距離の目安は、『画面の高さ×1.5倍』となります。

詳しくは以下のとおりとなります。

画面サイズ 部屋の畳数
43V型 4~6畳
46V型 6畳
49V型 8畳
52V型 8~10畳
60V型 10畳以上
70V型以上 10畳以上

 

解像度(画質)

解像度とは画質を表しています。

ポイント

一般的なのが『フルHD』と呼ばれているものになり、1920×1080ピクセルとなります。

『4K』とはフルHDの4倍の画素数を持っています。3840×2160ピクセルで画質が良いです。

フルHDは200万画素ですが、4Kは800万画素になり、映像はさらに美しく鮮明になりました。

2021年は、さらにメーカー側でも4Kテレビが主要ラインナップとなります。

これから綺麗な映像を求めてテレビを買うなら、4K対応テレビ一択です。

 

搭載機能(HDR対応・倍速機能)

テレビに搭載されている機能に何があるか確認する必要があります。

特に、HDR対応や倍速機能の有無は確認ポイントとなります。

ポイント

HDRとは、High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)の略で、次世代の高画質技術でより明るく表示できます。

倍速機能とは、1秒60コマの映像を1秒120コマに切り替える機能です。より滑らかな映像を表示できます。

 

ネットワーク機能

インターネット接続に対応したテレビはYouTubeやNetflix、Hulu、Amazon Prime Videoなどの動画配信サービスを利用することができます。

ポイント

Wi-Fi接続に対応しているテレビは無線LANで簡単にネットに接続可能です。

最近のテレビは無線LANに対応しているテレビが多くあります。

 

各動画配信サービスに対応しているかは製品によって異なるので確認しましょう。

 

【最新】おすすめの4Kテレビ5選

有機ELテレビ

テレビ選びの際に大切なポイントを考慮して、最新モデルのテレビを厳選しました。

テレビを購入したい、買い替えたいと思っているけれど、種類が豊富でどのようなテレビを購入したらよいか迷っている方は是非参考にしてください。

 

ソニー 43V型 液晶テレビ ブラビア KJ-43X8500H

【Amazonで見る】ソニー 43V型 液晶テレビ ブラビア KJ-43X8500H

国産テレビで信頼と安心のソニーブランドです。

4K対応テレビでHDR10/HLG/Dolby Visionに対応しているうえ倍速機能も搭載しています。

非常にコスパが良いです。

仕様・スペック

  • 画面サイズ:43インチ
  • ディスプレイ種類:液晶(LEDバックライト)
  • 解像度:4K(3840×2160)
  • リフレッシュレート:120Hz
  • HDR対応:HDR10&HLG&DOLBY VISION
  • 消費電力:139W(待機時:0.5W)
  • 外付けHDD録画:対応
  • 無線LAN:対応
  • VRR/ALLM/eARC対応

LEDバックライト搭載で鮮やかな映像を楽しめます。

テレビのベゼル(周りの枠)が薄くてデザインも非常にスタイリッシュです。

あらゆる映像を高精細な4K画質へアップコンバートすることができ、4K映像もさらに美しい映像で表示されます。

有機ELテレビに比べて消費電力が半分ほどで非常に省エネです。

こんな方におすすめ

  • 国産テレビが欲しい!
  • 機能全部入りだけど安いモデルが欲しい!
  • YouTubeやNetflix、Huluなどを視聴したい!

ハイセンス 65V型 液晶テレビ 65U8F

【Amazonで見る】ハイセンス 65V型 液晶テレビ 65U8F

ハイセンスはリーズナブルながら高性能で非常に評価が高いメーカーです。

テレビの薄さ、画面の綺麗さ、音質の良さすべて感動するレベルです。

仕様・スペック

  • 画面サイズ:65インチ
  • ディスプレイ種類:液晶
  • 解像度:4K(3840×2160)
  • リフレッシュレート:120Hz
  • 応答速度:6ms
  • HDR対応:HDR10&HLG
  • 消費電力:330W(待機時:0.5W)
  • 外付けHDD録画:対応
  • 無線LAN:対応
  • ARC対応/低遅延ゲームモード対応

倍速パネル搭載により、滑らかな映像を映し出します。

VAパネルですが想像以上に視野角が広く画質も非常に良いです。

リモコンにYouTubeやAmazon Prime Videoなどのボタンがあり、映像以外にも操作性も満足度が高いテレビとなります。

こんな方におすすめ

  • 薄くてスタイリッシュなテレビが欲しい!
  • 3チューナー、倍速、ゲームモードに対応してるテレビが欲しい!
  • YouTubeなどの動画をサクサク見たい!

 

LG 48V型 有機ELテレビ 48CXPJA

【Amazonで見る】LG 48V型 有機ELテレビ 48CXPJA

有機ELディスプレイでフレームレス48インチ画面の迫力さは満点です。

有機ELディスプレイなので、液晶と比べより鮮やかで美しい映像を楽しめます。

仕様・スペック

  • 画面サイズ:48インチ
  • ディスプレイ種類:有機EL
  • 解像度:4K(3840×2160)
  • リフレッシュレート:120Hz
  • 応答速度:1ms
  • HDR対応:HDR10&HLG&DOLBY VISION
  • 消費電力:256W(待機時:0.3W)
  • 外付けHDD録画:対応
  • 無線LAN:対応
  • VRR/ALLM/eARC対応

薄さ約3.9mmの超薄型テレビで映画館のスクリーンのような映像が再現でき、素晴らしい没入感を高めます。

HDMI2.1に対応しているので「ALLM」「VRR」「120P」に対応しています。

また、YouTubeやHulu、Netflixなどのおなじみの動画アプリも搭載しています。

こんな方におすすめ

  • PS5に適したスペックのテレビが欲しい!
  • 40インチ以上欲しい!
  • 高性能で安いテレビが欲しい!

 

LG 55V型 有機ELテレビ OLED55C9PJA

【Amazonで見る】LG 55V型 有機ELテレビ OLED55C9PJA

有機ELディスプレイでくっきりとしたコントラストの映像を再現

長時間のゲームプレイにぴったりです。

仕様・スペック

  • 画面サイズ:55インチ
  • ディスプレイ種類:有機EL
  • 解像度:4K(3840×2160)
  • リフレッシュレート:120Hz
  • 応答速度:1ms
  • HDR対応:HDR10&HLG&DOLBY VISION
  • 消費電力:357W(待機時:0.5W)
  • 外付けHDD録画:対応
  • 無線LAN:対応
  • VRR/ALLM/eARC対応

ゲームを最高レベルの映像でプレイすることができます。

有機ELならではの優れた表現力とHDRが持つポテンシャルの相乗効果により明暗差もはっきり表現されます。

1msの応答速度に対応し、最適なグラフィックを再現します。

もちろん、スマホでもおなじみのネット動画アプリも搭載されています。

こんな方におすすめ

  • ゲーミング性能に優れたテレビが欲しい!
  • 50インチ以上欲しい!
  • 便利な機能もたくさん欲しい!

 

パナソニック 55V型 有機ELテレビ VIERA TH-55HZ1800

【Amazonで見る】パナソニック 55V型 有機ELテレビ VIERA TH-55HZ1800

国産の有機ELテレビです。このモデルは最高クラスの画質となります。

素晴らしいコントラストで黒い部分の表現力が強くメリハリのある映像を映し出します。

仕様・スペック

  • 画面サイズ:55インチ
  • ディスプレイ種類:有機EL
  • 解像度:4K(3840×2160)
  • リフレッシュレート:120Hz
  • HDR対応:HDR10
  • 消費電力:364W(待機時:0.2W)
  • 外付けHDD録画:対応
  • 無線LAN:対応
  • HDCP2.2対応/eARC対応

有機ELディスプレイの美しさを最大限に引き出すパナソニック独自の制御技術を搭載し、4K映像の美しさを余すことなく表現できます。

映画館で採用されているDolby Atmos(R)(ドルビーアトモス)に対応していて、上下左右から音に包まれるサラウンド音響を体感できます。

YouTubeやHulu、Netflixなどの動画配信サービスも4K映像で試聴できます。

こんな方におすすめ

  • 国産の有機ELテレビが欲しい!
  • 値段よりもスペック重視!
  • 映像と音質(立体音響)にこだわりたい!

まとめ:2021年はより4Kが主流へ

液晶テレビ

スマホのディスプレイも年々進化しているのと同じでテレビも年々進化しています。

ただし今後はフルHD対応テレビで進化するのではなく、メーカー側も4K対応テレビでの機能を増やしたり、より綺麗に映る機能を開発しています。

これからテレビを買うなら4Kと思って間違いないでしょう。

 

ポイント

今回紹介したおすすめのテレビは、4K HDR対応で120Hzの倍速機能にも対応したテレビで性能面・価格面とバランスが良く、どれも第一候補にあげたい製品といえます。

PS5を高画質で快適にやりたい方は以下の関連記事を是非チェックしてみてください。

良いテレビを導入して、お家で過ごす時間をより快適にしてみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事

iphone13 1

iPhone13に関する情報が公開されてきたのでまとめてみました。発売を待つべきか悩んでいる方は必見です。iPhone12 Proで対応しなかった120Hz(LTPO OLED)ディスプレイに対応する可能性やデザインの大幅アップグレードが期待されます。また、カメラスペック、CPUなど最新情報を徹底解説していきます。

Apple Watch Series 6レビュー 2

Apple Watch Series 6の購入を検討している方や気になっている方は必見です。アウトドアや家の中で日常的に使ってわかった優れているポイントを解説します。ソロループについてや、新機能の血中酸素濃度測定や心電図アプリや常時表示Retinaディスプレイの明るさ、バッテリーや使用した新機能も紹介していきます。

Beats Flexレビュー 3

ワイヤレスイヤホンの購入を検討されている方は必見です。BeatsXの後続機種である「Beats Flex」が発売しました。価格は5,400円です。高性能で安心して使えるワイヤレスイヤホンを探している方に非常におすすめです。AppleのW1チップ搭載なのでiPhoneやiPadなどの製品との接続が簡単で非常に快適です。

-ブログ
-

Copyright© motifyublog , 2021 All Rights Reserved.