PS5_4K120Hz

ブログ

【2021年】PS5におすすめの最新ゲーミングモニター【HDMI2.1搭載・4K/120Hz】

PS5は4K画質で最大120fpsのフレームレートに対応している次世代ゲーム機です。

解像度はゲームにおいて最大8K解像度出力まで対応しています。

PS5の性能を最大限に活かすにはディスプレイが特に重要となってきます。

PS5が発売した影響で、HDMI2.1搭載・4K解像度・144Hz出力の最先端ゲーミングモニターの登場が発表されました。

PS5が発売してしばらく経ちますが、現在はHDMI2.1搭載で4K/120Hzに対応しているモニターがほぼありません。

この記事では、HDMI2.1搭載・4K/120Hz対応の最先端ゲーミングモニターについて解説しつつ、選び方のポイントや現時点でPS5を快適にプレイできる最新モニターを紹介していきます。

PS5でゲームを快適にプレイしたい方は必見です。

PS5のスペックについて

PS5_コントローラー

PS5の性能はPS4に比べて大幅に向上しました。

処理性能やグラフィック性能、SSD読み込み速度などが大幅アップデートしています。

CPU Ryzen Zen2 8コア/12スレッド
GPU AMD Radeon™ RDNA 2-based graphics engine
メモリ 16GB GDDR6 RAM バンド幅:448GB/s
解像度 最大8K出力対応
リフレッシュレート 4K画質で最大120Hz

HDMI2.1が非対応だと4K/120Hzでの出力不可

PS5は4K/120Hzでの映像出力に対応しています。

つまり、モニターも4K/120Hzに対応していないとPS5の性能を発揮できません。

しかしながらそれは、HDMI2.1の端子で出力した時のみです。

注意ポイント

PS5の他に、接続するケーブル、出力するモニターがHDMI2.1に対応していないと4K/120Hzでの出力ができません。

HDMI 2.1とは

HDMI2.1とは、4K/120fpsや8K/60fpsを出力するために必要な規格です。

以下のように、HDMI2.1はより高品質なHDMIとなります。

HDMI1.4:最大伝送レート10.2Gbps

HDMI2.0:最大伝送レート18Gbps

HDMI2.1:最大伝送レート48Gbps

PS5向けゲーミングモニターの選び方

ゲーミングモニター

PS5の性能をフルに発揮するために、モニターの選び方で重視するポイントは以下のとおりです。

ポイント

  • リフレッシュレート:120Hz以上
  • 解像度:4K
  • HDMI端子の種類:HDMI2.1
  • 応答速度:5ms以下(推奨1ms)
  • パネル種類:IPS

リフレッシュレートは120Hz以上

フレームレートの注意点

映像自体のコマ数を表す単位が「fps」でモニター側の性能を表す単位が「Hz」です。

ポイント

120fps出せるゲームでもモニター側のリフレッシュレートが60Hzだと60fpsとなります。

60fpsと120fpsとでは映像の滑らかさが異なってきます。

参考

リフレッシュレートとは、ディスプレイが1秒間に何回、画面を更新するかを表していて、単位だとHz(ヘルツ)を使用します。

一般的なリフレッシュレートは60Hzです。

60Hzは、1秒間に60枚の画像を表示します。

120Hzは、1秒間に120枚の画像を表示します。

つまり120Hzのほうが、ヌルヌルと滑らかな映像となります。

リフレッシュレートが高いメリットとしては、映像が滑らかに動くのでゲームが有利です。

解像度は4KまたはフルHD

フルHDと4Kの違い

PS5は4K解像度に対応しています。

4Kモニターは以下のようなメリットがあります。

4Kモニターのメリット

  • 映像が高精細で綺麗
  • 表示できる情報が多いので効率が上がる
  • 解像度が高いので画像や文字が見やすい

参考

FPSゲームをPS5でプレイする場合は、リフレッシュレートが120fpsのフルHDのモニター

FPSやRPGなど綺麗な映像をPS5で楽しみたい場合は、リフレッシュレートが60fpsの4Kモニター

HDMI端子の種類はHDMI2.1

現時点でHDMI2.1に対応したモニターが少ないため、フルHD/120fpsを出力する場合はHDMI1.4搭載モニターで、4K/60fpsを出力したい場合はHDMI2.0搭載モニターがおすすめとなります。

応答速度は5ms以下(推奨1ms)

スピード感ある映像

応答速度とは、モニターの色が切り替わる速さです。

数字が小さければ小さいほどメリハリがあってブレのない映像となります。

ポイント

映像の動きが激しいFPSやアクション系のゲームをプレイする場合は、応答速度を特に重視する必要があります。

一般的なモニターの応答速度は10ms、5msが多くあります。

1msは0.001秒、1秒は1000msとなります。

ゲーミングモニターでは1msが主流となります。

パネル種類はIPS

IPS

液晶パネルには駆動方式の違いによって、3種類のタイプが存在します。

昔はTNタイプが多くありましたが、現在では高性能のVAタイプ、IPSタイプがおすすめです。

3種類の液晶パネルのメリットとデメリットは以下のとおりです。

パネルの種類 メリット デメリット
TN コストが安くて応答速度が速い。240Hzまでサポートしている。 画面の視野角が狭く、暗く見える。
VA コントラスト比が良い。144Hzまでサポートしている。 応答速度が遅く、色再現率が低い。
IPS 一番視野角が広い。応答速度が速い。240Hzまでサポートしている。 コストが高い。

ポイント

視野角が広く応答速度も速いIPSパネルのモニターがおすすめです。

【2021年最新】PS5おすすめゲーミングモニター

Acer Nitro XV282K KV

Acer Nitro XV282K KVは、HDMI2.1を搭載した4K(3840×2160)の28インチゲーミングモニターです。

仕様・スペック

  • 画面サイズ:28インチ
  • パネル種類:IPS
  • 解像度:4K(3840×2160) UHD
  • リフレッシュレート:144Hz
  • HDMI種類:HDMI2.1
  • 応答速度:1ms
  • Acer HDR 400対応
  • スピーカー:2W×2

コントラスト比が100,000,000:1と映像から文字までメリハリのある鮮明な描写を実現します。

視野角と色再現性の高いIPSパネルを採用していて、さらに繊細な4K映像を表示します。

こんな方におすすめ

  • PS5に最適なモニターを探している!
  • FPSからRPGまであらゆるゲームをプレイする!

LG UltraGear 27GN950-B 27インチ

【Amazonで見る】LG  UltraGear 27GN950-B 27インチ

4K解像度でリフレッシュレート144Hzに対応している27インチのゲーミングモニターです。

映像美と滑らかさが最高クラスです。

仕様・スペック

  • 画面サイズ:27インチ
  • パネル種類:IPS
  • 解像度:4K(3840×2160)
  • リフレッシュレート:144Hz
  • HDMI種類:HDMI2.0
  • 応答速度:1ms
  • 入出力端子:HDMI×2、DisplayPort×1、USB3.0
  • DisplayHDR 600対応/10bit表示対応

PS5で4K/60fpsでプレイが可能です。また、フルHDで120fpsも出力可能なモニターです。

HDRに対応し、応答速度も1msなので映像の動きが激しいFPSゲームで活躍します。

暗いシーンの視認性を高める「ブラック スタビライザー」などのゲーム機能も搭載しています。

こんな方におすすめ

  • 高解像度・高画質を求めている!
  • FPSやRPGゲームをプレイしたい!

BenQ EW2780U 27インチ

【Amazonで見る】BenQ EW2780U 27インチ

4K UHD HDRに対応し、10ビットカラーIPSパネル採用のゲーミングモニターです。

仕様・スペック

  • 画面サイズ:27インチ
  • パネル種類:IPS
  • 解像度:4K(3840×2160)
  • リフレッシュレート:60Hz
  • HDMI種類:HDMI1.4
  • 応答速度:5ms
  • 入出力端子:HDMI×2、DisplayPort×1、USB-C
  • B.i+対応/10bit表示対応

10億7000万以上の色表現が可能となります。

RGB99%カバーの広色域で色鮮やかな映像を表現します。

ただし、応答速度およびリフレッシュレートが低いのでFPSには向きません。

HDR(High Dynamic Range)対応ゲームやコンテンツを堪能したい、リアルな映像を楽しみたい方におすすめです。

こんな方におすすめ

  • RPGゲームをプレイしたい!
  • 色鮮やかな映像を楽しみたい!
  • コスパ重視!

ASUS ROG STRIX XG35VQ 35インチ曲面パネル

【Amazonで見る】ASUS ROG STRIX XG35VQ 35インチ曲面パネル

35インチの湾曲ウルトラワイドHDRゲーミングモニターです。

仕様・スペック

  • 画面サイズ:35インチ
  • パネル種類:VA
  • 解像度:UWQHD(3440×1440)
  • リフレッシュレート:100Hz
  • HDMI種類:HDMI1.4/2.0
  • 応答速度:2ms
  • 入出力端子:HDMI1.4×1、HDMI2.0×1、DisplayPort×1
  • ASCRテクノロジー搭載/HDCP対応

画面表示領域が通常のモニターより広いため、包み込まれるような臨場感と高い没入感を得ながらゲームをプレイできます。

高リフレッシュレートと2msの応答速度により、FPSやRPGなどのゲームに最適です。

曲率1800Rの35インチ曲面液晶パネルを採用しているため視野角が広く、鮮明な映像を体感できます。

こんな方におすすめ

  • 映画のような臨場感を味わいたい!
  • ウルトラワイドモニターが欲しい!

【4K/120Hz対応】LG 有機EL 55BXPJA 55インチ

【Amazonで見る】LG 有機EL 55BXPJA 55インチ

PS5で4K/120Hz出力が可能なモニターです。HDMI2.1の仕様を満たしています。

さらには有機ELディスプレイ搭載で、液晶に比べて鮮やかで美しい映像を楽しめます。

仕様・スペック

  • 画面サイズ:55インチ
  • パネル種類:OLED
  • 解像度:4K(3840×2160)
  • リフレッシュレート:120Hz
  • HDMI種類:HDMI2.1
  • 応答速度:1ms
  • 入出力端子:HDMI2.1×1、LAN×1、USB2.0×3
  • HDR対応:HDR10&HLG&DOLBY VISION
  • VRR/ALLM/eARC対応

テレビとしての機能を備えていますが、映像スペックは上記のとおりでHDMI2.1対応・4K解像度・120Hz出力に対応しています。

HDMI2.1に対応しているので「ALLM」「VRR」「120P」に対応しています。

また、YouTubeやHulu、Netflixなどのおなじみの動画アプリも搭載しています。

ゲームに特化した機能はないものの、ゲーミングモニター同様の性能となります。

こんな方におすすめ

  • 大画面でゲームをプレイしたい!
  • 4K/120Hzの高解像度で映像出力したい!

まとめ

PS5とコントローラー

PS5のスペックが求めているHDMI2.1対応・4K解像度・120Hz出力のゲーミングモニターはなかなかないものの、今後2021年後半から2022年にかけて登場していくと予想されています。

HDMI 2.1対応の4Kテレビも今後続々と登場していきます。

また、現在販売されているゲーミングモニターの多くは4K/120Hzではありません。

フルHD/120fpsか4K/60fps

120fpsのリフレッシュレートを優先する方はフルHDモニター

60fpsのリフレッシュレートでも4Kでゲームをプレイしたい方は4Kモニターがおすすめです。

「4K」も良いですが、120fps対応の「フルHD」のモニターを選ぶのも一つの選択肢だと言えます。

PS5の性能を今から存分に味わいたいと思う方は、今回紹介したモニターを購入候補にしてみてはいかがでしょうか。

Source:videocardz

おすすめ記事

1

新型iPhone13についてデザイン、CPU、ディスプレイ、新機能などスペックや発売日をまとめました。カメラ機能が大幅に向上し写真や動画の機能が進化しました。最新のA15 Bionicチップ搭載により、さらに快適な操作が可能となり優れたパフォーマンスを発揮するiPhone。

新型iPad Pro 2021 2

iPad Pro 2021年最新モデルの実機レビューまとめ。デザインやサイズ感、ミニLEDディスプレイの特徴、M1チップ性能やカメラスペック、新機能を徹底解説します。買うべきか悩んでいる方、購入を検討中の方は参考にしてください。iPad Pro第5世代は従来モデルと比較し確かにAppleの主張する性能を備えていました。

PS5とテレビ 3

PS5のスペックに最適なテレビの選び方とおすすめの最新4Kテレビをまとめました。HDMI2.1、4K120Hz、VRR、ALLM、eARC対応モデルを紹介。PS5をお持ちの方やこれから購入を検討している方、テレビの買い替えを検討している方は必見です。最適なテレビで次世代の最高品質なグラフィックを体感できます。

-ブログ
-

Copyright© motifyublog , 2021 All Rights Reserved.