パソコン環境

ライフハック

デュアルモニターをおすすめする理由【メリット・デメリット】

私はITエンジニアで、開発系の仕事をしています。

モニターが2台に増えるだけで、作業効率が倍になるので非常に快適です。

そんなにモニター必要?と思う方も多いと思いますが、クリエイティブなことをする方なら絶対必要です。

デュアルモニターの環境でモニターが2台になることにより40%作業性が向上すると言われています。

動画編集、音楽制作(DTM)、ゲーム、動画配信、ブログ、テレワークなどクリエイティブなことをやる方は必見です。

今回は、モニターを2台接続するデュアルモニターをおすすめする理由をITエンジニアが徹底解説していきます。

デュアルモニターとは

Dual monitor

デュアルモニターとは、モニターを2台並べて使うことをいいます。

デュアルディスプレイとも呼ばれています。

ポイント

画面を拡張して幅広く画面を使用できます。

画面の表示エリアが広がることで快適なPC作業ができます。

1画面で、ファイル操作したりソフトを開いたり調べものをしたりするのを、2画面で行うことで同時並行で作業できます

デュアルモニターのメリット【おすすめする理由】

DTM画面

デュアルモニターを実際に使ってみて感じたメリットは以下のとおりです。

  • 複数の作業を同時にできる
  • 作業スペースが格段に広くてストレスがなく快適
  • 調べものをしながら動画編集ができる
  • 攻略サイトを見ながらゲームができる
  • 動画生配信が快適にできる
  • ウインドウを移動できる

ポイント

それぞれの画面(モニター)に割り振りをして作業すると効率アップします。

画面の役割

メインモニターで動画編集やゲームなどをしつつ、サブモニターでファイルを開いたり、ネットで調べものをしたりすることができます。

いちいち開いたり閉じたりする無駄な動作がないので、効率が良いです。

圧倒的に作業効率がアップします。

デュアルモニターのデメリット

ゲーミングデュアルモニター

デュアルモニターを実際に使ってみて感じたデメリットは以下のとおりです。

  • モニターを2台置くことで場所をとる
  • 2台分のモニター費用やケーブルなどの費用が掛かる
  • PCスペックが低いと動作が重くなる

良いところもあれば悪いところもある。

メリットデメリットですね。

ポイント

作業面では快適でも、物理的に快適でないと感じる場合もあります。

PCスペックに関しては、Core iシリーズのCPUをおすすめします。

解像度の高い画面(ウルトラワイドモニター出力や4K出力)は、グラフィックボードの性能が良いモデルを導入することをおすすめします。

デュアルモニターのデスク

スペック参考例

ゲーム(MMORPG)、動画編集なら最低でNVIDIAのGeForce GTX1000、2000 シリーズで問題ありません。

それより低スペックのモデルだとエラーやサブモニターの画面が突然消えたりしました。

解像度の高い画面(ウルトラワイドや4K)はより高スペックなグラフィックボードが必要です。

2画面とも高解像度の4K表示などをする場合は、PCスペックも良いものにしましょう。

デュアルモニターに最適なモニター5選

ITエンジニア

デュアルモニターにするには、モニターが2台必要です。

デュアルモニターにするのに最適なモニターの特徴は以下のとおりです。

モニター選びの観点

  • ベゼル(周りの枠)が薄いモニター
  • 解像度(フルHDまたは4K)
  • リフレッシュレート(60Hzまたは144Hzなど)
  • 画質(IPSパネルがおすすめ)
  • 入力端子(HDMI/DisplayPort/DVIなど)

この辺りを重視して購入することが大切です。

ポイント

デュアルモニター環境を構築する場合は、モニターとモニターの隙間のベゼル(周りの枠)は極力無いほうが良いです。

ベゼル(周りの枠)が薄いと、モニターに表示される内容に集中できます。

また、モニターを並べたときに見栄えが良いです。

デュアルモニターにするのに、重視すべきポイントをすべて網羅したモニターを厳選して紹介していきます。

ASUS フレームレスモニター 21.5インチ VZ229H

 

スペックと特徴

サイズ:21.5インチ

解像度:フルHD(1920×1080)

パネル:IPS

リフレッシュレート:60Hz

応答速度:5ms

入力端子:HDMI x 1 / D-sub15ピン x 1

私が実際に使用していますが、最大表示色が約1677万色と色の正確性が高いIPSパネルで、フレームレスデザインのモニターでパネル横幅わずか7mmの薄さと素晴らしいスペックです。

非常にコスパが良いのでおすすめです。

ASUS 21.5インチ VZ229Hの価格をAmazonで見る

iiyama フレームレスモニター 23.8インチ XU2493HS-B3

スペックと特徴

サイズ:23.8インチ

解像度:フルHD(1920×1080)

パネル:IPS

リフレッシュレート:75Hz

応答速度:4ms

入力端子:DisplayPort x1 / HDMI x1 / D-sub x1

広視野角と色再現性に優れた高い視認性のパネルを搭載しています。

また、ベゼル+非表示部分がわずか6.5mmです。

安定のスペックで非常に良いモニターです。

こちらもコスパ最強なモニターとなります。

iiyama 23.8インチ XU2493HS-B3の価格をAmazonで見る

Pixio PX5 HAYABUSA2 24.5インチ

スペックと特徴

サイズ:24.5インチ

解像度:フルHD(1920×1080)

パネル:IPS

リフレッシュレート:240Hz

応答速度:0.6ms

入力端子:DisplayPort x1 / HDMI x2 

G-SYNC Compatible対応 / VESA対応

こちらはゲームをやる方におすすめのゲーミングモニターです。

リフレッシュレートは240HzでIPSパネルは最高クラスの発色とリフレッシュレートの両方を兼ね揃え、驚異的なパフォーマンスを実現します。

非常にコスパが良いモデルです。

Pixio PX5 HAYABUSA2 24.5インチの価格をAmazonで見る

LG モニター 27インチ 27UL500-W

スペックと特徴

サイズ:27インチ

解像度:4K(3840×2160)

パネル:IPS

リフレッシュレート:60Hz

応答速度:5ms

入力端子:DisplayPort x1 / HDMI x2 

HDR10対応 / ブルーライト低減モード対応

HDR10対応で4K解像度、IPS液晶搭載で最高クラスの映像美を表示します。

映像表現を大幅に向上し、臨場感がアップするため編集作業もゲームも動画視聴も快適です。

LG モニター 27インチ 27UL500-Wの価格をAmazonで見る

Dell 4K曲面モニター 31.5インチ S3221QS

スペックと特徴

サイズ:31.5インチ

解像度:4K(3840×2160)

パネル:VA

リフレッシュレート:60Hz

応答速度:5ms

入力端子:DisplayPort x1 / HDMI x2 / USB3.0 x1 

スピーカー内蔵 / AMD Free Sync対応 / VESAマウント対応

4Kに対応しているため、きめ細かな映像で作業をすることができます。

曲面ディスプレイなので、映画やゲームがより映像の没入感を感じます。

非常にコスパの良いモデルとなります。

Dell 31.5インチ S3221QSの価格をAmazonで見る

おわりに:デュアルモニターで快適環境を

モニターの画面

デュアルモニターは動画編集、音楽制作(DTM)、ゲーム、動画配信、ブログ、テレワークなどクリエイティブなことをやる方に非常におすすめです。

私は実際にモニターを複数並べていますが、使い方は様々でやりたいことの幅も広がります。

4Kモニターを選ぶ際には4K対応ノートパソコンやデスクトップパソコンが必要です。

ポイント

複数の作業を同時にできるので作業効率がアップします。

ブラウザやファイルをいちいち開いたり閉じたりしなくていいので、非常に快適です。

調べものをしながら動画を見たり、

ExcelやWordの編集もデュアルモニターなら快適です。

PCをよく使う方は是非、デュアルモニターの導入をおすすめします。

以上、参考になれば幸いです。

おすすめ記事

1

新型iPhone13についてデザイン、CPU、ディスプレイ、新機能などスペックや発売日をまとめました。カメラ機能が大幅に向上し写真や動画の機能が進化しました。最新のA15 Bionicチップ搭載により、さらに快適な操作が可能となり優れたパフォーマンスを発揮するiPhone。

新型iPad Pro 2021 2

iPad Pro 2021年最新モデルの実機レビューまとめ。デザインやサイズ感、ミニLEDディスプレイの特徴、M1チップ性能やカメラスペック、新機能を徹底解説します。買うべきか悩んでいる方、購入を検討中の方は参考にしてください。iPad Pro第5世代は従来モデルと比較し確かにAppleの主張する性能を備えていました。

PS5とテレビ 3

PS5のスペックに最適なテレビの選び方とおすすめの最新4Kテレビをまとめました。HDMI2.1、4K120Hz、VRR、ALLM、eARC対応モデルを紹介。PS5をお持ちの方やこれから購入を検討している方、テレビの買い替えを検討している方は必見です。最適なテレビで次世代の最高品質なグラフィックを体感できます。

-ライフハック
-,

Copyright© motifyublog , 2021 All Rights Reserved.