Apple Vision Pro 買うべき

Apple

Appleの新型「Apple Vision Pro」買うべき?【特徴・発売日まとめ】

Appleから次世代デバイスである「Apple Vision Pro」が発表されました。

iPhoneで同期しなくても、単体で動作することができる空間コンピュータです。

この記事では、AppleのMRヘッドセット「Apple Vision Pro」の特徴を徹底解説していきます。

Vision Proが気になる方、購入を検討している方は参考にしてください。

Apple Vision Proの特徴まとめ

Apple-Pro-glass発売日

Apple初の空間コンピュータであるMRヘッドセットは、実世界や周囲の人とのつながりを保ちながら活用できる画期的なデバイスです。

従来のディスプレイの枠を超えて広がる空間が、これまでにない体験を実現します。

Vision-Pro 映画鑑賞

ポイント

まるでデジタルコンテンツが自分のいる空間に物理的に存在しているかのように楽しむことができます。

まったく新しいデバイスであるVision Proの特徴を詳しく解説していきます。

最先端のデザインと軽さ

Apple Vision Proデザイン

Vision Proは軽い素材を採用し、デザイン性にも優れています。

PlayStation VR2などのVRヘッドセットとは異なり、装着しても目の前が見えるのが特徴で、現実の環境を見ながら使うデバイスとなります。

ゴーグルの前面部分が半透明になっていることで、着用しているユーザーの目が外からも見えるので周囲の人とのコミュニケーションが取れます。

ポイント

これまでにない最先端なデザインと快適な装着性を実現しています。

Apple Watch Ultraのような高級感があります。

「Eyesight」機能により、Apple Vision Proを装着しているユーザーに誰かが近づくと周囲が見通せるようになり、外部からは目が見えるようになります。

ユーザーの目、手、声を使ってコントロールします。また、Magic KeyboardとMagic Trackpadの接続にも対応しています。

超高解像度ディスプレイ搭載

Vision-Pro-ultra-high-res-display

Vision Proは、2つのマイクロLEDディスプレイを搭載していて、4Kテレビよりも多くの画素数がそれぞれの目に用意されています。

広色域とハイダイナミックレンジを備えた切手サイズの2つのディスプレイに、2300万ものピクセルを搭載しています。

ポイント

片目あたり解像度が4K(3840×2160)を超える高精細な有機ELパネルを2つ搭載しています。

200インチを超える大画面を実現

Apple Vision Proで映画コンテンツを見る

Vision Proは、幅30メートルにも感じられる目の前に広がる大迫力スクリーンで様々なコンテンツを楽しめます。

最先端な空間オーディオシステムに対応していて、映画館を超えるこれまでにない体験を実現します。

ポイント

視界内に巨大スクリーンを出現させることが可能で、圧倒的な没入感を味わうことができます。

XboxやPlayStation用のコントローラーを接続してゲームをプレイすることも可能です。

また、Vision Proの発売時には100以上のゲームがプレイできるようになる予定です。

Vision-Pro-multitasking

アプリなどのコンテンツをユーザーの周囲に配置でき、表示領域を気にしない快適なマルチタスクが実現します。

また、どこに移動しても最適なサイズで表示されます。

R1チップとM2チップ搭載

Apple Vision Pro 搭載チップ

Vision Proは、デュアルチップ搭載となり、MacBook Proなどにも採用されているM2チップと、今回新たに登場したR1チップが搭載されています。

M2チップで圧倒的なパフォーマンスを実現し、新たなR1チップでは12個のカメラ、5つのセンサー、6つのマイクからの入力を処理しコンテンツがユーザーの目の前に現れるような感覚を生み出します。

ポイント

センサー周りの処理をするR1チップと基本的な処理を実行するM2チップが搭載されています。

また、iPhoneやiPadでお馴染みの数十万ものアプリもスムーズに動作するので快適です。

12個のカメラ、5つのセンサー搭載

Apple Vision Pro搭載センサー

Vision Proには、12個のカメラ、5つのセンサー、6つのマイクが搭載されています。

複数のカメラと空間オーディオ技術を活用して、実世界を3D的に動画と音声で記録することが可能です。

ポイント

  • 3Dカメラで空間撮影が可能
  • 前面にメインカメラを2個搭載
  • 下方向カメラ、サイドカメラ搭載
  • 視線の動きを検知する赤外線カメラ搭載
  • 温度および騒音を検知するセンサー搭載

複数のカメラやセンサーとR1チップの処理により、VR酔いなどの現象を軽減し、より快適な操作を実現します。

3D写真撮影やビデオ撮影に対応

Vision-Pro-spatial-video

Vision Proでは、3D写真やビデオに対応しているApple初のカメラを使って空間再現写真と空間再現ビデオの撮影が可能です。

この新機能は、これまでにない写真や動画の残し方になると言われています。

写真やビデオを実物大のスケールと鮮やかな色、圧倒的なディティールで再現できます。

ポイント

ユーザーの周りを包み込むように映像が広がり、撮影した場所にいる感覚になります。

空間オーディオに対応

Vision-Pro-Spatial-Audio-system

Vision Proは、空間オーディオに対応したオーディオシステムが搭載されています。

AirPods Proなどでお馴染みの空間オーディオに対応しているため、映画館のような臨場感を感じられます。

ポイント

2つのオーディオドライバーを搭載しているため、パーソナライズした空間オーディオでハイクオリティな音楽体験が得られます。

Digital Crownで没入レベルを調整

Apple Vision Pro Digital Crown

Vision Proの上部には、Apple Watchと同じようなDigital Crownが搭載されています。

ポイント

Digital Crownを押すと、ホームビューを表示し、回すと没入レベルを調整できます。

人とコミュニケーションを取りたい際には、Digital Crownを回すことで周辺環境が見えるようになります。

AirPods Proの外部音取り込みモードのように、Vision Proを装着したままでも活用することができます。

Optic IDでロック解除

Vision-Pro-lifestyle-working

Vision Proでのロック解除は、虹彩を読み取る「Optic ID(虹彩認証)」によって行われます。

主にiPhoneなどで採用されている「Face ID(顔認証)」、iPadなどで採用されている「Touch ID(指紋認証)」の他に新たな生体認証システムが登場しました。

ポイント

眼にある虹彩を用いて本人認証をします。

Optic IDのデータは完全に暗号化されているため、アプリがアクセスすることはできず、デバイスの外に出ることもなくプライバシー保護されています。

利便性とセキュリティを両立した実用性の高いシステムと言われています。

バッテリー駆動時間は最大2時間

Vision-Pro-with-battery

Vision Proは、電源に接続した状態で使用できますが、バッテリーパックを接続した場合には最大2時間動作することができます。

ポイント

常時電源またはバッテリーパックをケーブルで接続して使えます。

Vision Pro本体にはバッテリーは内蔵していません。

価格は約48万8000円

Vision-Pro-EyeSight

Vision Proの価格は3499ドルからとなっていて、日本円で約488,000円(1ドル140円換算)となります。

Vision Proでできることや、次世代の体験価値を考えると購入に悩まされる価格帯と言えます。

M2Maxを搭載した16インチMacBook Proの価格に相当します。

参考

Mac Studio(M2Ultra):598,800円

16インチMacBook Pro:498,800円

12.9インチiPad Pro(2TB):348,800円

Apple Vision Pro 発売日

Apple初となるヘッドセット「Apple Vision Pro」が、2024月2月2日から米国のApple Store全店とオンラインのApple Storeで販売開始となります。

まずは米国内で販売開始となり、現時点では日本での発売日は未定となります。

発売スケジュール

  • 予約開始:2024年1月19日
  • 発売日:2024年2月2日

日本での発売日が分かり次第、情報を更新します。

まとめ

Vision-Pro-rotatio

Apple初となるヘッドセット「Apple Vision Pro」が2月2日(金)より米国のApple Store全店とオンラインのApple Storeで販売開始されます。

iPhoneやiPad、Macは平面ディスプレイにコンテンツやアプリを表示していましたが、Vision Proは空間ディスプレイとなり周囲に映像コンテンツが表示され、これまでにない体験を実現します。

体験したことのない新機能や圧倒的な性能を誇るVision Proは、50万円近くとなり手が出しにくい価格帯です。

しかしながら、無限に近い空間が手に入るのは非常に魅力的と言えます。

Source: Apple , WWDC23

おすすめ記事

2024年に発表されるApple新製品 1

2024年に発表が予想されているAppleの新型モデル・新製品がいつ発売されるのか最新情報をまとめました。フルモデルチェンジが予想されるiPhone16や大幅アップデートが期待されている新型iPadシリーズ、次世代モデルのiPad mini 第7世代などが登場すると予想されています。

AirPods Pro2 レビュー 2

新型AirPods Pro(第2世代)を実際に使って感じた気になる進化をレビューします。AirPods Pro2は買うべきか解説。最新のH2チップを搭載し強力なノイズキャンセリング性能、進化した外部音取り込みモード、便利な新機能の搭載など驚異的なアップデートを遂げました。

iPhone16 Pro 最新 3

iPhone16 Proに関する最新情報が続々と登場してきたので、予想スペックや発売日をまとめました。iPhone15 Proを買うべきか、iPhone16 Proを待つべきか。デザインは変わらず機能や性能が大幅に向上してフルモデルチェンジになる可能性があると予測されています。

ガジェット晒し_画像 4

普段の生活に取り入れて毎日のように使っている、買ってよかった便利なガジェットや家電を紹介していきます。いまの生活をより快適にできるような、おすすめのアイテムをまとめています。価値が還元されて元が取れるガジェットは生活満足度が格段に上がります。最新ガジェットや家電で生活に快適さやクリエイティブを。

PS5 部屋 5

PS5のスペック性能に最適なテレビの選び方とおすすめの最新型4Kテレビを紹介していきます。テレビ次第でより高画質で滑らかな、次世代の最高品質なグラフィックを体感することができます。PS5をお持ちの方やこれから購入を検討している方、テレビの買い替えを検討している方は必見です。

-Apple
-

Copyright© motifyublog , 2024 All Rights Reserved.