Apple Watchと保護フィルム

商品レビュー

【もう迷わない】Apple Watchにおすすめの保護フィルム【TPU・ガラスフィルム】

Apple Watchに保護フィルムを貼っていますか?

Apple Watchを普段身に付けて生活していると、不注意でディスプレイに傷を付けてしまう可能性があります。

スマホに比べればディスプレイが傷付くリスクは低いですが、Apple Watchを少しも傷付けたくない方は衝撃や傷から守る「保護フィルム」の装着をおすすめします。

 

この記事では、Apple Watchの保護フィルムの必要性やおすすめの保護フィルムを徹底解説していきます。

Apple Watchを購入してフィルムに迷っている方は必見です。

 

Apple Watchに保護フィルムは必要?

キレイなApple Watch

普段から時計を付けている方は分かると思いますが、時計を付けて生活するとデスクの角やドアノブなどにぶつけてしまうことは少なからずあります。

使い方にもよりますが、Apple Watchのディスプレイは普通に傷が付きます

なので私は、Apple Watch Series 6を購入と同時に保護フィルムも購入しました。

 

こんな方におすすめ

  • Apple Watchの画面に傷を付けたくない!
  • キレイな状態で使っていたい!
  • 将来的に下取りに出すことを考えている!

 

ディスプレイに傷を付けたくない方は保護フィルムを絶対貼った方が良いです。

また、傷があるかないかで下取り価格も変わっていきます。

 

「保護フィルム」と「ガラスフィルム」どちらがいいのか?

フィルムは大きく分けると「保護フィルム」と「ガラスフィルム」の2種類あります。

最大の違いは「素材」です。

ポイント

保護フィルムはPET素材が使われていて、感度が落ちにくく傷から守りつつ安定した操作性を実現します。また、ガラスフィルムはその名のとおりガラスで作られてて、非常に強い衝撃や傷から守ります。

 

iPhoneならガラスフィルム一択です。

理由として、落としてしまった時にガラスフィルムの方が耐久性が高くディスプレイを衝撃や傷からほぼ守ります。

しかし保護フィルムは傷などは守りますが、ガラスフィルムに比べて耐久性は圧倒的に低いです。

 

しかし、Apple Watchは落としたり強い衝撃が加わることはiPhoneよりはないと思います。

また、ガラスフィルムは厚みがあり、Apple Watchに貼ったときに段差ができるのです。

なので、貼っている感が少ない保護フィルムをおすすめします。

 

Apple Watchのディスプレイ修理費用は高額

Apple Watchのディスプレイを破損させてしまい、Appleに修理に出すと当然修理費用が発生します。

修理費用は非常に高額で、修理より買い換えを考えてしまう程です。

ポイント

Apple Watch Series 6のディスプレイ修理費用は31,800円~52,800円となります。

モデルごとに修理費用が変動しますが、かなり高額です。

 

以上のことを考慮すると、万が一に備えて保護フィルムを貼った方が安心です。

 

保護フィルムを購入する際の注意点

Apple Watch 保護フィルム

保護フィルムを購入するときの注意点は以下のとおりです。

  • ガラスフィルムではなく、TPU素材を選ぶ
  • ディスプレイのみ保護されているフィルムを選ぶ
  • 価格で決めないでスペックで選ぶ

この3点を意識して購入しないと失敗します。

実体験で詳しく解説していきます。

 

ガラスフィルムではなく、TPU素材を選ぶ

ガラスフィルムは、耐久性は高まりますが、フィルムに厚みがあるためApple Watchの場合、操作性がかなり低下します。

端が浮いてしまったり、3Dガラスフィルムは割れやすいというデメリットがありApple Watchには適さないことが分かりました。

正直Apple Watchにガラスフィルムは不評です。

 

参考

TPU素材とは、ポリウレタンというプラスチック素材の一種です。 衝撃に強くポリカーボネートよりも柔らかく、シリコンよりも硬く中間要素を持つ素材です。

「Apple Watchにまでフィルム貼ったりするのは流石にダサいな…」

と思う方はTPU素材の保護フィルムで解決です。

ポイント

TPU素材の保護フィルムは衝撃にも強く、薄いので付けている感じがまったくありません。

 

ディスプレイのみ保護されているフィルムを選ぶ

様々な保護フィルムがありますが、ディスプレイのみ保護されている保護フィルムがおすすめです。

非表示エリアやベゼル(ディスプレイの枠)まで保護するフィルムはおすすめしません。

理由としては、Apple Watchのディスプレイの端は平面ではないため、端まであるものは気泡が入ったり、すぐ剥がれてしまいます。

 

価格で決めないでスペックで選ぶ

Apple Watchの保護フィルムは、「高ければ良いもの!」という考えはNGです。

価格が高いものでも質が悪いフィルムが多いです。

 

確認ポイント

  • TPU素材かどうか
  • 厚さは何mmなのか
  • 透明度はどうか
  • 伸縮性、弾力性、耐久性はあるか

価格を気にするよりも、このような観点で購入することが大切です。

高い透明度のフィルムであれば、画面の美しさを損いません。

また、厚さの薄いフィルムであればタッチスクリーンの反応が損なわれません。

 

買うべきおすすめの保護フィルム

貼りやすさや実際の使用感が素晴らしい、最強の保護フィルムを紹介します。

様々な保護フィルムを探していましたが、迷っている時間が無駄でした。

正直、これ一択でOKです。

【Amazonで見る】AsBellt Apple Watch 44mm フィルム 用 Apple Watch Series 6/5/4/SE 44mm用 貼り直し可 TPU製 貼付簡単6枚

この商品は40mmと44mmで購入時に選択ができます。

このフィルムの良いポイントは以下のとおりです。

ポイント

  • 非常に貼りやすい
  • 気泡がまったく入らない(気泡ゼロ)
  • 貼ってないような保護フィルム

様々なフィルムがある中で、このフィルムは非常にスペックが高いです。

TPU素材で傷が付きにくく傷自動修復、気泡自動消滅機能があります。

保護フィルムの内容

貼り付け用のシールや付属の水スプレーも入っています。

また、フィルムは6枚入っていて万が一貼り付けに失敗しても安心です。

貼り付け方は簡単で、水で濡らして貼るタイプです。

手順①付属のスプレーで両手の手先を濡らす

手順②フィルムをスプレーで濡らす

手順③ディスプレイの上に置いて位置を決める

手順④付属の板で水をディスプレイ外に押し出す

 

貼る際に空気と水を押し出すのことで気泡ゼロを実現させます。

また、小さい気泡があった場合は12時間放置で自動的に消滅します。

 

まとめ:【もう迷わない】Apple Watchにおすすめの保護フィルム

Apple Watch Series 6おすすめ

今回紹介した保護フィルムは圧倒的な貼りやすさで、Apple Watch本来の美しさを保ちつつ貼っていることを感じさせないフィルムです。

 

Apple Watchを購入する際は、保護フィルムも一緒に購入することをおすすめします。

また、保護フィルムを付けていない方も、大きな傷が付く前に保護フィルムを付けることをおすすめします。

おすすめ記事

iphone13 1

iPhone13に関する情報が公開されてきたのでまとめてみました。発売を待つべきか悩んでいる方は必見です。iPhone12 Proで対応しなかった120Hz(LTPO OLED)ディスプレイに対応する可能性やデザインの大幅アップグレードが期待されます。また、カメラスペック、CPUなど最新情報を徹底解説していきます。

Apple Watch Series 6レビュー 2

Apple Watch Series 6の購入を検討している方や気になっている方は必見です。アウトドアや家の中で日常的に使ってわかった優れているポイントを解説します。ソロループについてや、新機能の血中酸素濃度測定や心電図アプリや常時表示Retinaディスプレイの明るさ、バッテリーや使用した新機能も紹介していきます。

Beats Flexレビュー 3

ワイヤレスイヤホンの購入を検討されている方は必見です。BeatsXの後続機種である「Beats Flex」が発売しました。価格は5,400円です。高性能で安心して使えるワイヤレスイヤホンを探している方に非常におすすめです。AppleのW1チップ搭載なのでiPhoneやiPadなどの製品との接続が簡単で非常に快適です。

-商品レビュー
-,

Copyright© motifyublog , 2021 All Rights Reserved.