iPad Air5

iPad

【新型待つべきか】iPad Air (第5世代) 発売日・スペック

新型iPad Air 第5世代の最新情報が続々と登場してきたのでまとめていきます。

現行のiPad Air 第4世代は2020年秋に発売しましたが、次期モデルのiPad Air 第5世代の登場が噂されています。

汎用性が高く大幅にアップデートされて登場すると予想されています。

この記事では、次期モデルの新型iPad Air 第5世代についての最新情報を解説していきます。

新型iPad Airが気になっている方、iPad Airを購入しようか悩んでいる方は必見です。

iPad Airとは

Photo_Apple Hub

iPad AirはエントリーモデルのiPad(無印)ハイエンドモデルのiPad Proの間のミドルレンジモデルと位置付けられています。

現行のiPad Air 第4世代は10.9インチのフルディスプレイ搭載となり、Touch ID内蔵電源ボタンが特徴的です。

新しいデザインと豊富なカラーバリエーションが魅力のモデルです。

4Kビデオを撮影してiPad Airで編集もでき、マルチタスクも可能なCPUを搭載しています。

また、Wi-Fi6とLTEに対応していて、さらに高速な通信が可能です。

 

iPad mini Pro

iPadの種類と特徴を簡単に表すと以下のとおりです。

iPadの種類と特徴

iPad (10.2インチ):一番安い

iPad mini (7.9インチ):一番小さい

iPad Air (10.9インチ):一番コスパが高い

iPad Pro(11/12.9インチ):一番高性能

性能と価格のバランスが良く、一番コスパが高いのが「iPad Air」です。

新型iPad Air 第5世代に関する最新情報

カメラ部

次期モデルのiPad Airはどのようなモデルになるのか最新情報をまとめていきます。

台湾DigiTimesによると、2022年に有機ELディスプレイを搭載した新型iPad Air 第5世代が登場すると報じています。

最新情報まとめ

  • 有機ELディスプレイ搭載
  • CPUはA15 Bionic
  • メモリ容量は6GB搭載
  • バッテリー駆動時間の向上
  • 発売は2022年初頭

新たなスペックや新機能が分かり次第、情報を更新します。

現時点での最新情報を詳しく解説していきます。

有機ELディスプレイ搭載

ミニLED画面

現行のiPad Air 第4世代では液晶ディスプレイが搭載されていますが、次期モデルのiPad Air 第5世代では、有機ELディスプレイが搭載されます。

画面サイズは10.9インチと報じられていて、現行モデルと同様となる見込みです。

ポイント

コントラストに優れていて、より美しく高画質な映像を楽しめます。

さらに画面の最大輝度が向上し、色域もアップデートされるなどディスプレイの大幅刷新が予想されています。

発色が良く、液晶が苦手とする黒色もしっかりと再現できて鮮やかで美しい映像となります。

有機ELとは

有機EL「OLED(Organic Light Emitting Diode)」はパネル自体を発光させることができるディスプレイです。

液晶との違いは、バックライトなしでパネルそのものが発光して映像を映し出すので、よりメリハリのある色を表現できます。 視野角もほぼ180°と広いため、どの角度から見ても鮮やかな色と一定の明るさをキープします。

ミニLEDは有機ELよりも高性能なテクノロジーであるため、Appleは有機ELをiPad AirやエントリーモデルのiPadに搭載していくと計画しています。

iPad ProにはミニLEDを搭載し差別化を図るとしています。

A15 Bionicチップ搭載

A15 Bionic

チップセットは現行のiPad Air 第4世代ではA14 Bionicチップが搭載されています。

次期モデルのiPad Air 第5世代では、より高性能なA15 Bionicチップが搭載されると予想されています。

ポイント

A14 BionicチップからA15 Bionicチップへアップデートされます。

CPUコアの性能がさらに高速化し、グラフィック性能も向上します。

各種処理能力が全体的に向上し、アプリの高速起動にも対応します。

よりクリエイティブな操作が可能となり、優れたパフォーマンスが期待できます。

参考

A15 Bionicチップは、TSMCの改良版の5nmプロセスであるN5Pで製造されると海外メディアが報じています。

メモリ容量は6GB搭載

iPad 側面

現行のiPad Air 第4世代ではメモリ(RAM)は4GBが搭載されています。

次期モデルのiPad Air 第5世代では、メモリ(RAM)は6GBが搭載されると予想されています。

ポイント

メモリ4GB搭載からメモリ6GB搭載へアップデート。

メモリの容量が増えることにより、動作がより高速になります。

iPhone12 Proシリーズはメモリが6GBとなります。

また、新型iPad Proではメモリが8GB(最大16GB)搭載されていて、新型iPad Proと差別化を図るためにメモリは8GB搭載とはならず、6GB搭載となる可能性があります。

バッテリー駆動時間の向上

バッテリー性能向上

次期モデルのiPad Air 第5世代では有機ELディスプレイが搭載されるため、バッテリー消費を抑えることができバッテリー持続時間の改善が期待できます。

ポイント

新型Apple Watch同様に有機ELを採用するため、ダークモードなどを導入することでバッテリー消費が大きく抑えられるようになります。

バッテリー容量のアップデートに関しては現時点で明確ではありません。

発売は2022年前半

Photo_TT Technology

2021年後半に生産され、早ければ2022年前半に登場すると報じられています。

歴代iPad Airの発売日は以下のとおりです。

歴代iPad発売日

  • iPad Air (第1世代):2013年11月1日
  • iPad Air (第2世代):2014年10月22日
  • iPad Air (第3世代):2019年3月18日
  • iPad Air (第4世代):2020年10月23日

まとめ

新型iPad Air

現行モデルよりディスプレイ性能が大幅に向上してさらに快適に使える新型iPad Airが登場します。

しかしながら、登場は2022年前半と報じられています。

現行のiPad Airは最新のA14 Bionicチップ搭載で、一世代前のiPad Proに迫る性能を備えています。

ベンチマーク(Geekbench 5)では、シングルコアのスコアはA12Z Bionicチップ(一世代前のiPad Pro)を上回っています。

さらに性能にこだわるのであれば新型iPad ProまたはiPad Air 第5世代を待つという選択肢になるかと思います。

ポイント

液晶ディスプレイから有機ELディスプレイにアップデートすることが現時点での最大の特徴です。

次期モデルのiPad Air 第5世代について新たなスペックや新機能が分かり次第、情報を更新します。

これらは初期の情報で、最終スペック、デザインは変わる可能性があります。

Source: DigiTimes, Svetapple.sk, Apple Hub, TT Technology

 

おすすめ記事

1

新型iPhone13についてデザイン、CPU、ディスプレイ、新機能などスペックや発売日をまとめました。カメラ機能が大幅に向上し写真や動画の機能が進化しました。最新のA15 Bionicチップ搭載により、さらに快適な操作が可能となり優れたパフォーマンスを発揮するiPhone。

新型iPad Pro 2021 2

iPad Pro 2021年最新モデルの実機レビューまとめ。デザインやサイズ感、ミニLEDディスプレイの特徴、M1チップ性能やカメラスペック、新機能を徹底解説します。買うべきか悩んでいる方、購入を検討中の方は参考にしてください。iPad Pro第5世代は従来モデルと比較し確かにAppleの主張する性能を備えていました。

PS5とテレビ 3

PS5のスペックに最適なテレビの選び方とおすすめの最新4Kテレビをまとめました。HDMI2.1、4K120Hz、VRR、ALLM、eARC対応モデルを紹介。PS5をお持ちの方やこれから購入を検討している方、テレビの買い替えを検討している方は必見です。最適なテレビで次世代の最高品質なグラフィックを体感できます。

-iPad
-

Copyright© motifyublog , 2021 All Rights Reserved.