折りたたみiPhone_2024

iPhone

折りたたみiPhone「iPhone Fold」発売日・スペック

折りたたみiPhone「iPhone Fold」に関する情報が続々と登場してきたのでまとめました。

Appleは、折りたたみiPhoneやiPad Proのようなものを開発中の可能性があると報じられています。

「iPhone Fold」は、Galaxy Z Fold3のような横に折りたたむタイプと予想されています。

折りたたみiPhoneが登場する噂は以前からありましたが、発売が確実に近づいてきていると海外メディアで話題になっています。

折りたたみiPhone「iPhone Fold(仮称)」について、現時点で公開されている情報および予想を徹底解説していきます。

次世代スマホである折りたたみiPhone「iPhone Fold」が気になる方は参考にしてください。

折りたたみiPhone「iPhone Fold」最新情報

折りたたみiPhone_yosou

Appleは、折りたたみiPhoneやiPad、折りたたみMacBookなどを開発中の可能性があると多くの海外メディアで報じられています。

次世代スマホである折りたたみiPhone「iPhone Fold」はどのようなモデルになるのか最新情報をまとめていきます。

現時点の最新情報は以下のとおりです。

最新情報まとめ

  • iPhone14と似たデザイン
  • 8インチディスプレイ搭載
  • 次世代薄型有機ELパネル採用
  • iPadのような操作性
  • FoldとFlipタイプの2種類が登場
  • 発売は2024年

新たなスペックや新機能が分かり次第、情報を更新します。

最終スペック、デザインは変わる可能性があります。

iPhone14と似たデザイン

折りたたみiPhone_2024_デザイン予想

海外メディアのAppleInsiderによると、iPhone Fold(仮称)はiPhone14と同じようなデザインになる可能性があると報じています。

また、本体の素材はチタニウム合金を採用する可能性があると報じられています。

ポイント

本体はフラットエッジなデザインでありつつも、側面の音量ボタンが丸型になり、背面カメラが本体内部に埋め込まれるデザインとなります。

ディスプレイ上部のノッチを廃止し、フルスクリーンディスプレイに近いデザインになると報じられています。

また、現行モデルのiPhoneでは背面カメラユニットが出っ張るデザインですが、背面カメラユニットが本体内部に埋め込まれフラットなデザインになると予想されています。

Appleの情報に詳しいアナリストのミンチー・クオ氏によると、差別化を図るためiPhone14シリーズでは一部のハイエンドモデルにのみ採用されると報じています。

8インチディスプレイ搭載

折りたたみiPhone_次世代有機ELディスプレイ海外メディアのiDrop Newsによると、ディスプレイサイズは8インチになると報じています。

アナリストのミンチー・クオ氏によると、ディスプレイサイズは約9インチほどになる可能性があると予想しています。

ポイント

ディスプレイサイズは8インチ~9インチになる可能性があります。

モデル名 ディスプレイ
iPhone13 Pro 6.1インチ
iPhone13 Pro Max 6.7インチ
iPad mini 8.3インチ
iPad 10.2インチ

ディスプレイを開いた状態のサイズ感はiPad miniほどになると予想されています。

次世代薄型有機ELパネル採用

OLEDディスプレイ搭載iPad Pro

海外メディアのThe Elecによると、光の透過量を制御する「偏光板」のない有機ELパネルを搭載する可能性があると報じています。

サムスンの「Galaxy Z Fold 3」では偏光板レス有機ELパネルを採用しているため、同様のものが使われる可能性があります。

ポイント

偏光板レス有機ELパネルを搭載し、省電力性能の高い薄型ディスプレイになる可能性があります。

また、iPad Proに搭載されているミニLEDは採用されないとしています。

有機ELディスプレイはミニLEDディスプレイに対し、薄型化が可能となり本体が薄型軽量化するとディスプレイ業界に詳しい調査会社「DSCC」のロス・ヤング氏が報じています。

今後は、カラー電子ペーパーディスプレイやセカンドディスプレイ搭載が主流になっていくとしています。

iPadのような操作性

折りたたみiPhone_Patently Apple

iPhone Fold(仮称)は、ディスプレイを開いた状態では8インチほどになり、折り目が見えない機構を導入する可能性があると報じられています。

これにより、iPad miniのような操作感を実現すると予想されています。

ポイント

たたんでいる状態はiPhoneのサイズで、開いた状態だとiPadのような大画面になるとしています。

ディスプレイを開いた状態でどのような新機能が搭載されるかは明らかになっていません。

折りたためばスマホサイズなので、ポケットに入るiPad miniほどのディスプレイだと考えられます。

ポイント

折りたためばスマホ、開けばタブレットのため大画面で動画やゲーム、複数アプリの表示が可能です。

FoldとFlipタイプの2種類が登場

次世代折りたたみiPhone_2024

海外メディアのiDrop Newsによると、縦開きタイプサムスン Galaxy Z Flipのようなモデルと横開きタイプサムスン Galaxy Foldのようなモデルが登場する可能性があると報じています。

ポイント

折りたたみiPhoneは「iPhone Fold」と「iPhone Flip」の2種類が登場すると予想されています。

現行のiPhoneでは複数のアプリを同時に使用するマルチタスクができませんが、折りたたみiPhoneの登場で幅広いマルチタスクに対応する可能性があります。

発売は2024年

Galaxy Z Fold3本体

海外メディアのiDrop Newsによると、発売予想時期は2024年頃になる可能性があると報じています。

以前のレポートでは2023年に登場すると予想されていましたが、2024年頃になるとしています。

アナリストのミンチー・クオ氏も2024年に登場する可能性があると予想しています。

また、折りたたみスマホはハイエンドモデルとなるため予想販売価格については約18万円以上になると予想されています。

予想

発売時期:2024年~

価格:約18万円~

まとめ

次世代折りたたみiPhone_予想デザイン

次世代の折りたたみiPhone「iPhone Fold」に関する情報が続々と登場してきたのでまとめました。

折りたたみ式が今後ハイエンドモデルとして登場する可能性があると多くの海外メディアが報じています。

アナリストのミンチー・クオ氏によると、2024年に登場する可能性が高いと予想しています。

また新たなスペックや新機能が分かり次第、情報を更新します。

最終スペック、デザインは変わる可能性があります。

Source:AppleInsider , iDrop News  , Patently Apple , Appledsign , Apple Hub , MacRumors

 

おすすめ記事

AirPods Pro2デザイン 1

AirPods Pro(第2世代)に関する最新情報が続々と登場してきたのでデザイン、新機能などスペックや発売日をまとめました。海外メディアの噂や予想を徹底解説します。次世代のAirPods Proは大幅なモデルチェンジが期待されています。今、AirPods Proを買うか悩んでいる方は参考にしてください。

iPhone14_2022_new 2

iPhone14に関する情報が続々と登場してきたのでまとめました。2022年向けの新型チップ A16 Bionicが開発中との噂です。4K 120Hz(LTPO OLED)ディスプレイが搭載し、デザインが大幅アップグレードされフルモデルチェンジが期待されます。またカメラスペックなど最新情報を徹底解説していきます。

PS5とテレビ 3

PS5のスペック性能に最適なテレビの選び方とおすすめの最新型4Kテレビを紹介していきます。テレビ次第でより高画質で滑らかな、次世代の最高品質なグラフィックを体感することができます。PS5をお持ちの方やこれから購入を検討している方、テレビの買い替えを検討している方は必見です。

ガジェット晒し_画像 4

普段の生活に取り入れて毎日のように使っている、買ってよかった便利なガジェットや家電を紹介していきます。いまの生活をより快適にできるような、おすすめのアイテムをまとめています。価値が還元されて元が取れるガジェットは生活満足度が格段に上がります。最新ガジェットや家電で生活に快適さやクリエイティブを。

-iPhone
-,

Copyright© motifyublog , 2022 All Rights Reserved.