iphone15_USB-C

iPhone

【最新情報】iPhoneにUSB-C搭載はいつ?【iPhone15待つべきか】

新型iPhoneが登場する前に多くのメディアで話題となり、最大の注目点となっているのがUSB-Cの搭載です。

現行モデルのiPhone13シリーズも発売前はUSB-Cが搭載される可能性があるとリークされていましたが、実際には従来通りLightinigコネクタを搭載しました。

USB-Cの搭載はメジャーアップデートであり大きな進化と言えるでしょう。

この記事では、いつiPhoneにUSB-Cが搭載されるのか。また、USB-Cに移行する理由とUSB-Cを搭載するメリットをまとめています。

現時点で公開されている情報および予想を徹底解説していきます。

iPhoneにUSB-C搭載はいつ?

新型iphoneにUSB-C搭載

最近では、iPad ProなどのタブレットやワイヤレスイヤホンなどUSB-Cを搭載したデバイスが急激に増えてきています。

LightinigはApple専用の規格のため、外部機器との連携がしにくいといったデメリットが出てきています。

現行モデルのiPhone13は外部接続端子にはLightinigが搭載しており、Lightinigを廃止してUSB-Cに移行してほしいという意見が多いです。

そんな中、新たに2023年モデルのiPhoneでは外部接続端子がUSB-Cに変わると報じられました。

iPhone15でUSB-C搭載

アナリストのミンチー・クオ氏によると、2023年モデルのiPhoneであるiPhone15シリーズで外部接続端子がLightningからUSB-Cに移行する可能性があるとしています。

ポイント

2023年に登場が期待されているiPhone15でUSB-Cポートが搭載される可能性があります。

クオ氏は複数のサプライヤーなどに聞き取り調査をしたとしているため、信憑性は高いと思われます。

また、海外メディアのBloombergも、AppleはUSB-Cを搭載したiPhoneの開発に取り組んでいて搭載は早くても2023年モデルになると報じています。

電子機器端子をUSB-Cに統一

iPhone_充電端子

EUが環境保全のために外部接続端子の規格を統一する案を議決したこともあり、期待が高まっています。

統一された端子でないとヨーロッパで販売できなくなるため、Appleもこの議決を無視できません。EU加盟国が法案を承認した場合には、iPhoneにUSB-C搭載が義務付けられます。

また、iPhoneにUSB-Cを搭載せざるを得ないのは、大容量ファイルの転送速度にも関係していると報じられています。

ポイント

Lightinigを廃止しUSB-Cに変わる日が確実に近づいてきていると海外メディアで話題となっています。

iPadやMacBookだけでなくiPhoneまでUSB-C化することで、一本のケーブルで対応できるようになるのは非常にスマートです。次世代のAirPods Pro(第2世代)などの端子もUSB-Cが搭載されることを期待します。

充電速度とデータ転送速度が向上

iPhoneで高速データ転送

アナリストのミンチー・クオ氏によると外部接続端子がUSB-Cに変更された場合、ファイルの転送速度および充電速度が大幅に向上すると報じています。

ポイント

iPhoneの充電速度や転送速度が大幅に向上する可能性があります。

ただし、それらの仕様はiOSのサポートに依存するとのことです。

また、4K Pro Res撮影などの大容量ファイルの転送速度のためにUSB-Cを搭載すると予想されています。

4K Pro Res撮影をした場合の1分あたりの動画が、約6GBとファイルサイズが非常に多くなります。

2時間の動画を撮影した場合は、ファイルサイズが約720GBとなりLightinigでの転送だと約3時間45分ほど掛かります。

しかしながら、USB-CとMacのThunderbolt/USB4で転送した場合は約3分で転送ができます。

4K Pro Res動画(2時間)転送目安

Lightinigで転送:約3時間45分

USB-Cで転送:約3分

USB-Cで高速転送できる規格を採用することで、より便利に活用できることが期待されています。

iPhone14では高速化したLightning搭載

iPhoneの外部接続端子

iDrop Newsによると、2022年モデルのiPhone14シリーズではLightning端子が搭載されるものの通信速度が向上する可能性が高いと報じています。

Lightinigの通信速度がUSB2.0(480Mbps)からUSB3.0(5Gbps)相当になると報じられています。ただし、USB3.0ほどの速度は出ないと予想されます。

ポイント

iPhone14の外部接続端子は高速化したLightningを搭載する可能性があります。

アナリストのミンチー・クオ氏は、USB-C端子は2023年モデルのiPhone(iPhone15)で搭載されると報じています。

まとめ:iPhone15の発売を待つべきか

iPhone14_USB-C

iPhone15シリーズでは待望のUSB-Cポートが搭載される可能性があると報じられています。

確定的ではありませんが、USB-C採用の可能性が非常に高くなってきました。

ポイント

iPhone14ではLightningが搭載されiPhone15でUSB-Cが搭載される可能性があります。

手持ちのケーブルを統一できたり、様々なデバイスとの連携ができ、大容量データの高速転送や45Wでの急速充電に対応するなどUSB-C搭載にはメリットが豊富にあります。

ただし、現時点でiPhone14は、USB-Cを搭載せずLightning継続が濃厚とされています。

ポイント

iPhone14は大幅アップデートされ登場する可能性が高いと報じられているため、多くの海外メディアで期待されています。

例えiPhone14がLightning継続でiPhone15がUSB-C搭載だとしても、iPhone14の購入価値は大きいと思われます。

毎年USB-Cになると言われているiPhone。2023年はどう進化するのか期待です。

新たな情報が分かり次第、記事を更新します。

これらは初期の情報で、最終スペックなどは変わる可能性があります。

Source:mingchikuo , Apple Hub , Appledsign , iDrop News

 

おすすめ記事

AirPods Pro2デザイン 1

AirPods Pro(第2世代)に関する最新情報が続々と登場してきたのでデザイン、新機能などスペックや発売日をまとめました。海外メディアの噂や予想を徹底解説します。次世代のAirPods Proは大幅なモデルチェンジが期待されています。今、AirPods Proを買うか悩んでいる方は参考にしてください。

iPhone14_2022_new 2

iPhone14に関する情報が続々と登場してきたのでまとめました。2022年向けの新型チップ A16 Bionicが開発中との噂です。4K 120Hz(LTPO OLED)ディスプレイが搭載し、デザインが大幅アップグレードされフルモデルチェンジが期待されます。またカメラスペックなど最新情報を徹底解説していきます。

PS5とテレビ 3

PS5のスペックに最適なテレビの選び方とおすすめの最新4Kテレビをまとめました。HDMI2.1、4K120Hz、VRR、ALLM、eARC対応モデルを紹介。PS5をお持ちの方やこれから購入を検討している方、テレビの買い替えを検討している方は必見です。最適なテレビで次世代の最高品質なグラフィックを体感できます。

ガジェット晒し_画像 4

普段の生活に取り入れて毎日のように使っている、買ってよかった便利なガジェットや家電を紹介していきます。いまの生活をより快適にできるような、おすすめのアイテムをまとめています。価値が還元されて元が取れるガジェットは生活満足度が格段に上がります。最新ガジェットや家電で生活に快適さやクリエイティブを。

-iPhone
-,

Copyright© motifyublog , 2022 All Rights Reserved.