iPhone 14 Proカメラレビュー

iPhone

【最新情報まとめ】iPhone15のカメラに期待される6つの進化

iPhone15シリーズのカメラに関する最新情報や噂が続々と登場してきたのでまとめました。

海外メディアBloombergのマーク・ガーマン氏は、iPhone15シリーズではカメラが大幅にアップデートされて性能や画質、機能が向上すると述べています。

また、多くの海外メディアによると、iPhone15はフルモデルチェンジになって登場することが予測されています。

この記事では、iPhone15シリーズのカメラの進化ポイントについての最新情報を解説していきます。

現時点で公開されている情報および予想を徹底解説していきます。

iPhone15はカメラの大幅アップデート

iPhone15 フルモデルチェンジ

ここ数年、iPhoneはカメラ性能の強化に重点が置かれています。

iPhone14 Proでは、センサーサイズの大型化や多くの機能の向上がありました。4800万画素でのProRAW撮影では従来の4倍の解像度で撮影が可能になりさらに高精細な写真を撮影できます。

iPhone15シリーズについても、更なるカメラの強化が継続されると報じられています。

iPhone15シリーズのカメラはどのように進化するのか最新情報をまとめました。

最新情報まとめ

  • ペリスコープレンズ搭載
  • フロント2眼カメラ搭載
  • 新型イメージセンサー搭載
  • アクションモードなどの機能向上
  • 背面カメラユニットのフラット化
  • iPhone15 Ultraは4眼カメラ搭載

新たなスペックや新機能が分かり次第、情報を更新します。

現時点での最新情報や予想を詳しく解説していきます。

ペリスコープレンズ搭載

ペリスコープレンズ搭載カメラ iPhon15

アップルの内部情報に詳しいアナリストのミンチー・クオ氏によるとiPhone15の最上位モデルには、ペリスコープレンズが搭載され、光学10倍ズームに対応するとしています。

ペリスコープレンズとは、最新のカメラテクノロジーでスマホのような薄いデバイスでも高倍率の光学ズームが可能となる次世代のレンズです。

また、iPhone15 Pro Max(iPhone15 Ultra)にのみ高倍率ズームのペリスコープレンズ搭載リア望遠カメラを搭載すると報じられています。

ポイント

iPhone15のProシリーズのみにペリスコープレンズが搭載され、ズーム性能が大幅に向上する可能性があります。

iPhone14 ズーム性能

iPhone14シリーズでも望遠レンズやLiDARセンサーなどはProモデルのみに搭載され、Proモデルのみメインカメラが4800万画素になりました。

iPhone14およびiPhone14 PlusとiPhone14 ProおよびiPhone14 Pro Maxはカメラ機能で大きく差別化されています。

アナリストのミンチー・クオ氏は、iPhone15シリーズでも差別化が進むと予測しています。

インカメラのアップデート

iPhone14 インカメの画質

iPhone15シリーズでは、インカメラの性能が大幅に向上すると報じられています。

iPhone15ではインカメラの写真画質やオートフォーカス性能の向上が予測されており、iPhone15 Proモデルではさらに望遠機能が追加される可能性があると予測されています。

リーカーのMajin Bu氏によると、iPhone15の上位モデルにはフロントカメラが2台搭載するとしています。

望遠の倍率を変更するなど自撮り写真でも画質がさらに向上する可能性があると報じられています。

ポイント

ディスプレイ前面のインカメラの性能や画質がさらに向上する可能性があります。

インカメラでもズームなどができるようになると予想されます。また、インカメラが2台搭載されることで新たに機能が追加される可能性もあります。

新型イメージセンサー搭載

iPhone15 新型イメージセンサー搭載

iPhone15シリーズでは、ソニーの最新イメージセンサー「2層トランジスタ画素積層型CMOSイメージセンサー」が搭載されて写真のクオリティが大幅に向上すると報じられています。

日経新聞の海外メディアであるNikkei Asiaによると、従来のイメージセンサーと比較し約2倍のピクセル信号の飽和レベルとなり、より多くの光を取り込みながら露出オーバーやアンダーを抑えることが可能になるとしています。

ポイント

明暗差のある写真により強くなり、逆光に照らされた顔などもより鮮明に撮影可能になる可能性があります。

大幅な画質の向上に期待が高まります。

アクションモードなどの機能向上

iPhone14アクションモード

iPhone15シリーズでは、アクションモードやシネマティックモードなどの機能が向上されると予測されています。

アクションモードでは、より強力な手ぶれ補正となり、さらにブレのない滑らかな映像を撮影することができるようになると予想されます。

また、シネマティックモードでは被写体の背景に、より自然なボケ効果を加えることができるようになると予想されます。

ポイント

さまざまな機能が追加されたりアップデートされる可能性があります。

新機能の情報などが分かり次第、情報を更新します。

背面カメラユニットのフラット化

iPhone14カメラ大幅アップグレード

アップルの内部情報に詳しいアナリストのミンチー・クオ氏は、iPhone15シリーズではデザインが刷新される可能性があるとしています。

ペリスコープレンズにより、本体の厚みやレンズの出っ張りが増すのを避けられる可能性があると報じられています。

カメラのフラット化ないにしても肥大化は抑えられると予想されています。

iPhone15 Ultraは4眼カメラ搭載

iphone15 2023camera

iPhone15の最上位モデルについては、背面カメラに4つのカメラを搭載する可能性があると報じられています。

超広角カメラ、望遠カメラ、広角カメラに加え、光学10倍ズームに対応した望遠カメラ、他に20%明るくなるLEDフラッシュ、LiDARスキャナが搭載される可能性があります。

Bloombergのマーク・ガーマン氏は、次期モデルの上位モデル(Pro MaxまたはUltra)は、Proモデルの中でも差別化を図る可能性が高いと予測しています。

まとめ

iPhone15

毎年着実な進化を続けてきたiPhoneですが、iPhone15シリーズではカメラが大幅にアップデートされて性能や画質、機能が向上すると報じられています。

カメラ回りの機能改善が豊富にあることが期待されています。

SNSを利用して写真や動画を共有する機会が増えた現在では、カメラのアップデートは嬉しい進化となります。

フルモデルチェンジになると言われているiPhone15ですが、どのように進化するのか期待が高まります。

新たなスペックや新機能が分かり次第、情報を更新します。

これらは初期の情報で、最終スペック、デザインは変わる可能性があります。

Source:Nikkei Asia , Macrumors , Majin Bu , Apple Hub , AppleDsign , FRONT PAGE TECH , 4RMD3  , William Faix

 

おすすめ記事

iPhone 14 Pro レビュー 1

新型iPhone14 Proを実際に使って感じた気になる進化ポイントと弱点をレビューします。ダイナミックアイランド(Dynamic Island)の操作感や実用性、常時表示ディスプレイのバッテリー持ちも解説。カメラ性能強化、衝突事故検出機能など便利な新機能も多数搭載されました。

AirPods Pro2 レビュー 2

新型AirPods Pro(第2世代)を実際に使って感じた気になる進化をレビューします。AirPods Pro2は買うべきか解説。最新のH2チップを搭載し強力なノイズキャンセリング性能、進化した外部音取り込みモード、便利な新機能の搭載など驚異的なアップデートを遂げました。

Apple Watch Series 8使用レビュー 3

Apple Watch Series 8に追加された新機能や実際の使用感をまとめました。皮膚温センサーの搭載、衝突事故検知機能、バッテリー持ちの改善など新型モデルに搭載された機能を有効活用し便利な使い方を徹底解説していきます。Series 6からの買い替えにはおすすめ。

ガジェット晒し_画像 4

普段の生活に取り入れて毎日のように使っている、買ってよかった便利なガジェットや家電を紹介していきます。いまの生活をより快適にできるような、おすすめのアイテムをまとめています。価値が還元されて元が取れるガジェットは生活満足度が格段に上がります。最新ガジェットや家電で生活に快適さやクリエイティブを。

PS5 部屋 5

PS5のスペック性能に最適なテレビの選び方とおすすめの最新型4Kテレビを紹介していきます。テレビ次第でより高画質で滑らかな、次世代の最高品質なグラフィックを体感することができます。PS5をお持ちの方やこれから購入を検討している方、テレビの買い替えを検討している方は必見です。

-iPhone
-,

Copyright© motifyublog , 2023 All Rights Reserved.