おすすめのキーボード

パソコン・周辺機器

【2021年最新】おすすめキーボードまとめ【コスパ最強の人気モデル】

パソコンやタブレットの文字入力に便利なキーボード。

最近ではパソコンだけではなく、スマホやタブレット、ゲーム機でも使う機会のある周辺機器です。

様々な種類のキーボードがありますが、どれが良いか迷うと思います。

作業のスピードなどを大きく左右するキーボードはしっかり決めたいものです。

 

この記事では、最新の人気キーボードを紹介します。コスパ重視でコンパクト性の高いモデル、テンキーあり、日本語配列、パンタグラフ式やメカニカル式などのモデル。また、Bluetoothタイプ、USBワイヤレスキーボードや有線キーボードについても解説していきます。

iPadやノートPCでもキーボードを接続してさらに作業を快適にすることができます。

キーボードの購入で悩んでいる方、購入を検討されている方は是非参考にしてください。

 

キーボードの選び方

デスクトップ

キーボードを選ぶときに重視すべきポイントは以下のとおりです。

ポイント

  • 接続方法
  • キータイプ
  • 配列
  • テンキーの有無

自分に合ったモデルのキーボードを選ぶには以上の4つのポイントをチェックすることが重要です。

詳しく解説していきます。

接続方法で選ぶ

有線キーボード

キーボードの接続方法には、有線タイプと無線(ワイヤレス)タイプの2種類があります。

それぞれ異なるメリットやデメリットがあるので注意が必要です。

有線と無線のメリット・デメリット

  メリット デメリット
有線

・電池切れがない

・反応が良く安定性がある

・配線が増える

・持ち運びに不便

無線(ワイヤレス)

・持ち運びしやすい

・デスク上がすっきりする

・電池切れの心配がある

・ペアリングなどの設定がある

無線(ワイヤレス)タイプには、レシーバーを使うUSB接続とBluetooth接続があり、タブレットやスマホで使う場合はBluetooth接続が主流となります。

ポイント

ネットゲームやプログラミングに使うという方は有線タイプが最適。

パソコン周りをスッキリさせたい方、持ち運びたい方は無線タイプが最適。

以前は『ワイヤレスキーボードは反応が遅い』など言われていましたが、最近は有線タイプとほぼ反応の違いはありません。

キータイプで選ぶ

キーボードには、パンタグラフ、メンブレン、メカニカルといった3種類のキーボードタイプがあります。

それぞれタイピング感や打鍵音、耐久性などが異なってきます。

メンブレン

デスクトップPCで多く採用されている一般的なタイプで、ゴムの反発力で押したキーが押し戻してくれる構造となっています。

打鍵音は比較的静かなモデルです。

パンタグラフ

ノートパソコンで多く採用されているタイプで、キーストロークが浅く打鍵音が静かで、比較的長時間使用しても疲れにくいことが特徴です。

キーボード自体は薄型でキー反応も良いモデルです。

またパンタグラフのワイヤレスタイプは薄型軽量で持ち運びに便利です。

メカニカル

キーひとつひとつが独立しているので、故障した場合でも問題のキーを交換すれば解決できます。キーストロークが深く打鍵音が大きいです。また、内部の軸の色によってキーの反発や音の性能などが異なるのが特徴です。

音の違いにこだわりたい方は店頭で実際に操作することをおすすめします。

ゲームやプログラミングなどに最適なモデルです。

日本語配列(JIS)と英語配列(US)

キーボードの主な配列は「日本語配列(JIS)」と「英語配列(US)」の2種類があります。

ポイント

日本語配列(JIS):全角/半角や変換キーが配列されていて日本語が入力しやすい設計。

英語配列(US):全角/半角や変換キーなし。プログラミングなど英語入力が多い作業におすすめ。

配列を選ぶときに確認するべきことは以下のとおりです。

  • 主要キーの位置、大きさはどうか
  • Shift、Alt、Ctrlは左右に配置されているか
  • かな文字が印字されているか
  • ファンクションキーの有無

日本語入力をする方は日本語配列がおすすめです。

テンキーの有無

テンキー

一般的にキーボードの右側にある電卓のような並びのキーが「テンキー」です。

表計算などのデータ入力をすることが多い方はテンキー付きのキーボードを使用することで、作業効率を上げることができます。

数字を入力する機会が少なく、よりコンパクトなモデルが欲しい方はテンキーを搭載していないモデルがおすすめです。

 

【2021年最新】おすすめのキーボード

おすすめのキーボード

キーボード選びの際に大切なポイントを考慮して、最新の人気モデルのキーボードを厳選しました。

キーボードを購入したいと思っているけれど、種類が豊富でどのキーボードを購入したらよいか迷っている方は是非参考にしてください。

サンワサプライ Bluetoothスリムキーボード

【Amazonで見る】サンワサプライ SKB-BT22BK

薄型軽量設計でデスクがスッキリして見え、持ち運びにも便利なモデルです。

電池交換のいらない充電式薄型Bluetoothキーボードとなります。

仕様・スペック

接続方法:無線(Bluetooth)

キースイッチ:パンタグラフ式

キー配列:日本語配列(JIS)

テンキー:あり

Fキー:あり

かな文字:あり

キーストローク:2.0mm

キーピッチ:19mm

重量:350g

USB充電式で3時間の充電で約165時間使用可能です。

パソコン以外にもタブレットやスマホでも使えます。

テンキーを搭載していても幅345mmと省スペースの超コンパクトデザインです。

こんな方におすすめ

  • スタイリッシュなモデルが欲しい!
  • パンタグラフ式の無線モデルが欲しい!
  • iPadなどのタブレットで使いたい!

Logicool K275(無線USBアダプター)

【Amazonで見る】Logicool K275(無線USBアダプター)

USBアダプタータイプのワイヤレスキーボードです。

一般的なキーボードで人気モデルとなります。

仕様・スペック

接続方法:無線(USB接続タイプ)

キースイッチ:メンブレン式

キー配列:日本語配列(JIS)

テンキー:あり

Fキー:あり

かな文字:あり

キーストローク:3.2mm

キーピッチ:19mm

重量:470g

メンブレン式なので、キーピッチやキーストロークが標準的で使いやすいところが特徴です。

省エネ設計のため、単四形乾電池を2本使用し約2年間使用できます。

Webへの簡単接続、ボリューム調整などの8つのホットキーを搭載しています。

こんな方におすすめ

  • 標準的なキーボードが欲しい!
  • 無線モデルが欲しい!
  • お手頃価格のキーボードが欲しい!

iClever Bluetoothキーボード IC-BK22

【Amazonで見る】iClever Bluetoothキーボード IC-BK22

超薄型の標準JIS配列のキーボードです。

静か、快適、滑らかなタイピングができるのが特徴です。

質感、使い勝手が非常に良いモデルです。

仕様・スペック

接続方法:無線(Bluetooth)

キースイッチ:パンタグラフ式

キー配列:日本語配列(JIS)

テンキー:あり

Fキー:あり

かな文字:あり

キーストローク:1.8mm

キーピッチ:19mm

重量:373g

超スタイリッシュなデザインで、デスク周りのスペースを有効に使えて見た目がスッキリします。

マルチペアリング可能で、最大3台までのデバイスに接続できてボタン1つでデバイス切り替えが可能です。

最高品質のワイヤレス接続であるBluetooth5.1を搭載していて遅延などが起きず信頼性の高い接続が実現します。

こんな方におすすめ

  • 高性能なキーボードが欲しい!
  • 薄型モデルで机をスッキリさせたい!
  • 静かで滑らかなタイピングをしたい!

エレコム 有線キーボード TK-FFCM01BK

【Amazonで見る】エレコム 有線キーボード TK-FFCM01BK

標準的なメンブレン式の有線キーボードです。

打鍵しやすいキーピッチ19mmと日本語109キー配列を採用しているので快適なタイピングが可能です。

仕様・スペック

接続方法:有線 (USB-A)

キースイッチ:メンブレン式

キー配列:日本語配列(JIS)

テンキー:あり

Fキー:あり

かな文字:あり

キーストローク:2.8mm

キーピッチ:19mm

重量:563g

長期間使用してもキーの文字が薄くならないレーザー刻印を採用しています。

お手頃価格で、本体の枠が薄くメンブレン式で静音なので使い勝手が良いモデルです。

こんな方におすすめ

  • メンブレン式の有線モデルが欲しい!
  • 安定した文字入力をしたい!
  • お手頃価格のキーボードが欲しい!

Logicool 有線キーボード K310

【Amazonで見る】Logicool 有線キーボード K310

防水、耐水の洗える有線キーボードです。

洗浄や衝撃など耐久性に非常に強いモデルとなります。

仕様・スペック

接続方法:有線 (USB-A)

キースイッチ:メンブレン式

キー配列:日本語配列(JIS)

テンキー:あり

Fキー:あり

かな文字:あり

キーストローク:2.4mm

キーピッチ:19mm

重量:490g

ファンクションキーとテンキーを搭載したレイアウトで、快適な入力を実現します。

ユニークでモダンなデザインを採用したキーボードです。

防水、耐水なので万が一飲み物などがキーボードにこぼれても安心です。

こんな方におすすめ

  • メンブレン式の有線モデルが欲しい!
  • 防水機能のあるキーボードが欲しい!

Logicool G ゲーミングキーボード G910r

【Amazonで見る】Logicool G ゲーミングキーボード G910r

高速文字入力が可能なゲーミングキーボードです。

ゲーミングだけでなく一般使いにも最適なモデルです。

メカニカル式なので非常にタイピングしやすく、心地良い打鍵感と操作性が特徴です。

仕様・スペック

接続方法:有線 (USB-A)

キースイッチ:メカニカル式

キー配列:日本語配列(JIS)

テンキー:あり

Fキー:あり

かな文字:なし

キーストローク:3.0mm

キーピッチ:19mm

重量:1.52kg

最大25%の高速動作を実現するRomer-Gメカニカルスイッチを搭載したロジクール最速のRGBゲーミングキーボードです。

1680万色のカラーカスタマイズが可能で好きな色に光らせることができます。

カスタマイズ可能な9個のGキーとメモリーパターンキーが搭載されています。そのため27つのマクロ設定ができ様々なコマンドに対応しています。

ゲーミング用途に限らず操作性の良いキーボードを探している方におすすめです。

こんな方におすすめ

  • 心地良い打鍵感と操作性を求めている!
  • ゲーム用のキーボードを探している!
  • かっこいいキーボードが欲しい!

 

まとめ

テレワーク風景

最近ではお家時間が増えてきています。テレワークなどで自宅でパソコン作業をする機会があったり、ゲームをする機会が多いと思います。また、ブログなどのライティング作業を始めようとしている方も多いと思います。

作業のスピードなどを大きく左右するキーボード。より効率良く作業するにはキーボードが重要です。

ノートPCでもキーボードを導入することによって文字入力がしやすくなり効率が上がります。

 

自分にぴったりのキーボードを探してみてください。

おすすめ記事

iphone13 1

iPhone13に関する最新情報が続々と登場してきたのでデザイン、CPU、ディスプレイ、新機能などスペックや発売日をまとめました。発売を待つべきか悩んでいる方は必見です。120Hz(LTPO OLED)ディスプレイに対応する可能性やデザインの大幅アップデートが期待されています。

新型iPad Pro 2021 2

iPad Pro 2021年最新モデルの実機レビューまとめ。デザインやサイズ感、ミニLEDディスプレイの特徴、M1チップ性能やカメラスペック、新機能を徹底解説します。買うべきか悩んでいる方、購入を検討中の方は参考にしてください。iPad Pro第5世代は従来モデルと比較し確かにAppleの主張する性能を備えていました。

Apple Watch Series 6レビュー 3

Apple Watch Series 6の購入を検討している方や気になっている方は必見です。アウトドアや家の中で日常的に使ってわかった優れているポイントを解説します。ソロループについてや、新機能の血中酸素濃度測定や心電図アプリや常時表示Retinaディスプレイの明るさ、バッテリーや使用した新機能も紹介していきます。

-パソコン・周辺機器
-

Copyright© motifyublog , 2021 All Rights Reserved.