Apple Watch SE2_2022年新型

Apple Watch

【最新情報まとめ】Apple Watch SE 2 発売日・スペック

2022年新型のApple Watch SE(第2世代)に関する情報が続々と登場してきたのでまとめました。

Apple WatchのSEシリーズは、機能が抑えられ価格の安さを重視したエントリーモデルです。

現行モデルのApple Watch SEは、Apple Watch Series 6と同時期の2020年9月に登場しました。

Bloombergのマーク・ガーマン氏によると、次期モデルは新たな機能が追加されて性能が大幅に向上して登場すると報じています。

この記事では、2022年秋に登場が期待されている「新型Apple Watch SE(第2世代)」についての最新リーク情報をまとめていきます。

次期モデルのApple Watch SEが気になる方、Apple Watchを初めて買う方は参考にしてください。

Apple Watch SE 2に関する最新情報

Apple Watch SE2_2022_new

2022年モデルの新型Apple Watch SE(第2世代)はどのようなモデルになるのか最新情報をまとめていきます。

最新情報まとめ

  • S7チップ搭載で性能向上
  • 常時表示ディスプレイ対応
  • 新たなヘルスケア機能の追加
  • 血中酸素ウェルネスアプリ対応
  • ケースデザインは変化なし
  • ケース素材はアルミのみ
  • 価格は32,800円~

性能の向上と新たなヘルスケア機能の追加が期待されています。

現時点での最新情報および予想を詳しく解説していきます。

S7チップ搭載で性能向上

S7

現行モデルのApple Watch SEはS5 SiPプロセッサが搭載されていますが、次期モデルのApple Watch SEはS7 SiPプロセッサが搭載される可能性があります。

ポイント

S5 SiPからS7 SiPにチップが進化し、処理速度が大幅に向上します。

S7チップはS5チップに比べて処理速度が約40%向上し、電力効率の性能についても約40%ほど向上しているため、より快適にApple Watchを使えます。

Apple Watch図

Bloombergによると、2022年の秋に登場が期待されているApple Watch Series 8はS8チップが搭載されると報じています。また、次期モデルのSEシリーズは一世代前のチップが搭載されると予想されています。

常時表示ディスプレイ対応

display

Bloombergのマーク・ガーマン氏によると、Apple Watch Series 5から対応した常時表示機能がApple Watch SE(第2世代)にも対応すると報じています。

多くの海外メディアで、文字盤の常時表示に対応することは非常に期待されています。

ポイント

常時表示ディスプレイに対応し、手を動かさない状態でも時間(画面)を確認できるようになります。

常時表示ディスプレイに対応するには、低温多結晶酸化物(LTPO)ディスプレイや超低電力ディスプレイドライバー、Series 5と同等の環境光センサーを搭載することとなり、SEシリーズに搭載すると価格が大幅に向上すると考えられるため実現するかは微妙なところと思われます。

新たなヘルスケア機能の追加

血中酸素濃度

現行モデルのApple Watch SEでは、血中酸素ウェルネスアプリ、心電図(ECG)などの機能が利用できません。

Bloombergのマーク・ガーマン氏によると、Apple Watch SE(第2世代)では現行モデルで利用できないヘルスケア機能が拡大されると報じています。

ポイント

新たにヘルスケア機能が追加されます。

まったく新しいヘルスケア機能に対応するのではなく、Apple Watch Series 7でも搭載されているいずれかのヘルスケア機能が追加されると予想されています。

Apple Watch SE(第2世代)は、第3世代の光学式心拍センサーが搭載されると予想されていて、血中酸素ウェルネスアプリに対応する可能性があると報じられています。

ケースデザインは変化なし

Apple Watch正面

iDrop Newsによると、Apple Watch Series 8はデザインがフラットになると報じていて、Apple Watch SE(第2世代)も同様に新デザインが採用されるとしています。

しかしながら、上位機種との差別化が図られるためSEシリーズが同時期にデザインを刷新する可能性は低いと考えられます。

ポイント

デザインは現行モデルと同じでスクエア型のディスプレイとなる可能性があります。

画面の大型化などの詳細な情報については、まだ明らかになっていません。

また、Apple WatchのSEシリーズは次期モデルもステンレスやチタンなどの素材は選べず、アルミのみが選択可能になると予想されています。

価格は32,800円から

Apple Watch SE(第2世代)の価格については現行モデルとほぼ同じ価格帯になると報じられています。

最も安く購入できる最新モデルのApple WatchであるSEシリーズは、非常に人気のあるモデルです。

ポイント

価格は32,800円からと現行モデルと同じ価格帯で登場する可能性があります。

Apple Watch SE2はいつ発売か

Apple Watch SE第2世代情報

Apple WatchのSEシリーズは数年おきのアップデートとなります。

Bloombergのマーク・ガーマン氏によると、現行モデルが発売して2年が経過する2022年に登場すると報じています。

Apple Watch SE(第2世代)は、Apple Watch Series 8と同様の発売日になると予想されています。

ポイント

秋のAppleイベントで発表され、9月中旬頃発売になる可能性が高いとされます。

生産ラインの遅れなどが発生しなければ例年通り9月中旬発売になると予想されています。

予想発売日

予約開始日:2022年9月16日(金)

発売日:2022年9月23日(金)

まとめ

2022年新型のApple Watch SE(第2世代)に関する情報が続々と登場してきたのでまとめました。

SEシリーズは機能と価格が抑えられたエントリーモデルですが、Apple Watch SE(第2世代)は性能が向上し新たな機能が追加され大きく進化すると報じられています。

進化ポイント

  • 処理性能が向上
  • 文字盤の常時表示機能に対応
  • 新たなヘルスケア機能の追加
  • デザインは変化なし
  • 価格帯は現行モデルと同等
  • 発売は2022年9月中旬

今すぐ欲しい方は現行モデルのApple Watch SEをおすすめします。

上位機種のApple Watch と比べると目玉機能は省かれますが、Apple Watch SEはスマートウォッチとして十分な機能が備わっているコスパに優れたモデルです。

また新たなスペックや新機能が分かり次第、情報を更新します。

これらは初期の情報で、最終スペック、デザインは変わる可能性があります。

Source:iDrop News , Bloomberg

 

おすすめ記事

AirPods Pro2デザイン 1

AirPods Pro(第2世代)に関する最新情報が続々と登場してきたのでデザイン、新機能などスペックや発売日をまとめました。海外メディアの噂や予想を徹底解説します。次世代のAirPods Proは大幅なモデルチェンジが期待されています。今、AirPods Proを買うか悩んでいる方は参考にしてください。

iPhone14_2022_new 2

iPhone14に関する情報が続々と登場してきたのでまとめました。2022年向けの新型チップ A16 Bionicが開発中との噂です。4K 120Hz(LTPO OLED)ディスプレイが搭載し、デザインが大幅アップグレードされフルモデルチェンジが期待されます。またカメラスペックなど最新情報を徹底解説していきます。

PS5とテレビ 3

PS5のスペックに最適なテレビの選び方とおすすめの最新4Kテレビをまとめました。HDMI2.1、4K120Hz、VRR、ALLM、eARC対応モデルを紹介。PS5をお持ちの方やこれから購入を検討している方、テレビの買い替えを検討している方は必見です。最適なテレビで次世代の最高品質なグラフィックを体感できます。

ガジェット晒し_画像 4

普段の生活に取り入れて毎日のように使っている、買ってよかった便利なガジェットや家電を紹介していきます。いまの生活をより快適にできるような、おすすめのアイテムをまとめています。価値が還元されて元が取れるガジェットは生活満足度が格段に上がります。最新ガジェットや家電で生活に快適さやクリエイティブを。

-Apple Watch
-,

Copyright© motifyublog , 2022 All Rights Reserved.