新型iPhone14の選び方

iPhone

購入前に知っておきたい新型iPhone14の選び方【容量・サイズ】

iPhoneはディスプレイサイズやストレージ容量の他にスペックの違いがあります。

iPhone14シリーズをいち早く予約、購入するにはiPhone14シリーズの特徴などを購入前に知っておくことが大切です。

多くの海外メディアによるとiPhone14ではデザインが大幅に刷新されて、iPhone13では搭載されなかった革命的な機能が搭載されると予想されています。

この記事では、新型iPhone14シリーズを購入する前に知っておきたい最適なiPhone14の選び方を解説していきます。

新型iPhone14の購入を検討されている方は参考にしてください。

発売日に関しては、例年通り2022年9月中旬発売になると予想されています。

当初は2022年9月23日(金)に発売になると報じられていましたが、マーク・ガーマン氏が9月のAppleイベントの様子の録画を開始したと報じており、以下の日程になるとしています。

予想発売日

予約開始日:2022年9月9日(金)

発売日:2022年9月16日(金)

新型iPhone14の選び方

新型iPhone14シリーズ

アナリストのミンチー・クオ氏によると、iPhone14、iPhone14 Plus、iPhone14 Pro、iPhone14 Pro Maxの4モデルが登場するとしています。

また、iPhone14シリーズでmini(5.4インチモデル)はラインナップされず、6.7インチディスプレイを搭載する廉価モデルのiPhone14 Plusが新たに登場すると報じています。

ディスプレイ業界に詳しい調査会社「DSCC」のロス・ヤング氏は、iPhone14シリーズでProMotionディスプレイが搭載されるのはProモデルのみと予想しています。

さらに、アップルの内部情報に詳しいBloombergのマーク・ガーマン氏は、Proモデルに48MPの広角カメラが搭載されると述べています。

本体デザインはProモデルのみパンチホール(横長カプセル状)に刷新され、Apple Watchに搭載されている「常時点灯ディスプレイ」機能が搭載されると予想されています。

iphone14デザイン最新

Bloombergのマーク・ガーマン氏によると、フロントカメラおよびFace ID用のセンサーが搭載したノッチ部分は2つのホールで構成されるとしていますが、ディスプレイ点灯時は1つのカプセル型に見えるとしています。

ポイント

iPhone使用時は1つのカプセル型に表示されます。

動画視聴時などに文字など映像が途切れることを防止するためとしています。

iPhone14シリーズをスペック、用途別にリーク情報を元にまとめました。

  iPhone14 iPhone14 Plus iPhone14 Pro iPhone14 Pro Max
画面(インチ) 6.1 6.7 6.1 6.7
SoC A15 A15 A16 A16
RAM 6GB 6GB 6GB 6GB
メインカメラ 12MP 12MP 48MP 48MP
リフレッシュレート 60Hz 60Hz 1-120Hz 1-120Hz
高速充電 20W 20W 35W 35W
画面性能
カメラ性能
動画性能
ビデオ性能
ゲーム
片手操作
バッテリー持ち
重量

現時点では上記のようなラインナップ構成になると予想されています。

正式なラインナップが分かり次第、情報を更新します。

ディスプレイサイズ(本体サイズ)

iPhoneSE4_Game

iPhone14とiPhone14 Proは同じ6.1インチのディスプレイになりますが、Proモデルはカメラ性能や処理性能などが向上したプロモデルです。

iPhone14 MaxとiPhone14 Pro Maxは同じ6.7インチで大画面の動画視聴やゲームが快適なモデルです。Pro MaxはMaxよりも性能が高いプロモデルです。

ポイント

片手操作、コスパ重視⇒iPhone14

片手操作とスペック重視⇒iPhone14 Pro

大画面とコスパ重視⇒iPhone14 Plus

大画面とスペック重視⇒iPhone14 Pro Max

新たなモデル及び正式なラインナップが分かり次第、情報を更新します。

ストレージ容量

iPhone14ストレージ容量選び

iPhone14シリーズのストレージ容量は128GB/256GB/512GB/1TBが用意されると予想されています。

iPhoneはAndroidのようにSDカードで容量を増やすことができませんが、iCloudの他にGoogleドライブや容量無制限のフォトストレージのAmazon Photosなどのクラウドストレージを利用することで容量不足を解消できます。

iPhone13シリーズからカメラ性能が向上したため動画や写真のファイルサイズが大きくなっていく傾向にあります。そのため、大きめのストレージ容量を選ぶのがおすすめです。

ポイント

128GBがおすすめの方:写真や動画を撮る、クラウドを使う方

256GBがおすすめの方:より多くの写真や動画を撮る、様々なゲーム、アプリをダウンロードしたい方

512GBがおすすめの方:写真や動画、音楽を本体に保存したい、クラウドを使わない方

1TBがおすすめの方:4K動画などの高画質な撮影をする、すべて本体に保存したい方

iPhoneは本体自体が高いので、ストレージで価格を安くしようという思考になりがちですが、しっかりと使用用途を考えて選択することが最重要です。

カメラ性能

iPhone13 Proカメラ性能比較

iPhone14シリーズとiPhone14 Proシリーズの最も大きな違いはカメラとなります。

iPhone14は広角と超広角のデュアルレンズ搭載ですが、Proモデルは望遠レンズを搭載したトリプルレンズとなります。

ポイント

カメラ性能を求めるなら、iPhone14 ProまたはiPhone14 Pro Maxがおすすめです。

iPhone14のProは4800万画素カメラ

アナリストのミンチー・クオ氏によると、iPhone14のProモデルでは4,800万画素カメラを搭載し、イメージセンサーが拡大されると報じています。

現行のiPhone13シリーズではデジタル5倍ズームのみが可能となりますが、iPhone13 Proシリーズでは光学3倍ズーム、デジタル15倍ズームが可能です。

さらにはProモデルとはセンサーサイズが異なるため、レンズが取り込める明るさも変わってきます。

今年のiPhoneもiPhone14シリーズとiPhone14 Proシリーズではカメラ性能の大幅な差別化があるとされます。

バッテリー持ち

バッテリー性能向上

 

バッテリーの持ちは大型のiPhoneが優れています。大きいモデルは大容量のバッテリーが搭載されています。

バッテリー持ちの優れている順番はiPhone14 Pro Max<iPhone14 Plus<iPhone14 Pro<iPhone14になると予想されます。

ポイント

バッテリー持ちを求めるなら、Pro Maxなどの大画面モデルがおすすめです。

アップルの内部情報に詳しいBloombergのマーク・ガーマン氏によると、iPhone13シリーズよりもバッテリー容量が拡大する可能性があるとしています。

参考

モデル:容量/ビデオ再生時間

iPhone13 mini:2406mAh/最大17時間

iPhone13:3095mAh/最大19時間

iPhone13 Pro:3095mAh/最大22時間

iPhone13 Pro Max:4352mAh/最大28時間

詳しいスペックが分かり次第、情報を更新します。

価格

新型iPhone14の価格

 

iPhone14が最安値となり、iPhone14 Pro Maxは最もスペックが高いモデルのため高額となります。

また、昨今の大幅な円安の影響を受け、iPhoneなどApple製品の価格が一斉に値上げとなりました。

現時点でのiPhone14シリーズの予想価格は以下のとおりです。

予想価格

  • iPhone14:約10万円~
  • iPhone14 Plus:約11万円~
  • iPhone14 Pro:約14万円~
  • iPhone14 Pro Max:約16万円~

予想価格は変動するため、目安として認識しておくことをおすすめします。

価格についての詳細が分かり次第、情報を更新します。

まとめ

iPhone14シリーズ

iPhone14シリーズは4つのモデルとなり、iPhone14シリーズとiPhone14 Proシリーズが登場すると予想されています。

iPhoneを片手操作、コスパを重視する方はiPhone14またはiPhone14 Proがおすすめです。

片手操作も重視しつつカメラ性能も求めたい方はiPhone14 Proがおすすめとなります。大画面モデルが欲しい方はiPhone14 PlusまたはiPhone14 Pro Maxがベストです。

ポイント

iPhone14を選ぶ際の大きな要素はディスプレイ(サイズ)、カメラ性能、ストレージ容量、バッテリー性能、価格となります。

ポイントを的確に選択していき、ニーズに合った新型iPhoneを選び最適な1台を手にしましょう。

新たなスペックや新機能が分かり次第、情報を更新します。

iPhone14のスペックはリーク情報となり、最終スペック、デザインは変わる可能性があります。

Source:MacRumors , Notebookcheck , Apple Hub , AppleDsign

 

おすすめ記事

iPhone 14 Pro レビュー 1

新型iPhone14 Proを実際に使って感じた気になる進化ポイントと弱点をレビューします。ダイナミックアイランド(Dynamic Island)の操作感や実用性、常時表示ディスプレイのバッテリー持ちも解説。カメラ性能強化、衝突事故検出機能など便利な新機能も多数搭載されました。

AirPods Pro2 レビュー 2

新型AirPods Pro(第2世代)を実際に使って感じた気になる進化をレビューします。AirPods Pro2は買うべきか解説。最新のH2チップを搭載し強力なノイズキャンセリング性能、進化した外部音取り込みモード、便利な新機能の搭載など驚異的なアップデートを遂げました。

Apple Watch Series 8使用レビュー 3

Apple Watch Series 8に追加された新機能や実際の使用感をまとめました。皮膚温センサーの搭載、衝突事故検知機能、バッテリー持ちの改善など新型モデルに搭載された機能を有効活用し便利な使い方を徹底解説していきます。Series 6からの買い替えにはおすすめ。

ガジェット晒し_画像 4

普段の生活に取り入れて毎日のように使っている、買ってよかった便利なガジェットや家電を紹介していきます。いまの生活をより快適にできるような、おすすめのアイテムをまとめています。価値が還元されて元が取れるガジェットは生活満足度が格段に上がります。最新ガジェットや家電で生活に快適さやクリエイティブを。

PS5とテレビ 5

PS5のスペック性能に最適なテレビの選び方とおすすめの最新型4Kテレビを紹介していきます。テレビ次第でより高画質で滑らかな、次世代の最高品質なグラフィックを体感することができます。PS5をお持ちの方やこれから購入を検討している方、テレビの買い替えを検討している方は必見です。

-iPhone
-,

Copyright© motifyublog , 2022 All Rights Reserved.